イベント


WEBセミナー 第6回: マルチクラウド管理ならCommvault
~ Oracleクラウドへのデータ保存、データ保護、データ移行 ~

開催日時:  2020年9月17日(木) 15:00~15:45
開催場所:  本イベントは終了しました。イベントの録画をオンデマンドで視聴いただけます
主催:   Commvault Systems Japan株式会社
受講対象者:
- クラウドへのバックアップを検討されているお客様、パートナー様
- クラウドを使用した災害対策、移行を検討されているお客様、パートナー様
- クラウドにおけるデータ保護を検討されているお客様、パートナー様

現在多くの組織が、顧客サービス、業務効率化、製品革新のために、データをクラウドへ移行しています。Commvaultなら、日々のデータ保護に使用しているのと同じインターフェイスを使って、クラウドへデータを移行することも可能です。Commvault は、Oracle Cloud Infrastructure (OCI) やMicrosoft Azure、AWS、Google Cloud Platformなど多くのクラウドとネイティブに連携しているので、マルチクラウド環境においても迅速でセキュアなクラウド データ移行が実現可能です。

2020年9月17日 (木) 開催の Commvault WEB セミナーは、日本オラクル様にもご登壇いただき、Oracle Cloud Infrastructure (OCI) にフォーカスしながら、クラウドと連携したCommvaultのバックアップの仕組みと実際の構成について下記をご紹介させていただきます。

  • Oracle Cloud Infrastructure (OCI) のご紹介
  • クラウドへのバックアップ (オブジェクト ストレージを使ったバックアップと、Commvaultから見たストレージ階層のメリットとデメリット)
  • クラウド上の仮想マシン (コンピュート) のバックアップ / リストア
  • オンプレの仮想マシンのクラウドへの移行 - VMware 仮想マシンをOCIへ移行

WEBセミナーの参加お申込みはこちらへ..



有償技術トレーニング 「Commvault Professional (V11)」 (5日間)

日付: 2020年10月26日(月)~30日(金)
時間: 
9:30 ~ 18:00 (9:15より接続可能です)
場所: 
オンラインでWEBからご参加いただけます
費用: 410,000円 (消費税別) ※
※申し込み人数が最少開催人数を満たさない場合は開催中止とさせていただきます。この場合、次回開催のトレーニングへの振り替えも可能です。
※お申込みいただいた場合でも、定員超過のため受講をお断りすることがあります。予めご了承ください。
※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、2回分の試験費用 (Foundations 1回、Advanced 1回) を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

コース概要:
Commvault Professional Foundations (3日間コース) とCommvault Professional Advanced( 2日間コース) を連続して受講いただく計5日間のトレーニング コースです。

◆ Commvault Professional Foundations (3日間コース) :

仮想および物理インフラストラクチャのデータを保護するための Commvault® ソフトウェアの設定と管理に不可欠なスキルを学びます。この3日間のコースでは、以下を含む Commvault 環境のコア コンポーネントに関するすべての情報を提供します。

    • CommServe® サーバー構成
    • MediaAgentデザイン
    • エージェントの導入
    • ストレージ構成
    • データ セキュリティ

このコースでは、スライド資料やホワイトボードを使用した技術的な講義と、Commvault Command Center™に焦点を当てたEducation Services CVLab環境を使用したハンズオン ラボをバランスよく行います。

◆ Commvault Professional Advanced (2日間コース) :

Commvault Professional Advanced で、学習経験をさらに強化します。3日間の Commvault® Professional Foundations コースと連携したこの 2 日間のコースでは、次のような高度な構成について掘り下げていきます。

    • Commvault®環境におけるコンポーネントの導入方法
    • 高度なオプションの構成方法
      • ストレージ
      • 重複排除
      • ストレージ ポリシー
      • 高度なメディア管理

このコースでは、主にCommCell® コンソールを使用して Commvault 環境を管理する方法を学べます。Commvault Command Center™を使用する方向けに、CommCell®コンソールで利用可能な高度なオプションの適用方法を学びます。

トレーニングの受講お申込みはこちら.. 



WEBセミナー: 【Commvault主催】 IDCアナリストが考察する国内IT運用
~ ネクストノーマルに向けたDXとクラウド利用におけるデータ管理と保護 ~


開催日時: 
 2020827日(木) 15:00~15:45
開催場所:  本イベントは終了しました。イベントの録画をオンデマンドで視聴いただけます
主催:   Commvault Systems Japan株式会社
参加費: 無料 (事前申込制)

世界的なパンデミックは、リモートワークやクラウドを利用したコラボレーションを増加させ、事業継続計画 (BCP) の見直しを促すなど IT運用にもさまざまな影響を与えています。また、その終息後、社会は元へ戻るのではなく、ネクストノーマル (Next Normal) とも呼ばれる新たな常態への変化が見込まれていることを受けて、デジタルトランスフォーメーション (DX) に取り組む企業では、その動きを加速、または軌道修正しようとする傾向も見えてきました。このような変動の時期に、 DXを支えるデータ管理はどう変わっていくべきか。特にデジタル データの重要性が増し、さらにはクラウド利用で運用の複雑性が増していく中でデータ保護をどうすべきか。

本講演では、 IT専門調査会社である IDC社のアナリスト 鈴木 康介氏をお招きし、 IDCが行っている市場調査データを基に、クラウド化、 AI技術の進化などの技術トレンドも踏まえて、データの管理/保護の改革の方向性を考察します。

◆ アンケート登録の当選者番号は次の通りです 【CIDC6650S】

オンデマンド視聴へ..

 

 

 

講演者

鈴木 康介 氏
IDC Japan 株式会社
エンタープライズインフラストラクチャ
リサーチマネージャー



WEBセミナー 第5回: Microsoft 365 や Salesforce。SaaS アプリの重要なデータを 保護していますか?

開催日時:  2020年8月20日(木) 15:00~15:45
開催場所:  本イベントは終了しました。イベントの録画をオンデマンドで視聴いただけます
主催:   Commvault Systems Japan株式会社

Microsoft 365、Salesforce など重要なビジネス インフラストラクチャの一部に SaaS アプリケーションを採用している場合、SaaS アプリケーションのメリットは十分に理解しています。しかし、重要なデータはオンプレミスにあろうとクラウドにあろうと、お客様の責任においてデータ保護を確保する必要があります。ほとんどの SaaS プロバイダーは高可用性を提供することには重点を置いていますが、偶発的なエラー、データ破損、ランサムウェアなどからのデータのリカバリについては重点を置いていないからです。

2020 年8 月20 日(木) 開催のCommvault WEB セミナーでは、各アプリケーションでのバックアップ例をもとにSaaS アプリケーションのデータ保護について下記をご紹介します。

  • Microsoft 365 のデータ保護
    • Exchange Online のバックアップとアーカイブ
    • Exchange ハイブリッド環境への対応
    • SharePoint Online / OneDrive for Business のバックアップ
    • Teams のバックアップと自動リストアによる証跡管理
  • Salesforce のデータ / メタデータのバックアップ

◆ アンケート登録の当選者番号は次の通りです 【CVWS21005】

オンデマンド視聴へ..

 

過去のWEBセミナーのオンデマンド視聴一覧へ..

 


※ 弊社が競合他社と判断する企業様からのイベント参加お申込みはお断りさせていただきます。予めご了承ください。