2017年

「知識は力なり」 はクラウドでも変わりなし

2017年12月21日投稿 by 伊吹山 正郁

アルベルト・アインシュタインはこう言いました。「どんな愚か者でも知ることはできる。肝心なのは、理解することだ。
今日の消費者は、複数のタッチ ポイントを通じて知られる自分の好みにあわせた、パーソナライズされた体験を期待しています。データ保護の法令を順守しつつ、顧客が求めるものを提供しようと企業が奮闘する中で、魅力的な顧客体験を創造することは、データの科学に裏打ちされたある種の芸術といえます。
さらに詳しく読む...


データ管理システムが「問題なく機能する」レベルで満足してはいけない理由

2017年10月20日投稿 by 俵 雄一

企業のエグゼクティブの皆様とお話しすると、自社のデータ管理システムにかなり満足しているとおっしゃる方が多いです。ビジネス上の金銭的な損失を招くシステム停止が起こらず、話題になった最近のマルウェア攻撃も受けていません。そのため、「データ管理システムは問題なく機能しているのに、なぜうまくいっているものに手を入れる必要があるのか」と彼らは言います。
さらに詳しく読む...


企業のデータ保護戦略

2017年10月6日投稿 by 伊吹山 正郁

バックアップ テクノロジーは現在、企業が既存のITインフラを刷新する際の最初の検討事項となっています。データの重要性が増し、アプリケーションとリカバリの要件も厳しくなっていることから、バックアップ テクノロジーは全体的なデータ マネジメント戦略において不可欠な要素となりつつあります。
さらに詳しく読む...


データ: 情報主導型企業の鼓動

2017年9月20日投稿 by 俵 雄一

人間の心拍数は、1日に10万回以上、1年ではおよそ4,000万回、生涯を通じて30億回にもなります。人間の心臓と同じように、データは「鼓動」して、デジタル経済を動かし、顧客主導の経済を実現しています。
さらに詳しく読む...