現代的なデータ保護手法が必要な7つの理由

従来のバックアップ/リカバリ ストラテジーでは、もはや効率化を実現することはできません。もし企業が下記のような問題を1つでも抱えているのなら、必要なのは現代的なバックアップ/情報管理手法です。

  1. バックアップ ウィンドウが足りない

    多くの企業がそうであるように、フル バックアップ、そして増分バックアップですら、利用可能なバックアップ ウィンドウ内にバックアップが終わらないことがあります。そして、データ量が増え続けると、事態はさらに悪くなります。データ保護の最初にすべき事は、バックアップを時間内にきっちりとバックアップを終わらせることです。利用可能なバックアップ ウィンドウを超え続ければ、あなたのデータは大きなリスクにさらされます。
  2. パフォーマンスが低下している

    主要アプリケーションのバックアップ転送が、利用可能なリソースよりも多くのネットワーク帯域幅やプロセッサ処理能力、さらには時間も必要とするなら、従来のシステムはあなたの足手まといになっています。そして、データ量が増えれば増えるほど、パフォーマンスに与える影響は大きくなります。さらに、基幹アプリケーションのパフォーマンス低下は、ビジネスにコストのかかる生産性の問題をもたらします。
  3. クラウドに手が届かない

    従来のデータ保護手法のせいで、サーバー仮想化の実装やクラウド化を妨げている、もしくは開始することすらできずにいるなら、より現代的なアプローチを検討すべきです。拡張性が制限されると、ビジネスの成長と敏捷性に悪影響を与え、企業目標の実現を遅らせることもあります。
  4. データがあふれて落ちている

    社員がますます多くのコンテンツをエッジ デバイスで作成し、そのデータが会社のコントロール下で保護されていない場合、その会社の情報はリスクにさらされています。エッジ データは組織的に保護するだけでは十分ではありません。社員がセルフサービスで、どこにいても、いつでも、セキュアにアクセスできることが必要です。
  5. 複雑さにがんじがらめ

    多種多様なポイント製品を導入し組み合わせて運用しているせいで、バックアップ運用の管理が過度に複雑になっている場合、あなたのデータ保護ストラテジーには必要以上に多くの時間と費用が掛かっています。統合データ保護へのシングル プラットフォーム アプローチは、あなたのインフラをシンプルにし、企業のパフォーマンスを改善します。
  6. きちんとリカバリできるのか不安

    データ リカバリ プロセスに時間が掛かり、アイテム単位のリカバリができないなら、新しい手法を考えるべき時です。リカバリの手順に確信がもてない場合は、さらに急を要します。データ損失のリスクは、ビジネスに費用が掛かるどころか破滅的です。データを必要な時に迅速に効率的にリカバリできなければ、バックアップ プロセスがいかにうまく動作しても意味がありません。
  7. あなた泣かせになっている階層化ストレージ

    効率的な階層化ストレージ インフラに投資をしていても、そのすべての能力を利用できていないなら、データ保護アプローチを再考する時です。高速なアイテム単位レベルのリストアのため、オリジナル データの階層近くにシームレスに自動的に基幹データを保存し、古いバックアップ データはクラウドを含む低価格なストレージ階層へ移動できるソリューションを探してください。


データと情報の総合管理アプローチ
: 現代的なデータ保護ソリューションということになると、CommVault Simpanaソフトウェアがその良い選択基準になります。単一プラットフォームで企業の情報をすべて保護、管理、アクセスできるSimpana 10ソフトウェアは、従来のバックアップ手法のパフォーマンスと複雑さの問題をなくし、最終的にはデータを価値あるビジネス情報に変えてくれます。Simpanaの詳細はこちらから http://www.commvault.jp/simpana-software