オンプレからクラウドまで、“クラウド時代に備えた”
包括的データ保護ソリューションを!




デジタル トランスフォーメーション (DX) が急進する中、システムは急拡大し、データは増大し続けています。こうした状況の中、今後、国内のストレージ トレンドはどこに向かっていくのか、また保護対象となるデータやシステム、ロケージョンはどのように多様化していくのか。そして、クラウドはどう使われ、何が課題となっているのか。

本資料では、IDC Japan社が市場動向やユーザー調査を基に分析し、データ保護の推奨プロセスを提言します。


「クラウド時代に備える IDC からの提言」

ダウンロードはこちら

※本資料は、2017年8月に開催したCommvault Customer ConnectイベントのIDC Japan様ご講演資料です。

 
  • デジタルトランスフォーメーションの急進
  • システム急拡大時期の課題
  • データ増の背景
  • 保護対象の多様化
  • 進むクラウド利用とその課題
  • ビジネス環境の変化に伴う要求
  • データ保護の推奨プロセス
  • IDCの提言

 

クラウドベースのアプリケーションやデータは、もはや当然のものとなりつつあります。しかし、クラウド データの効果的な保護と管理ソリューションはそれほど当たり前のものになっていません。実際に、多くの企業で IT 戦略が再考され、クラウドによってデータ保護戦略にどのような影響があるか、どのような推進効果があるかが見直されています。

Commvaultは、データやアプリケーションがオンプレにあってもクラウドにあっても、サーバーにあってもクライアントPCにあっても、データの場所にかかわらず同じようにデータの保護、管理、アクセスを行なうことができるクラウドまで含めた包括的データ保護ソリューションを提供しています。

お問い合わせ

 
 

Commvault Systems Japan株式会社
〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
| Phone 03-65747-9610(代) | http://www.commvault.co.jp |

(C)2017 CommVault Systems Japan K.K. All rights reserved.