実現できるソリューション


バックアップと重複排除テクノロジー

最新のデータ保護機能で、物理/仮想/クラウド環境の様々なOS、データベース、アプリケーションのシームレスで効率的なバックアップ/リストアを実現します。

 
 
 


アーカイブによるバックアップ時間の短縮

アーカイブ機能を使って、古くなったデータをプライマリ ストレージからセカンダリ ストレージへ移動することで、プライマリ ストレージの空き容量を増やし、ストレージを有効に活用することができます。またデータをアーカイブすることで、バックアップ対象データも減らすことができるので、バックアップ時間の短縮を図ることができます。


大規模環境のデータ保護にスナップショット

CommvaultのIntelliSnapは、ハードウェア スナップショット管理機能で、ユーザーが自分でスクリプトを作成することなくハードウェア スナップショットと、アプリケーション/ハイパーバイザーを連携し、整合性のあるデータ保護を行うことを可能にします。CommvaultはIntelliSnapにより、スケジューリング、データ保持期間の設定、スナップショット インデックス、リカバリ ワークフロー機能を提供します。
富士通、日立製作所、Dell、EMC、HP、IBM、NetApp、Nimble Storage、Pure Storage、DataCore等、ほぼすべての主要ストレージ製品に対応しています。



仮想マシンの包括的データ保護

Commvaultを使った仮想マシン (VM) のデータ保護は、バックアップ/リストアから、アーカイブ、ディザスタ リカバリ (DR) まで、VMの全ライフサイクルを通じた管理機能を提供します。

 
 
 


クラウドベース ソリューション

物理/仮想環境のバックアップだけでなく、クラウドを利用したデータ保護ソリューションを構築したいというニーズが高まっています。Commvaultなら、これら混在環境にあるすべてのデータの保護が確実に行えます。

 
 


エンドポイント データ保護 - クライアントPCの自動バックアップとセルフサービス リカバリ

Commvaultなら、1台のバックアップ サーバーで、物理/仮想サーバーだけでなく、ノートPCやデスクトップなどクライアントOS (Windows/Linux/Mac) のデータ保護がまとめて行えます。Commvault Edgeと呼ばれるこのエンドポイント デバイス向けデータ保護機能は、下記ソリューションを提供します。