データ保護 – バックアップ/リカバリ

お客様のデータを、お客様のお好みの方法で保護します

企業のデータは“画一的”ではありません。だから、企業のデータ保護ソリューション - バックアップ/リカバリは、あらゆるデータ ソース、ファイルの種類、ストレージ メディア、バックアップ手法に対応している必要があります。

この多様性に対応するため、私たちは統合自動データ保護手法を採用し、オンプレにデータを保存していても、クラウドにデータを保存していても、ひとつの完璧な管理コンソールから管理することを可能にします。

データの種類とリカバリ プロファイルに従って、データベース、ファイル、アプリケーション、エンドポイント、仮想マシンを最も効率良くバックアップすることができます。また、ハードウェア スナップショットとの統合。重複排除を使ったストレージの最適化。高速、簡単で、必要な時いつでも実行可能なデータ リカバリ。レポートを活用したバックアップ/リカバリ プロセスの継続的改善を可能にします。

 

エンタープライズ バックアップ/リカバリにおける業界のリーダー

信頼性、一貫性、革新する能力という点において、Commvaultは、Gartner社発行の「エンタプライズ バックアップ ソフトウェアと統合アプライアンスのマジック クアドラント」で5年連続業界のリーダーに位置付けられました。
 

 
仮想マシンとクラウド

クラウド オプションは、データ増加より早く成長しています。Commvaultを使えば、クラウドへ接続してバックアップすることは難しいことではありません。仮想マシンや構造化/非構造化データを、高速に大規模にバックアップ/リカバリすることができます。また、ベンダー ロックインを避けるため、クラウド間でデータを簡単に移動することも可能です。

Commvaultは、25以上のクラウド ストレージ プラットフォームをサポートしています。
 

 
データベース

幸運にもひとつのデータベース管理システム (DBMS) で十分標準化できる企業もあれば、 Microsoft SQL ServerからPostgreSQLまで幅広くデータベースに対応する必要がある企業もあります。どのシステム規模のお客様であれ、Commvaultならひとつのソリューションで、複数のデータベースのバックアップ/リカバリをシンプルに行うことができます - ローカル サーバからクラウド環境まで。

 

 

Emailとメッセージング

IT管理者が介入することなく、ユーザーは自分でメッセージを検索しリストアすることが可能です。IT管理者は、ユーザーが紛失/削除してしまったEメールを探したり、リカバリしたりするために自分の時間を使うより、アーカイブやクラウドへの移行といった戦略的な問題を考えることに使うことができます。

 エンタープライズ アプリケーション

Commvaultは、SAPから Microsoft SharePoint、Office 365まで、基幹アプリケーションのデータ保護を行います。搭載されているアプリケーションと整合性のあるスナップショット サポートとソフトウェア重複排除機能により、リカバリ時間を劇的に減らし、かつ、アプリケーションの可用性を高め、ユーザーの快適性を維持します。

 

ファイル

Commvaultを使えば、ファイル サーバーやストレージ アレイを停止することなくバックアップ/リカバリが行えます。サードパーティのファイル共有アプリケーションに保存されているビジネス ファイルも含めてセキュアに保護し、検索可能にし、仮想レポジトリにまとめて保管することができます。
 

 

エンドポイント

Commvaultは、ノートブック/デスクトップ上で作成し保存されたデータに、いつでもどこからでもアクセスすることを可能にします。また、セルフサービス リカバリ ポータル を使ってWEBブラウザやモバイル デバイスから、いつでもどこからでも自分でデータをリストアすることができます。

重複排除機能搭載

データは増え続けていますが、重複排除を使用すれば、驚異的なデータ増加をコントロールすることができます。重複排除のために別途ハードウェアを購入しなくても、Commvaultならソフトウェアだけで重複排除が行えるので、どのデータをどこで重複排除したいか柔軟に決めることができます。

重複排除でネットワークを流れるバックアップ データ量を、最大90%削減することができます。