データの保持 & コンプライアンス

保持しているデータから価値を得ることができます

データの真の価値は、データを使って何ができるか? にあります。私たちは仮想的にひとつのコンテンツ レポジトリーを提供することで、ビジネスを成し遂げるのに必要な情報のインデックス化、アーカイブ、検索を簡単に行うことを可能にします - そして、保持しているデータを戦略的ビジネス資産に変えます。

 

インテリジェントな情報へのアクセスと管理

法令順守や法的証拠開示請求へ迅速に対応できること、より詳細な情報を得た上でビジネスの決断が行えるよう非構造化データやタグなしの“ダーク”データが活用できること、エンドユーザーがファイルやドキュメントへセルフ サービスでアクセスできることで生産的に仕事が行えることで、ビジネスの保護とコストの軽減を実現します。

 

 
コンテンツベースのデータ保持

ユーザー定義のリテンション ポリシーにより、本当にビジネスに必要な情報だけを自動的にとりまとめ、分類し、保存することができます - ファイル名、種類、コンテンツ、タグ、キーワードベースでの抽出が可能です。これにより、膨大なデータを保存するコスト、複雑さ、リスクを軽減することができます。

 
エンタープライズ検索とeディスカバリー

仮想レポジトリ―からの情報の検索/選択/リトリーブが迅速に簡単に行えることで、エンドユーザーやリーガル/コンプライアンス担当者は、必要な情報を必要な時に、即座に直感的に見つけることができます。

 

Eメール アーカイブ

Commvaultはストレージ要件を下げ、アプリケーションのパフォーマンスを改善し、
ユーザーが保存しているEメールへ自分自身で簡単にアクセスすることを可能にします。
これにより、業務とコンプライアンスのニーズを両方とも満たすことができます。
 

 

 

 
価値あるデータの保護

データの暗号化で不正なアクセスを防いだり、紛失したノートブックから企業のデータをリモート消去したりなど、さまざまな高度な情報セキュリティー機能を使用することで、重要なビジネス データが盗まれたり失ったりするリスクを最小限に抑えます。

 
セキュアなファイル共有

モバイル ワーカーは、ファイルを素早く簡単に共有したいというニーズがあります。IT管理者は、これを、セキュアでコンプライアンスに準じた方法で行う必要があります。Commvaultは、 コンシューマー向けのリスクのあるファイル共有サービスに頼ることなく、セキュアなプライベート クラウドを介し、社員がどこにいてもいつでも、自分のデータへアクセスし共有することを可能にします。