クラウドとインフラの管理

ストレージとクラウドの統合サポートで、管理をシンプルにします

データ量が増えるにつれ、より多くのアプリケーションがクラウドへ移行され、ストレージ ハードウェアと仮想インフラをより効率的に管理する方法が必要になります。シンプルさと自動化にフォーカスした私たちのクラウドとインフラ管理のためのアプローチは、コストの削減、時間の節約、リスクの削減に役立ちます。

仮想マシン & クラウド管理

Commvaultのクラウド包括管理アプローチは、複数のハイパーバイザーやクラウド プラットフォームが混在する環境でも、仮想インフラをシームレスに管理することを可能にします - プロビジョニングから、データ保護、リタイアまで仮想マシンの全ライフサイクルを通してオペレーションを自動化し、効率的に管理します。

スナップショット管理

すべての主要ハードウェア ベンダーのストレージに対し、ひとつのコンソールから、スナップショットをシンプルに統合管理することを可能にします - これにより、各ストレージ アレイごとに別のツールを導入したり、スクリプトを作成したりする必要はなくなります。また、Commvaultソフトウェアに搭載のレポート機能やアラート機能により、ハードウェア スナップショットのより細かい運用や容量計画が可能になります。

※1 ソース: UBM Tech. The State of Data Storage, Backup and Management: Dealing with the Complexities of Application-centric Data Management. May 2014.

 

     
 

ワークフロー オートメーション

データ管理において繰り返し発生する複雑なルーティン業務の自動化が容易に行えます。事前設定されているワークフロー カタログから選択することもできますし、また、直感的に操作可能なGUIを使って自分でワークフローを作成することもできます - プロセスをシンプルにし、時間と費用を節約し、人為的ミスによるリスクを軽減します。