2017年

2017年の終了したイベント一覧です。これから開催するイベントはこちらからご覧ください。


PCデータ管理によるワークスタイル変革・業務効率化 セミナー
~ 業務プロセス効率化、ランサムウェア対策を実現するPCデータ管理・バックアップ

日時: 2017年1月25日(水) 14:30~ (受付開始 14:15)
場所: NEC 本社ビル (三田) 1F セミナールーム
共催: 日本電気株式会社
CommVault Systems Japan株式会社

PCは、モバイル社員の生産性と利便性の向上に大きく貢献しています。ところがサーバーと異なり、モバイルPCは、常に高速な社内LANに接続されているわけでもなく、また常時稼動しているわけでもないため、そのバックアップを非常に困難にしています。盗難や紛失のリスク、ランサムウェアの脅威にさらされやすいPCだからこそ、そのデータを、いつでもどこからでも、日々自動でバックアップできるソリューションの導入は非常に大切です。

また、多くのモバイル社員は、社外にいても必要なファイルをすぐに取り出したり、同僚や社外のチームとデータの共有/同期を行ったりできるよう、仕事関連のファイルを、ITチームの管理下にない個人が持ち込んだファイル共有サービスに保存してしまいます。IT管理者は、会社のすべてのデータを管理下におきながらも、モバイル社員の生産性や利便性を損なうことのないファイル共有サービスを提供することも必要です。

本セミナーでは、モバイルPCのデータ保護の現実と、企業にその生産性と仕事の効率化をもたらす最新のデータ保護とファイル共有ソリューションをデモを交えながらご紹介します。 是非この機会にご来場ください。

イベント参加お申込みと詳細はこちら..


NetApp Innovation 2017 Tokyo

DATA FABRIC NOW
紡ぐ、織りなす、そして革新へ

日時: 2017年2月2日(木)
場所: ANAインターコンチネンタルホテル東京

NetAppはあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しています。NetAppは、本イベントで最新の戦略や技術情報はもちろん、このビジョンが皆様にもたらす価値を、NetAppやスポンサー企業のセッションや展示を通して具体的にご紹介いたします。

Commvaultは、本イベントにスポンサーとして参加します。Commvaultブースでは、Commvault IntelliSnapによるFAS/ASSの簡単、高速バックアップをご紹介させていただきます。

  • Commvaultブース概要
    CommvaultのIntelliSnap機能により、アプリケーションや仮想マシンの静止点を確保したNetAppストレージのハードウェア スナップショットの作成、スナップショットからのテープやクラウドへのバックアップ、クラウド上でのリカバリを簡単に構成することができます。Commvaultをご使用いただくことで、今まで行っていたスクリプトの作成は不要になります。IntelliSnapのデモもありますので是非お越しください。
  • ご招待コード: P0003

イベント公式サイトへ..

 

 Commvualtブースご来場のお礼
 
「NetApp Innovation 2017 Tokyo」では、Commvault ブースへ多数の方にご来場いただき誠にありがとうございました。本イベントでご紹介したソリューションは、こちらのサイトからご覧いただけます

有償技術トレーニング 「Core Fundamentals - APJ (V11)」 基礎コース (3日間)

日付: 2017年04月17日(月)~19日(水)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: 日本サードパーティ株式会社
住所: 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー 14F
費用: 246,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチをご用意させていただきます。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
ユーザーのセキュリティと管理、メディアとライブラリの管理、ポリシー設定とデータの保持、ジョブ アクティビティとステータス監視に関する基本的概念と詳細ならびにベスト プラクティスをご理解いただけます。本3日間のコースでは、CommCell® グループ内におけるデータの移動 (バックアップ、アーカイブ、AUXコピー、リストア) を効率的かつ効果的に管理する方法を提供します。Commvaultのデータ/情報管理システムの基本と、次世代Commvaultソフトウェアの新機能について学習ください。コースの詳細はこちら..
 
尚、本「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、続けて提供させていただく2日間の「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
トレーニングの受講お申込み受付は終了しました。
 

有償技術トレーニング 「Implementation and Maintenance - APJ (V11)」 導入&保守コース (2日間)

日付: 2017年04月20日(木)~21日(金)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: 日本サードパーティ株式会社
住所: 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー 14F
費用: 164,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチをご用意させていただきます。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
次世代Commvaultソフトウェアの新機能を体験いただくことで、Commvaultの専門知識を深めることができます。また、Commvaultソフトウェアを導入するためのアーキテクチャの考察に関する入門技術概要、リソース計画要件、インストレーション オプションの知識を高めることができます。本2日間のコースは、構成におけるベスト プラクティスやパフォーマンス改善手法、また、よくある問題の原因および解決策を特定するために役立つトラブルシューティング ツールや手順をご提供いたします。コースの詳細はこちら..
 
本コースは、3日間の「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースに連続して提供させていただきます。「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、本「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
受講要件】 本「Implementation and Maintenance - APJ」導入&保守コースを受講するには、「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースを受講完了していること、もしくは同コースの試験に合格している必要があります。
 
トレーニングの受講お申込み受付は終了しました。
 

「仮想化・クラウド時代のバックアップ/リカバリ対策 2017」 セミナー

日時: 2017年5月26日(金) 13:00~ (受付開始 12:30~)

場所: ベルサール神保町 3階 Room 4+5
東京都千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館
(地図)

主催:SBクリエイティブ株式会社

ビジネスにおけるデータやシステムへの依存度はますます高くなり、それに伴ってバックアップ・リカバリ体制の整備とITシステムの冗長化・最適化の重要性が増しています。自然災害や機器不調、あるいはヒューマンエラーによるデータ紛失やシステムダウンは、営業停止といった事業継続危機に直結するほど、その重要性を増しています。当セミナーでは、データバックアップ・リカバリ業務とITシステム冗長化についての課題を整理し、BCP/DR対策を強化する改善策を紹介してまいります。

Commvault セッション 13:50~14:30
「バックアップだけじゃない!
クラウドに強いCommvaultだけが実現できる仮想化/クラウド時代のデータ保護」

講演内容: 現在、ITシステムの多くは仮想化技術やクラウドを活用し、これまでになく多様な場所に分散し構築され、企業の生産性向上に寄与しています。しかし、そのデータ保護には未だ課題が多く残されています。このセッションでは、Commvaultが実現する、クラウドとオンプレミスの垣根を超え、クラウド ストラテジーの実現を妨げる、様々なデータ保護の課題をシンプルに解決する、包括的なデータ保護基盤についてご紹介します。

セミナーの詳細およびご登録はこちらから: http://www.sbbit.jp/eventinfo/40214/

 


クラウドを使う? 使わない? BCP/DRの“今”を知る セミナー

日時: 2017年6月20日(火) 14:00~17:00 (受付開始 13:30~)

場所: 御茶ノ水トライエッジカンファレンス 11F 「11D」  
          千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11F 
(地図)

主催: 株式会社ネットワールド

Microsoft Azure と Commvault が、課題のスキマお埋めいたします

★本セミナーの見どころ★

(1) ≪最新クラウド事情≫Microsoft Azure の最新情報満載! 最新のクラウド事情とは?
(2) ≪デモ有≫ Commvault 製品の魅力と最先端 クラウドDR活用術! 
(3) ≪SIer 必見≫ 提案の鬼が最新クラウドバックアップ手法を活かしたノウハウを伝授!

セミナーの詳細およびご登録はこちらから: https://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/781

 


DX+Next solutionフェア

日時: 2017年6月21日(水) ~ 22日(木) 10:00~17:00

場所: 岡山県総合展示場コンベックス岡山 小展示場  
          岡山県岡山市北区大内田675
(地図)

主催: OECグループ (株式会社岡山情報処理センター/株式会社アイアットOEC/株式会社でんでん)

最新技術の体感とともに「新しい発見と解決策」を!

  • 新たなソリューションで事業拡大へ導きます
    さまざまな業界の課題を解決できる新しいソリューションをパートナー企業とともに準備いたしました。
     
  • 今すぐ役立つセミナーも同時開催します
    新しいテクノロジーや地域連携、高まるサイバー攻撃の脅威や急速に変化するIT/デジタルリスクの課題解決に有効なセミナーを開催いたします。

Commvaultブースのご紹介 -  統合バックアップ ソリューション
Commvaultソフトウェアは、オンプレミスからクラウドまで、物理/仮想化サーバーからクライアントPCまで、データがどこにあってもデータを保護することのできる手段を提供しています。多くのユーザ様がお悩みの、バックアップ統合化、速度向上、クライアント バックアップ、DR (ディザスタリカバリ) 対策をご紹介いたします。

イベントの詳細およびご登録はこちらから: http://www.iii-oec.co.jp/fair2017/

 

SAP S/4HANAを強固にするインフラ基盤の構築術
~「可用性・災害対策・バックアップ」のポイントを解説~

日時: 2017年7月26日(水) 14:00~17:00 (受付開始 13:30~)

場所: SAPジャパン本社ビル (麹町) 

主催: 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催: SAPジャパン株式会社
          サイオステクノロジー株式会社
          Commvault Systems Japan株式会社

ミッションクリティカルなSAP ERPに求められる可用性、災害対策、バックアップの構築ポイントを半日で把握することができるセミナーです。IT部門のご担当者様向けにわかりやすく構築ノウハウを解説します。

以下に該当する方におすすめです。

  • SAP S/4HANAのインフラ設計に関して理解を深めたい
  • SAP ERPのインフラ基盤の可用性を高めたい
  • SAP ERPのバックアップ運用に課題がある
  • SAP ERPのインフラ基盤をオンプレにすべきかクラウドにすべきか迷っている

セミナーの詳細およびご登録はこちらから: https://www.business-on-it.com/event/mc2-170726/


有償技術トレーニング 「Core Fundamentals - APJ (V11)」 基礎コース (3日間)

日付: 2017年08月28日(月)~30日(水)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用: 246,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
ユーザーのセキュリティと管理、メディアとライブラリの管理、ポリシー設定とデータの保持、ジョブ アクティビティとステータス監視に関する基本的概念と詳細ならびにベスト プラクティスをご理解いただけます。本3日間のコースでは、CommCell® グループ内におけるデータの移動 (バックアップ、アーカイブ、AUXコピー、リストア) を効率的かつ効果的に管理する方法を提供します。Commvaultのデータ/情報管理システムの基本と、次世代Commvaultソフトウェアの新機能について学習ください。コースの詳細はこちら..
 
尚、本「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、続けて提供させていただく2日間の「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
 

有償技術トレーニング 「Implementation and Maintenance - APJ (V11)」 導入&保守コース (2日間)

日付: 2017年08月31日(木)~09月1日(金)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用: 164,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
次世代Commvaultソフトウェアの新機能を体験いただくことで、Commvaultの専門知識を深めることができます。また、Commvaultソフトウェアを導入するためのアーキテクチャの考察に関する入門技術概要、リソース計画要件、インストレーション オプションの知識を高めることができます。本2日間のコースは、構成におけるベスト プラクティスやパフォーマンス改善手法、また、よくある問題の原因および解決策を特定するために役立つトラブルシューティング ツールや手順をご提供いたします。コースの詳細はこちら..
 
本コースは、3日間の「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースに連続して提供させていただきます。「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、本「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
受講要件】 本「Implementation and Maintenance - APJ」導入&保守コースを受講するには、「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースを受講完了していること、もしくは同コースの試験に合格している必要があります。
 
 

Nutanix .NEXT ON TOUR IN TOKYO 2017

日時: 2017年9月15日(金)
時間: 10:30~18:30 (10 :00より受付開始)
場所: ウェスティンホテル東京 (恵比寿)

主催: ニュータニックス・ジャパン合同会社
 
参加費: 無料 (事前登録制)
 
「Nutanix .NEXT ON TOUR IN TOKYO 2017」 は、今年6月28日~30日に、米国ワシントンDC にて全世界から4,000名以上のお客様を集めて開催された「第3回Nutanix .NEXT ユーザーカンファレンス」を受け、全世界20数都市で展開するNutanix社のロードショーです。「.NEXT ON TOUR」 は、ニュータニックスのビジョンや戦略、最新の技術動向、製品ロードマップ、ユーザー事例など様々な情報をご紹介するとともに、参加されるお客様同士の交流の場として高く評価されています。
 
Commvaultは、Nutanix .NEXT ON TOUR IN TOKYO 2017にスポンサーとして参加します。Commvaultブースにて皆様のお越しをお待ちしています。
 
Commvault 展示ブース
Commvaultは、VMware、Hyper-Vだけでなく、Acropolisも含めたNutanixが対応する全ての仮想環境にデータ保護ソリューションを提供します。ハイパーバイザと連携し、エージェントレス、かつ静止点を確保した状態で仮想マシンを保護し、そのデータをディスク、テープ、クラウドなど様々な外部ストレージに保管することができます。また、CommvaultのIntelliSnapテクノロジーは、Nutanixのハードウェア スナップショットとの機能連携も可能です。

イベント公式サイトへ..

 

 

Pure Live 2017 大阪 & 博多

 
【大阪会場】
日時: 2017年10月3日(火)
時間:
- セミナー: 14:00~17:00 (13:30より受付開始)
- 懇親会: 17:00~18:00
場所:
AP大阪駅前
主催: ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
 
【博多会場】
日時: 2017年10月6日(金)
時間: 14:00~16:45 (13:30より受付開始)
主催: ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
 
参加費: 無料 (事前登録制)
 
Pure Liveは、ピュア・ストレージが全国主要都市で開催するイベントです。大阪会場では関西エリアでPure Storage 製品を導入いただいているお客様の声をご紹介します。また、万全の導入体制をご提供いただけるパートナー様も多数お招きします。博多会場では、はじめて Pure Storage に触れるお客様にも優位点をご理解いただけるよう、デモを交えてご紹介いたします。
 
Commvault は、Pure Live全国ツアーの大阪と博多にスポンサーとして参加します。弊社セッションでは、Commvault統合バックアップ ソフトウェアをPureStorageのハードウェア スナップショット機能と連携してご使用いただくことで、特にVMwareやOracle環境のお客様にどのようなメリットをもたらすことができるかをご紹介させていただきます。

イベント公式サイトへ..


Scality SDS Day Tokyo 2017


日時: 2017年10月18日(水) 10:00~18:00
場所: お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター2F
主催: スキャリティ・ジャパン株式会社
 
Scality JapanプライベートイベントSDS Day 2017 Tokyo では、国内外のお客様による基調講演や事例セッションをメインに最新の「Scality RING7」やオープンソースマルチクラウドコントローラ「Zenko」の最新情報やロードマップのご紹介をします。ソフトウェア・デファインドストレージの最新動向と国内外のユーザー講演など1日でストレージ最前線の全てをご理解いただけます。

Commvault は、SDS Day Tokyoにブロンズ スポンサーとして協賛し、下記ブレイクアウト セッションにパネラーとして登場します。

  • 14:50 ~15:40
    ブレイクアウトセッション C
    C-2 バックアップソリューション
    パネラー:
    • Commvault Systems Japan株式会社
    • Rubrik Japan株式会社
    • ヴィ-ム・ソフトウェア株式会社
    • ベリタステクノロジーズ合同会社

Gartner Symposium/ITxpo 2017


日時: 2017年10月31日(火)~11月2日(木)
場所: グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール (品川)
主催: ガートナー ジャパン株式会社
 
参加料金:
- 早期割引価格: 164,000円 (税別)
  ※2017年9月29日(金)まで
- 通常価格: 187,000円 (税別)
 

抽選で3名様を無料ご招待!

本イベントは参加費有料イベントです。Commvaultは、ご応募いただいた方の中から抽選で3名の方を本イベントに無料でご招待させていただきます。当選された方には、10月6日(金)までに弊社からご連絡させていただきます。

招待券ご応募方法: 2017年9月29日(金) をもちまして応募を締め切りました。多数お申込みいただきありがとうございました。当選者の方には、10月3日にご連絡させていただきました。

【ご招待券応募条件】
1. 本チケットは、ユーザー企業様専用です。ベンダー、パートナー、SIer企業様のご応募はご遠慮ください。
2. 全セッション参加自由ですが、Commvaultのセッションは必ずご受講ください。(チケット受領後、事前の受講登録が必要です)

参加対象者:
- CIO、CEO、CFOをはじめ、企業のIT戦略や投資にかかわる経営者
- IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者
- 経営企画/事業企画部門、研究・技術開発部門、情報システム部門担当者

Commvaultは、Gartner Symposium/ITxpo 2017にPlatinumスポンサーとして参加します。本イベントは、CIOをはじめとするITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントです。

  • Commvaultセッション 番号 15B
    Day 1: 10月31日(火)17:30~18:00
    今日の分断されたデータセンターでデータ管理を成功させる
    バックアップを異なる視点で考え、古いやり方を変える時! 企業内データもサーバー、ストレージに加えPCも対象にする必要があり、クラウド上のデータも保護しなくてはならない。Commvaultはサイロ化された世界でデータのコントロールを取り戻す方法について紹介する。
    Commvault Systems, ソリューション マーケティング ダイレクター
    マーク・ベントカウアー, CISSP
     
  • Commvault展示ブース番号 P7
    データの保護と活用 - そこから価値を得る!
    Commvault統合データ保護/管理ソフトウェア
    Commvaultは、あらゆる規模のお客様がデータを保護、活用し、そこから価値を得ることができるよう、業界でもっともパワフルなソフトウェアを提供しています。Commvaultは、物理データセンター、仮想マシン、クラウド、ノートPCのデータ保護を可能にします。また異なるデバイス間やクラウド間のデータ移動を可能にし、ベンダー ロックインをなくし、データのコントロールを取り戻します。Commvaultのインフラで、データからより多くの価値を得て、費用を削減することができます。

Commvaultセッション受講 & Commvaultブースご来場 特典

Commvaultセッションを受講いただいた方、または Commvaultブースにお立ち寄りいただいた方には、Amazonギフト券 1万円が抽選で3名様に当たる抽選券を差し上げます。

イベント公式サイトへ..


クライアント セキュリティー フォーラム


日時: 2017年11月13日(月) 13:00~16:15
場所: 山王健保会館・会議室 (赤坂)
主催: 株式会社BCN
 
協賛:
株式会社カスペルスキー
Commvault Systems Japan株式会社
デジタルテクノロジー株式会社
 

業務効率化の推進や多様な勤務形態の採用など、多くの企業が働き方改革に取り組んでいます。なかでも、働く場所を選ばないモバイルワーク環境の整備は不可欠ですが、そこで見落としがちなのがセキュリティ対策。働き方が多様化すれば、セキュリティの脅威も多様化することを忘れてはいけません。そこで本セミナーでは、標的型攻撃やランサムウェアなどの最新動向をベースに、働き方改革にも貢献する最適なセキュリティ対策のあり方をご紹介します。

  • Commvault セッション
    「Commvaultで安心快適!あなたのクライアントPCをセキュリティリスクから守ります!」

    以前にも増してデータ保護の重要性が高まっている昨今、重要な業務データを持つクライアントPCを様々なセキュリティ リスクから守るためには、どのようなソリューションが必要でしょうか?Commvaultならランサムウェアに特化した「アラート」や「ライトプロテクト」機能があるだけではなく、情報漏洩対策機能として「暗号化」、「セキュア消去」もご用意しています。さらに「エッジ ドライブ」や「共有」など生産性向上に役立つ機能が盛りだくさん。しかもスモール オフィスから最大50,000 PCまで一括管理が可能です。もちろん「自動バックアップ」と「セルフ リストア」機能で運用の手間は最小限に抑えられ、手順書いらずの簡単インターフェースでユーザーの手も煩わせません。クライアントPCの安心快適を実現する、Commvaultを是非この機会にご検討下さい。

イベント公式サイトへ..


NetApp Innovation 2018

日時: 2017年11月30日(木) 9:00~18:00
場所: ANA インターコンチネンタルホテル東京 (赤坂)

主催: ネットアップ株式会社
 
NetApp Innovation 2018 は、「ハイブリッドクラウドの力を利用」「次世代データセンターの構築」「データ管理を通したストレージの最新化」の 3つをテーマとし、具体的なソリューションや事例と共に、豊富なセッションや展示で最新情報を紹介するイベントです。
 
このイベントに参加する5つのメリットは下記の通りです。
  1. ストレージベンダーが提供するHCI (ハイパーコンバージドインフラ) の最新情報をいち早く入手
  2. テクニカルセッションから、新企画「経営層向けビジネスセッション」まで幅広いコンテンツをご案内
  3. オールフラッシュストレージからハイブリッドクラウドまで、進化を続けるデータ管理技術を習得
  4. データ活用・データ管理事例満載!データから価値やビジネスを創造できた他社の最新事例を知る
  5. その場でエキスパートに聞く! 御社の今の、そして次のIT基盤、データ管理のあるべき姿とは
Commvault は本イベントに、シルバー スポンサーとして協賛します。Commvault セッションにぜひご参加ください。
  • Commvault セッション: Track C | セッション番号 C-1 | 13:00~13:40
     
    Commvaultによるハイブリッド クラウドの保護とリストア
    そのバックアップ、リストアできてますか? ハイブリッド クラウド環境におけるデータ保護とリストアは、通常複数の手法を組み合わせなければいけません。本セッションでは NetApp ストレージ (FAS、SolidFire、StorageGRID、AltaVault) が提供する機能と Commvault が提供するデータ保護ソリューションを組みわせた効率的なデータ保護とリストア手法についてご紹介します。
 
※ご招待コードは、P0005 です。
 

有償技術トレーニング 「Core Fundamentals - APJ (V11)」 基礎コース (3日間)

日付: 2017年12月04日(月)~06日(水)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用: 246,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
ユーザーのセキュリティと管理、メディアとライブラリの管理、ポリシー設定とデータの保持、ジョブ アクティビティとステータス監視に関する基本的概念と詳細ならびにベスト プラクティスをご理解いただけます。本3日間のコースでは、CommCell® グループ内におけるデータの移動 (バックアップ、アーカイブ、AUXコピー、リストア) を効率的かつ効果的に管理する方法を提供します。Commvaultのデータ/情報管理システムの基本と、次世代Commvaultソフトウェアの新機能について学習ください。コースの詳細はこちら..
 
尚、本「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、続けて提供させていただく2日間の「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
受付終了しました。
 

有償技術トレーニング 「Implementation and Maintenance - APJ (V11)」 導入&保守コース (2日間)

日付: 2017年12月07日(木)~12月08日(金)
時間: 9:30 ~ 18:00 (予定)

場所: Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用: 164,000円 (消費税別)

※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

 
次世代Commvaultソフトウェアの新機能を体験いただくことで、Commvaultの専門知識を深めることができます。また、Commvaultソフトウェアを導入するためのアーキテクチャの考察に関する入門技術概要、リソース計画要件、インストレーション オプションの知識を高めることができます。本2日間のコースは、構成におけるベスト プラクティスやパフォーマンス改善手法、また、よくある問題の原因および解決策を特定するために役立つトラブルシューティング ツールや手順をご提供いたします。コースの詳細はこちら..
 
本コースは、3日間の「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースに連続して提供させていただきます。「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースと、本「Implementation and Maintenance - APJ」 導入&保守コースの両方の試験に合格いただくと、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。
 
受講要件】 本「Implementation and Maintenance - APJ」導入&保守コースを受講するには、「Core Fundamentals - APJ」 基礎コースを受講完了していること、もしくは同コースの試験に合格している必要があります。
 
受付終了しました。