Commvaultソリューション セット – エンドポイント データ保護

単なるノートブック/デスクトップのバックアップを超えその先へ

今日のモバイル ワーカーは、本来のITドメイン外のローカル デバイスにますます多くの情報を作成しています。CommvaultソフトウェアのCommVault Edgeと呼ばれるエンドポイント データ保護ソリューションなら、ビジネスに重要なデータを管理することができます。その高速で効率的なエンタープライズ向けのノートブック/デスクトップ データ保護ソリューションは、単なる始まりにすぎません。CommVault Edgeテクノロジーは、オペレーションをシンプルにし、コストやリスクを下げながらも、革新的なセルフサービス機能で企業全体の生産性を向上します。

CommVault Edgeの機能

  • ノートブック/デスクトップのバックアップとリカバリ
  • セキュアなアクセスのためのWEB/モバイル アプリケーション
  • ファイルの同期と共有
  • 最適化された重複排除とスケジューリング
  • eディスカバリとリーガル ホールド

 無視できない問題

  1. 情報にどこからでも、いつでもアクセスしたいという要求
  2. コンプライアンス非準拠状態の潜在的なコストとリスク
  3. セキュアでないクラウドや場所にある機密データ
 

企業向けノートPC/デスクトップ
データ保護ソフトウェア
Commvault Edge
評価版ダウンロード
 
30日無償評価版

積極的なデータ保護

コストとリスクを下げる高速なエンドポイント データ保護/リカバリ
エンタープライズ向けのCommVault Edgeテクノロジーは、ノートブック/デスクトップを高速、効率的、セキュア、かつ透過的に保護し、エンドポイント データを管理することができます。ソース側の重複排除や、状況の良いタイミングでのバックアップ実行スケジューリング、帯域幅制限といった機能も提供しています。
  • SSL接続でのセキュアな暗号化バックアップ ストリームを使って、VPN接続なしにバックアップ/リカバリ リソースへの安全なアクセスを提供します。
  • データ損失防止 (DLP: Data Loss Prevention) 機能、ファイル レベルのセキュリティ ソリューション、紛失したデバイスに対するリモートからのデータ消去機能を使うことにより、重要なデータへの不正アクセスを防止します。

データ アクセスへの扉を開く

情報の発見/アクセス/リストア方法を変革
  • WEBポータルやモバイル アプリケーションを通じて、どこからでも、いつでも、保護したデータへアクセスすることを可能にします。
  • セルフサービスでの検索、ダウンロード、リストア機能により、ユーザーが自分のコンテンツを最大限に活用することを可能にします。
  •  社員個人用のデータ クラウドへ、アクセス、編集、アップロードする機能を提供し、CommVault Edgeアプリを使用してモバイル デバイス上のコンテンツを保護することで、会社で承認されていないファイル共有サービスやクラウド サービスに起こりうるリスクを避けることができます。
  • 企業全体のすべての電子保存情報 (ESI: Electronically Stored Information) をいちどに収集し、検索できることで、法的なレスポンス時間を早くします。この時、リーガル ホールドにデータを置くことも可能です。

同期と共有

セキュアでアクセスしやすいファイル共有で生産性を向上
CommVault Edgeの同期機能は、ノートブック上のファイルを同期し、モバイル デバイスからアクセス可能にします。これにより社員は必要なデータを必要な時にどこからでも入手することができます。大きいファイルやフォルダーを、セルフサービスで共有することができる機能は、社員がリスクを伴うコンシューマー向けのクラウド サービスに頼ることなく、企業レベルでのコラボレーションを活性化します。

すべてを簡単に管理

容易な大規模オペレーションと共有サービスの管理
CommVault Edgeテクノロジーは、ひとつのコンソールから、数千人単位のユーザーのデータ保護のデプロイと管理が簡単に迅速に行うことを可能にし、ITやストレージ、ネットワーク リソースへのインパクトを抑えます。
  • シングル コンソールで制限なくデータ保護を拡張することができます。
  • ひとつのソリューションでMac、Windows、Linuxのデータ保護に対応することができ、BYODにも柔軟に対応可能です。
  • グローバル データ重複排除機能で、冗長データを最大90%排除します。
  • ノートブックのIPアドレスをベースに、WEBコンソールから、ノートブック クライアントを最後にバックアップした場所を追跡することができます。

他社にない6つの機能

  1. 統合
    CommVault Edgeは、エンドポイント データ バックアップ、セルフサービス リカバリ、ポリシーベースのデータ保持、どこからでもアクセス、eディスカバリ機能をすべて統合し、単一プラットフォームのCommvaultソフトウェアの一部として提供しています。
  2. 自動化
    新しいノートブック/デスクトップの自動発見機能やバックアップ エージェントの自動インストールにより、管理者の作業負担を減らします。
  3. リソースの最適化
    CPUや電源利用のしきい値設定や帯域幅制限でリソースを最大限活用し、社員が意識することなくバックアップを完了します。
  4. どこからでもアクセス
    モバイル アプリ、WEBポータル、WindowsネイティブのExplorerを介したデータのダウンロード、閲覧、アップロードが可能です。
  5. 柔軟性
    オンプレミス、ハイブリッド、クラウド環境で導入いただけます。
  6. 発見
    統合リーガル ホールド機能を持つ検索コンソールを使って、中央のストレージ プールからすべてのエンドポイントのデータを迅速に見つけることができます。