Commvault v11 Service Pack 3 新機能概要

2016年3月15日にリリースしたCommvault v11 Service Pack 3 (SP3) の新機能概要を、下記にてご紹介させていただきます。対応要件等の各機能の詳細は、こちらからご確認ください。

サーバーとMediaAgent:

  • CommServeサーバーを使用せずメディアをエクスポートする際のアラート - CommServeサーバーを使用せずメディアをライブラリから取り出した場合、Email通知で警告を送るよう設定できるようになりました。
  • CSVフォーマットでのエクスポート/インポート メディア リストの生成 - Vault Tracker機能を使ってエクスポート/インポートしたメディアのリストを、CSVフォーマットで取得できるようになりました。

バックアップ エージェント:

  • Oracle用インスタント アプリケーション リカバリ - 本番データベースのクローンをスナップ バックアップまたはプライマリ コピーから作成し、人手を介さない自動ディザスタ リカバリ テストや、テスティング、レポーティング目的に使用することが可能です。
    インスタント アプリケーション リカバリ機能は IntelliSnap テクノロジーを使用し、該当ボリュームのブロックレベルのスナップショットを取得します。また、データベースの合成フル バックアップを実行した後、バックアップやコピーをオフサイトへ送るといった選択も可能です。バックアップやコピーからクローンを生成することも可能です。
    作成したクローンはすぐに利用できるので、Commvaultソフトウェアは、必要に合わせそのデータをOracleに提供することができます。
  • IntelliSnapでのDB2拡張コピー サービス インターフェースのサポート - DB2拡張コピー サービス インターフェースを使用し、アプリケーションと整合性の取れたIntelliSnapオペレーションを実行することができます。
    IntelliSnapバックアップの情報は、DB2カタログ内にも登録されます。
  • IntelliSnapでのSQL Serverエージェントを使用したクロス インスタンス リストアのサポート - IntelliSnapを使ってバックアップしたMicrosoft SQLデータベースを、異なるインスタンスへリストアすることができます。これは、ログの適用やポイントインタイム リストアが必要な場合に役立ちます。尚、IntelliSnapバックアップからデータベースのみをリストアしたい場合は、従来通りのディスクへのリストアを行うことをお奨めします。
  • SharePoint 2010/2013用疑似 (Pseudo) クライアントを使用したディザスタ リカバリ - ファームレベルのディザスタ リカバリ ソリューションを使用し、Webアプリケーション、コンテンツ データベース、Webフロントエンドのデータ (SharePointハイブ、IIS設定、SharePointレジストリ エントリーなど) をバックアップ/リカバリすることができます。
  • SQL Management Studio用Commvaultプラグイン - Commvaultプラグインを使って、SQL Management Studioから直接SQL Server データベースのバックアップ/リストア オペレーションを実行することができます。Commvaultプラグインを設定すると、バックアップ/リストア コマンド オプションがSQL Management Studioから利用可能になります。

アーカイブ エージェント:

  • Exchange Online (Microsoft Office 365) のサポート - Exchange Onlineはホスト型メール ソリューションで、Microsoft Office 365の一部です。CommvaultのExchangeメールボックス エージェントは、データ保護/リカバリの全オペレーションの一部として、Exchange Onlineサーバーからメッセージをアーカイブすることを可能にします。これにより、重複排除、検索、eディスカバリといったCommvaultソフトウェアの豊富な機能をEmail環境にも利用することができます。どこでメールがホスティングされていてもご利用いただけます。

仮想化:

  • 【Early Release機能】 VMware向けライブ シンク機能の強化 - Service Pack 3では、VMware向けライブ シンクに下記強化機能を提供します。
    • セカンダリ サイトへフェイルオーバーした仮想マシンのフェイルバック機能 – 元のプライマリ サイトへ、または新しいサイトへフェイルバックすることができます。この操作により、セカンダリ サイトで発生したすべての増分アップデートを、プライマリ サイトへ複製し戻すことができます。
    • vCenterだけでなくvCloudへも仮想マシンを複製することができます。vCloudへ複製する際は、組織、仮想データセンター (vDC)、vApp名、vAppオーナーを指定することができます。
    • フェイルオーバー/フェイルバック オペレーション用の新規レポート
    • ライブ シンク モニターに、フェイルオーバー/フェイルバック ステータス表示用の新しいステータス フィールドを追加
    • ヘルス レポートにライブ シンク情報の追加

スナップショット管理:

  • IntelliSnapでのAmazon EC2インスタンスでホスティングされているOracleデータベースのサポート - Commvaultソフトウェアは、Amazon EC2アカウントでホスティングされていて、Amazon Elastic Block Storage (EBS) ボリュームに保存されているOracleデータベースを保護することができます。
    CommCell コンソールから、OracleデータベースのIntelliSnapフル バックアップが実行可能です。
    Commvaultソフトウェアは、当該インスタンスに関連するEBSデータ ボリュームを自動で検出します。ボリュームが変わっても、追加でユーザー設定が必要になることはありません。
    同じEC2インスタンスへ、または、新しいEC2インスタンスへスナップショットをリストアすることができます。
  • IntelliSnap でのAmazon EBSボリューム用スナップショットのサポート - CommCellコンソールからIntelliSnapバックアップをスケジューリングし、Amazon EBSボリュームに保存されているデータを保護することができます。Amazonストレージ アレイを新しくサポートしたことで、EBSボリュームのスナップショットを取得し、Commvaultが提供するIntelliSnap機能を使ってデータ保持期間を管理することができます。
    SP3 でサポートする iDataAgent は Oracle および UNIX File System になります。
  • IntelliSnapでのSolidFireストレージ アレイのサポート – IntelliSnapテクノロジーは、アプリケーションやストレージ プラットフォームにかかわらず、スナップショット管理オペレーションを正規化/標準化し、カスタム スクリプトを作成することなく、さまざまな種類のストレージ アレイのスナップショットを自動化することができます。新たにSolidFireストレージ アレイに対応しました。
    SP3 でサポートする iDataAgent は DB2、DB2 DPF、DB2 pureScale、Exchange Database、Notes Database、Microsoft SQL Server、Sybase および Windows File System になります。
  • IntelliSnapでのSAP HANAのサポート - SAP HANA iDataAgentによるバックアップで、IntelliSnapバックアップがサポートされました。下記が可能になります。
    • 数分での大規模データベース (テラバイト/ペタバイト クラス) のバックアップ
    • 数秒間の静止点確保により、整合性の取れたバックアップが可能に
    • 複数のポイントインタイム スナップショットを使って、データベースをどの時点へでもリカバリ可能に
    • リバート (復元) 機能を使った高速リカバリ
    • スナップショットからのマルチストリーム リストア オペレーションの実行

ソリューション:

  • MEDITECHバックアップ/リストアのサポート - Commvault IntelliSnap機能をMEDITECH システムのバックアップと統合することで、整合性の取れたスナップショットを実行し、そのスナップショットを長期保存のため磁気テープへバックアップすることができるようになりました。
    本ソリューションのご利用のため、MEDITECHシステム側にデータ保護ソフトウェアは必要ありません。