Commvaultのライセンス

ライセンスの種類

Commvaultは、データと情報の保護/管理が単一プラットフォームで行えるよう設計されたソフトウェア製品で、ひとつの製品でデータのバックアップ&リカバリ、レプリケーション、アーカイブ、スナップショット管理、検索のすべての機能を提供します。オンプレ環境からクラウド環境まで、また物理/仮想サーバーからクライアントPCまで、データがどこにあっても様々なデータ保護に関する問題をひとつの製品でシンプルに解決します。
 
Commvaultには、大きく分けて下記3種類のライセンスがあります。

  1. プラットフォーム ライセンス:  1TB単位のバックエンド テラバイト (BET) 容量課金です。Commvaultでデータを圧縮/重複排除した後のデータ容量でカウントします。Commvaultが提供するあらゆる機能をご使用いただけます。詳細はこちら...
     
  2. ソリューション セット ライセンス:  必要な機能だけをシンプルに購入可能にしたのがCommvaultの「ソリューション セット」ライセンスです。現在、VMソリューション セット、エンドポイント ソリューション セット (クライアントPCデータ保護用)、メールボックス ソリューション セットを提供しています。ライセンスはそれぞれのソリューションでカウントのしやすい、VM数またはソケット数、ユーザー数、メールボックス数単位でご購入いただけます。詳細はこちら...
     
  3. 容量ライセンス: 1TB単位のフロントエンド テラバイト (FET) 容量課金です。Commvaultでデータを圧縮/重複排除する前のデータ容量でカウントします。Commvaultが提供するほとんどすべての機能をご使用いただけます。エンドポイントとメールボックスのデータ保護は、ソリューション セット ライセンスと組み合わせてご使用ください。詳細はこちら...
    ※ 本ライセンスは現在、既存ユーザー様のみに販売しています。

ライセンスのご利用形態

Commvaultは、下記3種類のソフトウェア利用形態をご用意しています。
  1. パーペチュアル - 永続的にご使用いただけるライセンスです。
  2. サブスクリプション - 1年、2年、または3年単位の期間契約ライセンスです。お支払い方法は、一括前払いもしくは年払いを選択いただけます。
    注: 年払いは、Commvaultが規定した金額を満たす案件でのみ選択いただくことができます。
  3. ユーティリティ - サービス プロバイダー様専用のライセンスです。使った分だけお支払いいただく従量課金制です。

 

Commvaultライセンスの詳細はこちらからお問い合わせください»