Commvault が、パワフルなスケールアウト データ保護インフラストラクチャCommvault HyperScale™ Software と HyperScale™ Appliance を発表

~オンプレミス環境をモダナイズ化~

2017年10月24日 - エンタープライズ バックアップ、リカバリ、アーカイブ、クラウドのグローバル リーダーである Commvault Systems (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT)は、Commvault HyperScale™ Appliance および Commvault HyperScale™ Software を発表しました。パワフルでクラウドに対応した2つの新しいデータ インフラストラクチャ ソリューションは、セカンダリー データを管理するための、オンプレミスのシンプルさ、弾力性、回復力、柔軟性、拡張性を提供します。さまざまな顧客のニーズと環境に柔軟に適合する新ソリューションは、オールインワン型アプライアンスまたはリファレンス アーキテクチャのモデルとして利用することができ、企業は将来的な拡張に向けて、特定の要求を満たせるハードウェア プロバイダーを自由に選択できるようになります。

Commvault の HyperScale Software ソリューションは、Commvault Data Platform にスケールアウト インフラストラクチャをもたらし、ストレージ アレイ、ハイパーバイザー、アプリケーション、幅広いクラウド プロバイダー ソリューションとシームレスに統合して、非常に多様でダイナミックな環境をサポートします。Commvault HyperScale Software のテクノロジーは、Commvault HyperScale Appliance または Commvault HyperScale Software により提供されます。

真のハイブリッド IT 環境をサポートする Commvault HyperScale Software は、パブリック クラウド、プライベート クラウド、オンプレミスを含むどのようなタイプのインフラストラクチャでもワークロードを保護して安全に移行させ、市場において他社との差別化を図っています。Commvault HyperScale 技術は、Red Hat からのビルトインされた運用環境、仮想化、ストレージ技術を活用し、堅牢なエンタープライズ レベルの基盤を提供します。

Commvault の会長、プレジデント兼 CEO である N. Robert Hammer は次のように述べています。「データ保護において申し分のないイノベーションの実績に基づき、差別化を図った弊社ならではのインフラストラクチャ ソリューションを市場に導入し、効率性が低く変更に時間がかかる時代遅れのスケールアップ アーキテクチャとポイント製品に取って代わると、期待しています。Commvault HyperScale Appliance および Commvault HyperScale Software は、柔軟なモデルを提供すると同時に、お客様が費用のかかるレガシー ハードウェアと置き換えて、ベンダー ロックインを回避し、これまで利用できなかった最先端の俊敏性、柔軟性、クラウド エコノミクスを得られるようにするインフラストラクチャのオプションです」

スケールアウト: データ アーキテクチャのモダナイズ化

Commvault HyperScale Appliance および Commvault HyperScale Software は、企業が重要なビジネスと IT 変革の取り組みを推進する手段として、セカンダリー ストレージの利用に移行している現状に対処するものです。顧客データの約 70% がセカンダリー コピーとして利用されているため、クラウドのようなサービスをオンプレミスにもたらす、統合された最新のデータ保護/管理プラットフォームを提供することによって、これらの HyperScale ソリューションがセカンダリー ストレージ市場の高まる需要を満たせると Commvault は考えています。

セカンダリー ストレージの需要とセカンダリー コピーのデータから新たな価値を見いだす必要性は、増加し続けるデータ ワークロードをどのように保管/管理するか、また従来の「スケールアップ」専用のアプライアンスでの課題を解決する代替案を顧客に提供します。Commvault は、そうした需要を満たすために統合された現代的なスケールアウトのアプローチで真のエンタープライズ レベルのカバレッジを提供すると同時に、戦略的に完全に統合された市場をリードするデータ管理ソフトウェアを追加し、他社との差別化を図っています。

ESG のデータ保護のプリンシパル アナリストである Jason Buffington 氏は次のように述べています。「企業データを保護する時代遅れのアーキテクチャでは、現代のあらゆる規模の企業が求めている俊敏性と効率性などには不十分です。Commvault は、絶え間なく進化しニーズが高まっているデータ保護の環境に対応し、市場の需要に先駆けて常に革新を遂げてきた長年の歴史を誇っています。このように、Commvault がレガシー アプライアンスの現状と時代遅れのアプローチを打破し、HyperScale を提供してニッチな代替ソリューションを阻止することは驚くに値しません」

Commvault HyperScale Appliance – セカンダリー ストレージが、取得/導入しやすいオールインワンのアプライアンス ソリューションで提供される現代的なクラウド対応のスケールアウト アプローチに進化

Commvault は、取得から導入までオールインワン型ソリューションを望む顧客向けに、Commvault HyperScale Appliance を発売しました。これは、データセンター全体にわたって、またクラウド内で、単一プラットフォームにコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、仮想化、バックアップとリカバリ、全ライフサイクルを通じたデータ管理、アナリティクスを緊密に統合する、差別化を図ったデータ インフラストラクチャ ソリューションです。Commvault の業界をリードする技術で構築されているため、複雑さとコストを大幅に軽減すると同時に、スケーラビリティと IT の俊敏性を向上させることができます。Commvault が事前に設計、構築、販売、サポートを行うこのソリューションによって、ハードウェアの取得、設置、統合、日々の管理、パッチの適用、アップデートの時間を短縮することができます。

Commvault HyperScale Appliance は、単一のパワフルなスケールアウト ソリューションによって、複数のリモートオフィスやブランチ オフィス、データセンターにわたってデータの保護と管理を提供する、理想的なソリューションです。その結果、Commvault は、PB クラスでも要件を満たす数多くのコンフィグレーションでスケールアウトする能力を備えた 32 TB から最大 80 TB (有効なストレージ) までのデータ容量を備えるアプライアンスを実現しました。顧客は、ソリューション全体について電話 1 本で済むサポートが受けられ、データ管理およびストレージのためのシンプルで利用しやすいソリューションを得られます。

Commvault 独自のサブスクリプション プライシング手法を使用することで、アプライアンス導入の全期間にわたってコストのかからないサポートとハードウェアのリフレッシュを受けることができます。新製品 Commvault HyperScale Appliance は、スケールアウト データ保護に対する最も現代的なアプローチに、最も広範なエンタープライズ アプリケーション、ファイル システム、ハイパーバイザー、仮想環境カバレッジ、真のエンタープライズ レベルの導入に必要なパワフルなオーケストレーションとオートメーションを組み合わせて、新規市場参入者の限定されたソリューションをしのぎます。

Commvault HyperScale Software および Validated Reference Architectures – 業界をリードするテクノロジー企業からハードウェアを選択する自由を提供するパワフルなスケールアウト データ保護

Commvault HyperScale Software は、顧客のハードウェア プレファレンスに基づいた独自のスケールアウト インフラストラクチャです。これにより、企業は、Fujitsu、Cisco、Lenovo、HPE、Super Micro Computer、Huawei、Dell-EMC といった最初のプログラム参加者を含む、業界をリードするテクノロジー企業から、ハードウェアのコンフィグレーション サイズとモデルを選択できるようになります。Commvault HyperScale Software を利用することによって、ベスト プラクティスのコンフィグレーションによって補完される検証済みの設計を提供するテストされたコンフィグレーションを得られます。この簡略化されたアプローチによって、企業はハードウェアのコンフィグレーションおよび容量を自社のセカンダリー ストレージのニーズに適合させると同時に、ROI を加速化し、複雑さを軽減し、顧客価値を高めることができます。

Commvault の HyperScale Software ソリューションは、以下のような独自のメリットを提供します。

  • オンプレミスでのデータおよびアプリケーションに対する俊敏性、回復力、可用性
  • 設定、管理、アップグレードしやすさ
  • ビジネスのニーズに合わせて拡張できるモジュラー スケール、中断のない容量の拡張およびパフォーマンスの強化
  • ビルトインされた回復力 (単一障害点のないレイジャー コーディング)
  • Commvault Data Platform の高可用性とディザスタ リカバリ機能を含む、パワフルなオートメーション、オーケストレーション、セルフサービス機能
  • Commvault からの効率化したサポート、パッチの集中管理、アクティブ モニタリング
  • 調達コストと運用コストを削減したレガシー スケールアップ ソリューションに対する TCO の改善
  • 数十秒で PB クラスへのスケールアウト能力
  • 新しいパワフルなスケールアウトの機会、データの管理/保護、活用、移行によって、システム統合とポイント製品ソリューションのサイロ化解消を実現

Red Hat のストレージ部門バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーである Ranga Rangachari 氏は次のように述べています。「データ保護は、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ スタックの重要な機能となり得ます。私たちのパワフルで柔軟性の高いオープン テクノロジーによって、Commvault が Commvault HyperScale を企業に提供する上で貢献できることを大変うれしく思います。Commvault は、お客様が運用上の効率性、回復性、スケーラビリティの向上を図れるようにデータセンターを変革する上で役立つ、エンタープライズ対応のクラウドスケール ソリューションを開発しました」

パートナーが販売しやすい、チャネルごとに調整された Commvault HyperScale

Commvault HyperScale Software および Commvault HyperScale Appliance は、同社のグローバル パートナー エコシステムから直接購入できます。Commvault HyperScale Software は、単一のスケールアウト インフラストラクチャ ソリューションとして、パートナーが見積もり、販売、サポート、導入を行いやすいように構成されています。

Sirius のインフラストラクチャ ソリューション担当バイス プレジデントである Darren Gourley 氏は、次のように述べています。「私たちは、業界の要求を満たす上で IT の柔軟性が高まるよう推進する重要性を認識しています。セカンダリー ストレージを管理し、それらを社内のデータセンターやサービスに転換して、クラウドのような拡張性、柔軟性、シンプルさ、経済性の実現を可能にする、他にはない代替品として、Commvault の HyperScale ソリューションを私たちのお客様に提供できるのを楽しみにしています」

Commvault について
Commvault は、クラウド データ管理ソリューションのリーディング プロバイダーで、ワールドワイドの企業がデータを活用し、より多くの価値やビジネスに関する洞察を引き出し、現代のデータ環境を変革することに貢献しています。直接提供されるソリューションやサービス、ワールドワイドのパートナーやサービス プロバイダーのネットワークを介し、 Commvault のソリューションは、データ保護/リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有において業界をリードするポートフォリオの 1 つになっています。 Commvault は、信頼のおける独立ベンダーとして、テクノロジー ビジョン、革新性、実行力において、お客様やサードパーティー インフルエンサーから栄誉を得ています。ハードウェア ビジネスや他のビジネス課題に気を取られることなく、 Commvault はデータ管理ビジネスのみに注力することで、あらゆる規模、あらゆる業種の企業に採用されています。オンプレミスで採用するソリューションとして、モバイル プラットフォーム間で、クラウドからクラウドへ、“aaS (as-a-service)”としてなど、様々な環境で使用されています。 Commvault の本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、 NASDAQ (CVLT) に上場しています。ワールドワイドには 2,700 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。「企業のデータをどのように活用することができるのか」 — Commvault 社に関するさらに詳しい情報は https://www.commvault.com/ja-JP をご覧ください。
Commvault Systems Japan 株式会社の本社は〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8Fにあります。 

###

Safe Harbor Statement: Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2017 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "C hexagon” logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.