容量課金ライセンス構成例

 
 

構成例 1: ファイル システムのバックアップ

5TBのデータ容量を持つファイル サーバーがあり、その5TBのデータをバックアップを取得したい場合、必要なライセンスは下記の通りです。
  • DPFライセンス x 5TB
     

 
構成例 2: ファイル システムのスナップショット

5TBのデータ容量を持つファイル サーバーがあり、その5TBのデータをIntelliSnapを使ってスナップショットを取得したい場合、必要なライセンスは下記の通りです (DPSまたはDPSRのスナップショット専用ライセンスを使用する場合、テープ装置等を使ったストレージ アレイ外へのバックアップ データの保管は行えません)。
  • DPSライセンス x 5TB
     

 
構成例 3: ファイル システムのスナップショットとバックアップ

5TBのデータ容量を持つファイル サーバーがあり、その5TBのデータをIntelliSnapを使ってスナップショットを取得し、その内2TBだけデータのバックアップを取得したい場合、必要なライセンスは下記の通りです。
  • DPAライセンス x 5TB
    NOTE: 1TBのDPAには、1TBのIntelliSnapスナップショット + 1TBのIntelliSnapレプリケーション + 1TBのバックアップ + 1TBのアプリケーション バックアップ ライセンスが含まれているので、DPAを5TB購入することで、バックアップもスナップショットも5TBまで対応可能です。
     

 
構成例 4: VMのスナップショットとバックアップ

合計容量5TBの仮想マシン (VM) をIntelliSnapを使ってスナップショットを取得し、さらにその5TBのバックアップを取得したい場合、必要なライセンスは下記の通りです。
  • DPAライセンス x 5TB
    NOTE: 1TBのDPAには、1TBのIntelliSnapスナップショット + 1TBのIntelliSnapレプリケーション + 1TBのバックアップ + 1TBのアプリケーション バックアップ ライセンスが含まれているので、DPAを5TB購入することで、バックアップもスナップショットも5TBまで対応可能です。
     

構成例 5: Oracleとファイル システムのスナップショットとバックアップ

3TBのデータベースを持つOracleサーバーと2TBのデータ容量を持つファイル サーバーがあり、その合計5TBのデータをIntelliSnapを使ってスナップショットを取得し、さらにその合計5TBのデータのバックアップを取得したい場合、必要なライセンスは下記の通りです。
  • DPAライセンス x 5TB
    NOTE: 1TBのDPAには、1TBのIntelliSnapスナップショット + 1TBのIntelliSnapレプリケーション + 1TBのバックアップ + 1TBのアプリケーション バックアップ ライセンスが含まれているので、DPAを5TB購入することで、バックアップもスナップショットも5TBまで対応可能です。