VSAバックアップにおいて想定外のデータ プルーニングが発生する可能性がある問題について

ある条件下のVSAバックアップ ジョブにおいて、予期せずデータ エージンングが始まり、バックアップ対象のVMとそのVMに関連するデータがプルーニング (物理的データの削除) されてしまうことがあります。本問題は、下記ご利用条件にすべて該当する場合、発生する可能性があります。

Simpanaのご利用条件:

  • Simpana v10 SP10またはSP11をご利用の場合。かつ、
  • VSA (Virtual Server Agent) を使って仮想マシンの保護をしている場合。かつ、
  • そのマシンに追加でエージェントをインストールしている場合
    (追加のエージェントとは、例えばトランザクション ログのバックアップ管理を行うためにMicrosoft SQLエージェントをインストールしている場合などです)

上記ご利用条件にすべて該当する場合は、以下の【手順1】へお進みください。

それ以外の方は、【手順1】へ進む必要はありません。そのままご利用ください。


【手順1 ご使用のCommCell環境の確認

上記の「Simpanaのご利用条件」にすべて該当する場合は、さらに下記の「仮想マシンの該当条件」で、ご使用のVSAバックアップ環境を確認してください。

仮想マシンの該当条件:

  1. 過去にCommvault Simpana v9でVSA構成を行った
  2. 仮想マシンがvCenterから削除されている
  3. その仮想マシンがCommvault Simpanaのクライアント構成から解除されてから30日間を超えている

ご使用のCommCellが、これら3つの条件にすべて当てはまる場合は、CommvaultのMaintenanceAdvantageポータル等からインシデントをあげてください。ご使用のVSA (Virtual Server Agent) バックアップ ジョブの見直しとお客様の環境の診断をさせていただきます。以下の【手順2】は実行しないでください。

それ以外の方は、以下の【手順2】へお進みください。


【手順2 Simpana v10 SP10またはSP11環境へのホットフィックスのインストール

Simpana v10 SP10またはSP11環境用のホットフィックスを適用していただくことで、この問題が発生するリスクをなくします。

CommCellを Commvault Simpana v10 Service Pack 10 で運用している場合、以下のホットフィックスを両方ダウンロードし、CommServeのみに直接インストールしてください。

CommCellを Commvault Simpana v10 Service Pack 11 で運用している場合、以下のホットフィックスを両方ダウンロードし、CommServeのみに直接インストールしてください。

ご注意:

  • CommServeをSimpana v9からv10へバージョンアップする場合は、ご使用のService Pack用にリリースされているホットフィックスをすべてCommServeにインストールしてください。
  • Simpana v10のCommServeを、Simpana v10 SP10またはSP11へアップデートする場合、該当のService Packレベル用にリリースされているホットフィックスをすべてCommServeにインストールしてください。
     
  • CommCellに組み込まれている自動アップデート機能を使用する場合は、Simpana GUIから33または60のアップデート ファイルがインストールされます。

これらアップデート/ホットフィックスをインストールすることで、本問題が起こる可能性をなくすことができます。

[2015年8月6日掲載]