Commvault Simpana v9.0 EOL

Commvault Simpana v9.0のすべてのインフラ コンポーネントのサポートを2017年4月1日をもって終了させていただきます。本インフラ コンポーネントには、CommServe、MediaAgent、Content Indexing、Web Serverコンポーネントが含まれます。EOLまでの詳細スケジュールは下記の通りです。

製品EOL/サポート終了日と詳細について:

  • 2016年4月1日 - Simpana v9 EOL通知日
    • 本日付から6ケ月間はフルサポートを提供させていただきます。
    • 廃止予定の (Deprecated) プラットフォームは、CommvaultのBooks Online (BOL) に掲載されています。廃止予定として掲載しているプラットフォームのみ、本通知の下でカスタマー サポートを継続させていただきます。
    • 保守契約中のSimpana v9のユーザー様は、Commvault v11へアップグレードいただけます。
  • 2016年10月1日 - Simpana v9延長支援サポート開始日
    • 本日付から6ケ月間の延長支援サポート期間に入ります。2017年4月1日までは、既知の問題に対してのみ、パッチによるサポートを提供させていただきます。
    • 保守契約中のSimpana v9のユーザー様は、Commvault v11へアップグレードいただけます。
    • Simpana v10への“無償”アップグレード キットも、保守契約中のユーザー様は引き続きご利用いただけます。
    • 保守契約のないユーザー様が最新バージョンへアップグレードする場合、必要なソフトウェア ライセンスとサポート費用をお支払いただく必要があります。
  • 2017年4月1日 – Simpana v9 EOL日
    • Simpana v9.0の製品EOL/サポート終了日です。
    • Commvaultはこの日を持ちまして、廃止予定の (Deprecated) プラットフォームのサポートを終了する権利を有します。

お客様へのご依頼事項:
Simpana v9.0のユーザー様は、直接Commvault v11へアップグレードすることを強くお勧めします。Simpana v10へのアップグレードはサポートされていません。