アーカイブによるバックアップ時間の短縮

アーカイブ機能を使って、古くなったデータをプライマリ ストレージからセカンダリ ストレージへ移動することで、プライマリ ストレージの空き容量を増やし、ストレージを有効に活用することができます。またデータをアーカイブすることで、バックアップ対象データも減らすことができるので、バックアップ時間の短縮を図ることができます。


OnePassで効率的なアーカイブ

バックアップ製品とアーカイブ製品をばらばらに購入すると、2回データを処理することが必要になり、余計なリソースと時間を消費します。
OnePassは、バックアップ、アーカイブ、レポーティング プロセスをひとつのオペレーションに統合したCommvaultのテクノロジーです。データはバックアップ オペレーションとして1回だけ収集されます。バックアップしたファイルがアーカイブ条件を満たすと、自動的に容量の小さいスタブ ファイルに置き換えられ、プライマリ ストレージから削除されます。スタブは、アーカイブされたデータへのポインターとなるので、スタブをクリックするだけで、ユーザーは簡単にアーカイブされたデータを再度呼び出すことができます。

またOnePassは、データを収集、保持し、データの種類に関するレポートを効率的に作成できるよう設計されているので、データ量の増加を常に把握しておきたいお客様にも最適です。