エンドポイント データ保護

クライアントPCの自動バックアップとセルフサービス リカバリ

Commvaultなら、1台のバックアップ サーバーで、物理/仮想サーバーだけでなく、ノートPCやデスクトップなどクライアントOS (Windows/Linux/Mac) のデータ保護がまとめて行えます。Commvault Edgeと呼ばれるこのエンドポイント デバイス向けデータ保護機能は、下記ソリューションを提供します。


自動バックアップ

Commvault Edgeは、ユーザーが意識することなく実行可能なノートPC/デスクトップに適したスケジューリング機能を備えており、データがどこでどのように作られても、すべてのデータを見つけ、自動的に、重複排除バックアップすることができます。


セルフサービス リストア

バックアップしたデータへ、WEBインターフェースやスマートフォンやタブレット等のモバイル アプリから、SSL接続でのセキュアな暗号化バックアップ ストリームを使ってVPN接続なしにアクセス可能です。ユーザーは自分のデータへいつでもどこからでもIT管理者を介することなくアクセスできるので、必要なデータを迅速にセルフサービスでリストアすることができます。


データ損失防止 (DLP: Data Loss Prevention) 機能

定期的にファイルをスキャンし暗号化したり、ノートPCの盗難/紛失の際はデータをリモートから削除したりすることが可能です。


Edge Driveを使ったファイル共有/同期機能

外出先から自分のデータへアクセスし、情報を検索して取り出したり、同僚や社外のチームとデータの共有/同期を行ったりすることを可能にします。