Commvault、新しい HPE GreenLake Backup ソリューションにエンタープライズ クラスのデータ保護と信頼性を提供

シンプルさ、俊敏性、経済性を提供するパブリック クラウドに
オンプレミスのバックアップ環境のセキュリティとパフォーマンスのメリットを融合した新ソリューション

[2018年1月22日米国発表資料抄訳]

2018年1月31日 - エンタープライズ バックアップ、リカバリ、アーカイブ、クラウドのグローバル リーダーである Commvault Systems (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) は、同社の Commvault データ プラットフォームHewlett Packard Enterprise (HPE) の新しい HPE GreenLake Backupソリューションに採用されたことを発表しました。利用状況に応じた支払いが可能で柔軟な HPE の IT 消費サービスを通じて管理されるCommvault ソフトウェアが提供開始されました。Commvault は、HPE のサーバー、ストレージ、ネットワーク テクノロジーに事前統合済みで、バックアップ環境のライフサイクル全体にわたってエンタープライズ クラスのデータ保護と信頼性を提供します。

Commvault はHPE GreenLake Backup を通じて、お客様のバックアップ体験をシンプルにします。今日におけるデータ保護およびコンプライアンスの課題、リソース要件の厳格化、増大する一方のデータ量に対応する必要なハードウェア、ソフトウェア、サービスを提供します。HPE GreenLake Backup はオンプレミスで展開されますが、クラウド ソリューションと同様の料金体系となっています。

Commvault の会長、プレジデント兼 CEO である N. Robert Hammer は次のように述べています。「このたび、Commvault と HPE という業界リーダー 2 社が提携し、自社データ センター内に導入、展開されるエンド ツー エンドのバックアップ サービスを通じて共通のお客様にメリットを提供します。この戦略的なテクノロジー パートナーシップの下で、当社は HPE と共に新しいサービス ソリューションを提供し、非常に重要なエンタープライズ市場におけるプレゼンスを強化できることをうれしく思います。そうしたサービス ソリューションによって、運用コストの削減のほか、セキュリティ、ビジネス継続性、コンプライアンスに関連するリスクの低減を図り、IT 担当者がより戦略的な取り組みに注力できるようになります。」

HPE Pointnext のシニア バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーである Ana Pinczuk 氏は次のように述べています。「Commvault と提携し、従量課金制の包括的なバックアップ ソリューションを提供できることを大変うれしく思います。このソリューションは、容量の計画に付きものの複雑性や、バックアップのプロビジョニングとデータ増加への対応という負担を排除し、確実なバックアップというお客様が重視する成果を提供します。HPE StoreOnce 上または HPE 3PAR ストレージ上でお客様のストレージのニーズを実行する HPE のメータリング技術と管理サービスにより、自社のデータセンターで情報の管理と保護を行いながら、必要に応じて即座に始動できるバックアップを前もってデプロイしておくことができます。」

Commvault について
Commvault は、クラウド データ管理ソリューションのリーディング プロバイダーで、ワールドワイドの企業がデータを活用し、より多くの価値やビジネスに関する洞察を引き出し、現代のデータ環境を変革することに貢献しています。直接提供されるソリューションやサービス、ワールドワイドのパートナーやサービス プロバイダーのネットワークを介し、 Commvault のソリューションは、データ保護/リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有において業界をリードするポートフォリオの 1 つになっています。 Commvault は、信頼のおける独立ベンダーとして、テクノロジー ビジョン、革新性、実行力において、お客様やサードパーティー インフルエンサーから栄誉を得ています。ハードウェア ビジネスや他のビジネス課題に気を取られることなく、 Commvault はデータ管理ビジネスのみに注力することで、あらゆる規模、あらゆる業種の企業に採用されています。オンプレミスで採用するソリューションとして、モバイル プラットフォーム間で、クラウドからクラウドへ、“aaS (as-a-service)”としてなど、様々な環境で使用されています。 Commvault の本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、 NASDAQ (CVLT) に上場しています。ワールドワイドには 2,700 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。「企業のデータをどのように活用することができるのか」 — Commvault 社に関するさらに詳しい情報は https://www.commvault.com/ja-JP をご覧ください。
Commvault Systems Japan 株式会社の本社は〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8Fにあります。 

###

Safe Harbor Statement: Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2018 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "C hexagon” logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.