イベント


有償技術トレーニング 「Commvault Professional (V11)」 (5日間)

 
日付: 2019年4月15日(月)~19日(金)
時間:
9:30 ~ 18:00 (開場: 9:00)
場所:
Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用:
410,000円 (消費税別) ※
※申し込み人数が最少開催人数を満たさない場合は開催中止とさせていただきます。この場合、次回開催のトレーニングへの振り替えも可能です。
※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

コース概要:
Commvault® ソフトウェアをインストール、設定し、物理/仮想環境のデータ保護に必須のスキルを学ぶことができます。この5日間のコースでは、CommServe サーバーの設定からMediaAgentの設計、エージェントの導入、ストレージの構成、データ セキュリティまでCommvault 環境を稼動するために必要なすべての情報を提供します。本クラスは、詳細な構成図やホワイトボード セッションによる技術講義と、Adminコンソール、CommCellコンソールの両方を使ったハンズオン ラボがバランスよく取り入れられています。コースの詳細はこちら (英語)..

本コースには「Commvault Certified Professional V11 2018 」の試験が無償で含まれており、本試験に合格すると、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。

コース アジェンダ:

  • 1日目
    • CommCellの導入と設定
  • 2日目
    • ディスク、クラウド、重複排除
    • テープ ライブラリとメディア管理
    • ストレージ ポリシー管理
  • 3日目
    • サーバーとサーバー グループの管理
    • ファイル サーバーのデータ保護
    • ジョブとデータ管理
  • 4日目
    • 仮想化環境のデータ保護
    • データ セキュリティ
  • 5日目
    • 監視、メンテナンス、チューニング
    • Commvault Certified Professional試験の受講

トレーニングの受講お申込みはこちら.. 



ガートナーITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス2019
~ 未来志向2030:新たな時代へ ~

日時: 2019年4月23日(火)~25日(木)
場所:
八芳園本館 (白金台)
主催: ガートナー ジャパン株式会社
参加費用
145,000円 (税別)
参加対象者
CIO、ITインフラ リーダー、経営戦略責任者、テクノロジ コンサルタント

2030年に向け、テクノロジはさらに進化します。これからの時代、テクノロジを駆使できる企業とそうでない企業に分かれます。

前者は競争優位性がさらに増し、後者は企業そのものが破壊される可能性があります。新たな時代の幕開けを目の前にし、企業やIT部門のリーダーおよび担当者は、過去の延長ではなく、新たな世界(New World)を自ら描き、そのビジョンに向けて新たなスキル、マインド、カルチャー、スタイルを含む実行能力の獲得を加速する必要があります。
本コンファレンスでは、未来志向のビジネスおよびテクノロジのリーダーに対して、昨今の状況と将来の方向を踏まえ、採るべき戦略、アクションとアドバイスを提示します。

Commvaultは、本イベントにGoldスポンサーとして参加します。

Commvaultセッション概要:

【セッション番号 25A】 4月24日(水) 16:40~17:10
マルチクラウド時代のデータ管理に必要な3つのイノベーション
あなたは企業にあるすべてのデータがどこにあるかを把握しているだろうか? 本セッションではAIや機能学習を利用したデータの活用から、クラウドと連携したデータ管理と災害対策に備えた自動化のベスト プラクティスを紹介する。
 
◆Commvault展示ブース概要:
オンプレ、クラウド - データがどこにあってもバックアップ
Commvault Complete™ Backup & Recovery
Commvaultは、オンプレからクラウドまで、物理環境から仮想環境まで、サーバーからクライアントPCまで、データがどこにあってもひとつの製品で完全に網羅できるバックアップ & リカバリ ソリューションです。また、従来のスケールアップ型ではなく、スケールアウト型のバックアップ ストレージを提供することで、オンプレミスでクラウドライクな拡張性と柔軟性に優れたバックアップの実現を可能にします。
 


【大阪開催】 待ったなし! Windows Server 2008サポート終了対策はAzureで解決!

 
日時: 2019年5月21日(火) 15:00~17:30 (受付開始 14:30~)
場所: 
日本マイクロソフト株式会社 関西支店
主催: 大塚商会
共催: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
参加費: 
無料 (事前登録制)
 
サポート終了対策とAzure移行のメリット: Windows Server 2008ならびにWindows Server 2008 R2は、2020年1月にサポート終了(EOS)を迎えます。Azureへ移行することで救済(延命)できる効果的な方法をご提案します。
 


SUSE+Commvault共同セミナー
SAP環境のための先進インフラソリューション

 
日時: 2019年5月22日(水) 13:30~16:00 (受付開始13:00 ~)
場所: 
SUSEソフトウエアソリューションズ ジャパン セミナー ルーム (東京ミッドタウンタワー19階)
主催: SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社
共催Commvault Systems Japan株式会社
参加費: 
無料 (事前登録制)
 
デジタル トランスフォーメーションの波が、あらゆる分野の企業に押し寄せています。SAPユーザーにおいても「2025年問題」に対応するためには、アプリケーションだけではなく、オンプレ/クラウドの選択から、可用性、BCP、セキュリティ対策といったインフラ基盤まで、トータルコストを含めて総合的に検討しなければなりません。

SAP社と20年に渡る開発レベルでのアライアンスがあり、グローバルでSAP HANA環境でデファクト スタンダードとなっているSUSEと、エンタープライズ分野でのデータ保護ソリューションとしてグローバルでの実績を誇るCommvaultが、先進のSAPインフラソリューションをご紹介します。
 


Azure への移行、体験してみませんか?
~ ハンズオンの環境はすべて準備済み! 手ぶらでお越しいただけるハンズオンで Azure への簡単移行体験! ~

セミナーの詳細とお申込み:
ハンズオン参加登録サイトの準備中です。準備ができ次第、こちらのサイトで受付開始します。

  • 2019年7月4日(木)【午前の部】10:00~12:30 (受付開始 9:30)
  • 2019年7月4日(木)【午後の部】14:30~17:00 (受付開始 14:30)
  • 2019年7月5日(金)【午前の部】10:00~12:30 (受付開始 9:30)
  • 2019年7月5日(金)【午後の部】14:30~17:00 (受付開始 14:30)

※4回すべて内容は同じです。

開催場所: 日本マイクロソフト 品川本社 30階 トレーニングルーム
住所: 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
主催: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
参加費用: 無料 【事前申込み制】

2020年1月14日に Windows Server 2008 / R2 が、2019年7月9日に SQL Server 2008 / R2 のサポートが終了します。このハンズオンでは、一足先に実際のVMwareオンプレミス仮想環境からMicrosoft Azureへの移行を体験いただけます。サポート終了に向けた取り組みを加速させるのに是非お役立てください。
また、移行後のAzure上の仮想マシン及びデータの高速かつ効率的なバックアップ/リストアやCommvaultでしかできない、AzureへのDRやAzure Stackとの連携ソリューションについても ご紹介させていただきます。
Commvaultは仮想マシン及びデータのバックアップ/リカバリから、 災害対策、アーカイブ、検索/分析まであらゆる機能をワンストップで提供する画期的な仮想マシン及びデータ保護ソフトウェアを持つグローバルカンパニーです。ガートナー社のバックアップ/リカバリー分野の市場評価において7年連続でグローバル リーダーを獲得しています。

受講対象者:
Azureを利用する方、もしくは利用を検討、提案する立場の方

本セミナーの受講者想定レベル:
特にありませんが、Azureをはじめとするクラウドサービスの操作経験があるとわかりやすいセッションです。