2019年

2019年の終了したイベント一覧です。これから開催するイベントはこちらからご覧ください。



NetApp Innovation 2019 in 東京 & 大阪
~ データ、新たな推進力 ~

【大阪】
日時:
2019年1月16日(水)
場所:
ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター

【東京】
日時:
2018年12月11日(火) -- 終了しました --
場所:
ANAインターコンチネンタルホテル東京

いま多くの企業が「データの有効活用」をビジネスの最優先課題と捉えており、データは資源や資産であるとさえ言われています。また、AIやIoTを始めとするテクノロジーの導入が、データの爆発的な増加に繋がっています。企業は、これらのトレンドに対応するだけでなく、データという資産をいかに新たなビジネスに繋げてマネタイズするか、という課題にも迫られています。NetApp Innovation 2019 は、データを活用するための最新のインフラ、テクノロジー、ソリューションのご提案と、データを新たな推進力にした事例や多数のヒントをご紹介する、国内随一のイベントです。

Commvaultは、本イベントにData Fabricスポンサーとして参加します。

  • Commvaultセッション [L-2] ランチ セッション 12:00~12:40:
    CommvaultによるNetAppストレージのデータ保護とリストア
    NetAppとCommvaultの新しいパートナーシップにより、従来よりも柔軟なデータ保護ソリューションをNetAppから直接購入できるようになりました。本セッションでは NetApp の各種ソリューション (FAS、SolidFire、StorageGRID、HCI) が提供する機能と Commvault が提供するデータ保護ソリューションを組みわせた効率的なデータ保護とリストア手法についてご紹介します。
  • Commvault ご招待コード: P0017

イベント公式サイトへ..



体験! クラウド移行!
Windows Server 2008のサポート終了を前に、クラウド移行を体験してみませんか? ご用意いただくものは何もありません

セミナーの詳細とお申込み:

※3回すべて内容は同じです。

開催場所: 日本マイクロソフト 品川本社 トレーニングルーム
住所: 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
主催: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
協賛: パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
参加費用: 無料 【事前申込み制】

2020年1月14日に Windows Server 2008 / R2 が、2019年7月9日に SQL Server 2008 / R2 のサポートが終了します。このハンズオンでは、一足先に実際のVMwareオンプレミス仮想環境からMicrosoft Azureへの移行を体験いただけます。サポート終了に向けた取り組みを加速させるのに是非お役立てください。
また、移行後のAzure上の仮想マシン及びデータの高速かつ効率的なバックアップ/リストアやCommvaultでしかできない、AzureへのDRやAzure Stackとの連携ソリューションについても ご紹介させていただきます。
Commvaultは仮想マシン及びデータのバックアップ/リカバリから、 災害対策、アーカイブ、検索/分析まであらゆる機能をワンストップで提供する画期的な仮想マシン及びデータ保護ソフトウェアを持つグローバルカンパニーです。ガートナー社のバックアップ/リカバリー分野の市場評価において7年連続でグローバル リーダーを獲得しています。

受講対象者:
Azureを利用する方、もしくは利用を検討、提案する立場の方

本セミナーの受講者想定レベル:
特にありませんが、Azureをはじめとするクラウドサービスの操作経験があるとわかりやすいセッションです。


 


IDC Storage Vision Japan 2019
~ デジタルトランスフォーメーションを支えるストレージとデータマネジメントの新戦略 ~

日時: 2019年2月5日(火) 10:00~16:40
場所: 東京コンファレンスセンター・品川 5階大ホール

主催: IDC Japan株式会社
参加費用
30,000円 (消費税別) 昼食付
参加対象者
ITユーザー企業の情報システム部門意思決定者、経営層、経営企画部門、総務部門、事業部門の方々など

 

新しいビジネス価値の創造、競争優位性の確立、ビジネスモデルの変革などを目的にデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む国内企業が増加しています。また、DXを推進するためにはAIやIoTなどを活用し、膨大で多様なデータの分析や解析からビジネスに寄与する価値を引き出すことが成功の鍵になります。それに伴い、DXを支えるデータマネジメントとストレージインフラにも革新が強く求められています。

今回で20回目を迎える「IDC Storage Vision Japan 2019」では、「デジタルトランスフォーメーションを支えるストレージとデータマネジメントの新戦略」をテーマにDXにストレージインフラとデータマネジメントの革新がどのように貢献できるかを明確にすることで、ストレージ投資とデータマネジメントの新しい方向性を提言します。

Commvault は本イベントに、ブロンズ スポンサーとして協賛します。皆様のお越しをお待ちしています。

  • Commvault セッション: 12:30~12:50
    これからのIT環境の変化を見据えたデジタル トランスフォーメーション時代のデータ保護
    否応なしにクラウドへの対応を迫られる昨今、IT環境は効率化がいっそう求められながらもオンプレ / クラウドといった単純な分け方では収まらず、さらに多様でより複雑なものへと変化しつつあります。そしてその中で、データ保護の姿も、時代の流れに追随するための変化が必要です。このセッションでは、IT環境の変化に追随し、デジタル トランスフォーメーション時代におけるデータ保護のあるべき姿をお伝えします。


Azure 移行セミナー
~ Commvault を利用すれば簡単手軽に移行が可能。移行後のバックアップも万全! ~

開催日2019年2月22日(金) 14:00~17:15 (受付開始 13:30)
開催場所:  秋葉原UDX
主催:   株式会社ネットワールド、Commvault Systems Japan株式会社
協賛:   日本マイクロソフト株式会社

2020年1月に迫る Windows Server 2008 サポート終了に伴い、ワークロードを Azure へ移行すると、サポート終了後も3年間はセキュリティ更新プログラムの無償提供を行うと Microsoft 社が発表しました。延命するなら今がチャンス! 移行したいけどやり方がわからない…そんなお悩みを解決するセミナーです。Commvault ソリューションによる簡単移行方法をお伝えします。

セミナーの詳細と参加お申込みはこちらへ..



FUJITSU x Commvaultセミナー
二刀流! 今、注目されるバックアップ・アーカイブの新機軸
~ 成功事例から学ぶ後悔しないデータ管理手法 ~

開催日2019年3月1日(金) 14:30~16:50 (受付開始 14:00)
開催場所:  富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター (受付30階) - 浜松町
主催:   富士通株式会社
協賛:   Commvault Systems Japan株式会社

企業が保有するデータ量は増加し続ける中、新しいビジネスの創造に向けて多くの企業でデータ管理や利活用の新たな取り組みがはじまっています。一方、多種多様なデータ管理に対し、様々な課題を抱えているのが現状です。セミナー「二刀流! 今、注目されるバックアップ・アーカイブの新機軸 ~成功事例から学ぶ後悔しないデータ管理手法~」では、今日直面する課題「バックアップの長時間化」「データ保管のコスト増大」を解決する、効果的なバックアップ・アーカイブ手法について紹介します。
皆様の課題解決に役立つ、データ管理ソフトウェア「Commvault」と富士通のストレージの組み合わせソリューションにぜひ、ご注目ください。

セミナーの詳細と参加お申込みはこちらへ..



Commvault Connections Live 2019
~ データの保護と管理を新たな目で見直す ~

開催日:  2019年3月7日 (木) 13:00~17:30 (受付開始12:30~)
開催場所:  御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター1F Room C
主催:   Commvault Systems Japan株式会社
協賛:   日本マイクロソフト株式会社、ネットアップ合同会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
メディア協力: ビジネス+IT

今日、増加するデータ量は予測不能となり、保護対象とすべき利用環境も仮想化、クラウド、エンドポイントと増え続けています。同時に、運用とリカバリに対する期待も増すばかりで、管理者からは手間の掛からないバックアップ自動運用とリカバリの実現が、ユーザーからはいつでもどこからでも短時間でリカバリできる手段が求められます。現在のバックアップ要求に応えることができるのはもちろん、将来のバックアップ要求にも柔軟に応えることができるよう、オンプレからクラウドまで環境の変化に柔軟に対応でき、コスト効率よく柔軟に拡張できるデータ保護ソリューションが必要です。
Commvault Connections Live 2019では、Commvaultが信頼するMicrosoft、NetApp、HPEテクノロジーパートナーと共に、データの保護と管理を新たな目で見直します。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

イベント公式サイトへ..



Azure への移行、体験してみませんか?
~ ハンズオンの環境はすべて準備済み! 手ぶらでお越しいただけるハンズオンで Azure への簡単移行体験! ~

セミナーの詳細とお申込み:

※4回すべて内容は同じです。

開催場所: 日本マイクロソフト 品川本社 30階 トレーニングルーム
住所: 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
主催: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
参加費用: 無料 【事前申込み制】

2020年1月14日に Windows Server 2008 / R2 が、2019年7月9日に SQL Server 2008 / R2 のサポートが終了します。このハンズオンでは、一足先に実際のVMwareオンプレミス仮想環境からMicrosoft Azureへの移行を体験いただけます。サポート終了に向けた取り組みを加速させるのに是非お役立てください。
また、移行後のAzure上の仮想マシン及びデータの高速かつ効率的なバックアップ/リストアやCommvaultでしかできない、AzureへのDRやAzure Stackとの連携ソリューションについても ご紹介させていただきます。
Commvaultは仮想マシン及びデータのバックアップ/リカバリから、 災害対策、アーカイブ、検索/分析まであらゆる機能をワンストップで提供する画期的な仮想マシン及びデータ保護ソフトウェアを持つグローバルカンパニーです。ガートナー社のバックアップ/リカバリー分野の市場評価において7年連続でグローバル リーダーを獲得しています。

受講対象者:
Azureを利用する方、もしくは利用を検討、提案する立場の方

本セミナーの受講者想定レベル:
特にありませんが、Azureをはじめとするクラウドサービスの操作経験があるとわかりやすいセッションです。


 


有償技術トレーニング 「Commvault Professional (V11)」 (5日間)

 
日付: 2019年4月15日(月)~19日(金)
時間: 
9:30 ~ 18:00 (開場: 9:00)
場所: 
Commvault Systems Japan株式会社
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F
費用: 
410,000円 (消費税別) ※
※申し込み人数が最少開催人数を満たさない場合は開催中止とさせていただきます。この場合、次回開催のトレーニングへの振り替えも可能です。
※本コースは、Commvault v11をベースに日本語で行われます。
※費用には、1回分の試験費用を含みます。再試験を受ける場合は、1回に付き20,500円 (消費税別) が別途必要になります。
※ランチは各自お取りください。
※テキストは英語です。
※試験は日本語で受験いただけます。

コース概要:
Commvault® ソフトウェアをインストール、設定し、物理/仮想環境のデータ保護に必須のスキルを学ぶことができます。この5日間のコースでは、CommServe サーバーの設定からMediaAgentの設計、エージェントの導入、ストレージの構成、データ セキュリティまでCommvault 環境を稼動するために必要なすべての情報を提供します。本クラスは、詳細な構成図やホワイトボード セッションによる技術講義と、Adminコンソール、CommCellコンソールの両方を使ったハンズオン ラボがバランスよく取り入れられています。コースの詳細はこちら (英語)..

本コースには「Commvault Certified Professional V11 2018 」の試験が無償で含まれており、本試験に合格すると、Commvault Certified Professional認定レベルを取得することができます。

コース アジェンダ:

  • 1日目
    • CommCellの導入と設定
  • 2日目
    • ディスク、クラウド、重複排除
    • テープ ライブラリとメディア管理
    • ストレージ ポリシー管理
  • 3日目
    • サーバーとサーバー グループの管理
    • ファイル サーバーのデータ保護
    • ジョブとデータ管理
  • 4日目
    • 仮想化環境のデータ保護
    • データ セキュリティ
  • 5日目
    • 監視、メンテナンス、チューニング
    • Commvault Certified Professional試験の受講

トレーニングの受講お申込みはこちら.. 



ガートナーITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス2019
~ 未来志向2030:新たな時代へ ~

日時: 2019年4月23日(火)~25日(木)
場所: 
八芳園本館 (白金台)
主催: ガートナー ジャパン株式会社
参加費用: 
145,000円 (税別)
参加対象者: 
CIO、ITインフラ リーダー、経営戦略責任者、テクノロジ コンサルタント

2030年に向け、テクノロジはさらに進化します。これからの時代、テクノロジを駆使できる企業とそうでない企業に分かれます。

前者は競争優位性がさらに増し、後者は企業そのものが破壊される可能性があります。新たな時代の幕開けを目の前にし、企業やIT部門のリーダーおよび担当者は、過去の延長ではなく、新たな世界(New World)を自ら描き、そのビジョンに向けて新たなスキル、マインド、カルチャー、スタイルを含む実行能力の獲得を加速する必要があります。
本コンファレンスでは、未来志向のビジネスおよびテクノロジのリーダーに対して、昨今の状況と将来の方向を踏まえ、採るべき戦略、アクションとアドバイスを提示します。

Commvaultは、本イベントにGoldスポンサーとして参加します。

Commvaultセッション概要:

【セッション番号 25A】 4月24日(水) 16:40~17:10
マルチクラウド時代のデータ管理に必要な3つのイノベーション
あなたは企業にあるすべてのデータがどこにあるかを把握しているだろうか? 本セッションではAIや機能学習を利用したデータの活用から、クラウドと連携したデータ管理と災害対策に備えた自動化のベスト プラクティスを紹介する。
 
◆Commvault展示ブース概要:
オンプレ、クラウド - データがどこにあってもバックアップ
Commvault Complete™ Backup & Recovery
Commvaultは、オンプレからクラウドまで、物理環境から仮想環境まで、サーバーからクライアントPCまで、データがどこにあってもひとつの製品で完全に網羅できるバックアップ & リカバリ ソリューションです。また、従来のスケールアップ型ではなく、スケールアウト型のバックアップ ストレージを提供することで、オンプレミスでクラウドライクな拡張性と柔軟性に優れたバックアップの実現を可能にします。
 


Oracle Code Tokyo 2019
~ 未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの手に。~

 
日時: 2019年5月17日(金) 10:00~18:00 (受付開始 9:00~)
場所: 
シェラトン都ホテル東京 (白金台)
主催: 日本オラクル株式会社
参加費: 無料 (事前登録制)
対象: 開発者の方、ITに携わるエンジニアの皆様
 
Oracle Code Tokyo 2019は 「デベロッパーによるデベロッパーのため」コンセプトのもと、デベロッパーをはじめとするITに携わる全てのエンジニアの皆様へ「最新テクノロジーの今」をお届けするオラクル社のイベントです。

Commvaultは本イベントで、下記ハンズオン セッションを開催します。皆様の参加をお待ちしています。

  • ハンズオン時間:14:00-14:45
  • ハンズオン番号: B-5-2-2
  • ハンズオン内容:
    Commvault を使用した Oracle Cloud Infrastructure Storage へのバックアップとリストア
    Commvault は Oracle Cloud Infrastructure の各種サービスに対応したデータ保護製品です。本ハンズオンでは、実際に Commvault がインストールされた環境を使用して、Oracle Cloud Infrastructure 上のオブジェクト ストレージに対してバックアップ / リストアの操作を体験していただきます。

イベント公式サイトはこちらへ..



【大阪開催】 待ったなし! Windows Server 2008サポート終了対策はAzureで解決!

 
日時: 2019年5月21日(火) 15:00~17:30 (受付開始 14:30~)
場所: 
日本マイクロソフト株式会社 関西支店
主催: 大塚商会
共催: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
参加費: 
無料 (事前登録制)
 
サポート終了対策とAzure移行のメリット: Windows Server 2008ならびにWindows Server 2008 R2は、2020年1月にサポート終了(EOS)を迎えます。Azureへ移行することで救済(延命)できる効果的な方法をご提案します。
 


SUSE+Commvault共同セミナー
SAP環境のための先進インフラソリューション

 
日時: 2019年5月22日(水) 13:30~16:00 (受付開始13:00 ~)
場所: 
SUSEソフトウエアソリューションズ ジャパン セミナー ルーム (東京ミッドタウンタワー19階)
主催: SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社
共催Commvault Systems Japan株式会社
参加費: 
無料 (事前登録制)
 
デジタル トランスフォーメーションの波が、あらゆる分野の企業に押し寄せています。SAPユーザーにおいても「2025年問題」に対応するためには、アプリケーションだけではなく、オンプレ/クラウドの選択から、可用性、BCP、セキュリティ対策といったインフラ基盤まで、トータルコストを含めて総合的に検討しなければなりません。

SAP社と20年に渡る開発レベルでのアライアンスがあり、グローバルでSAP HANA環境でデファクト スタンダードとなっているSUSEと、エンタープライズ分野でのデータ保護ソリューションとしてグローバルでの実績を誇るCommvaultが、先進のSAPインフラソリューションをご紹介します。

 


【博多開催】 成長率No1クラウド: Microsoft Azure活用セミナー
~ Windows Serverのサポート切れをクラウド化で乗り切る!~

 
日時: 2019年5月31日(金) 13:30~16:00 (受付開始 13:00~)
場所: 
日本マイクロソフト株式会社 九州支店セミナールーム
主催: 株式会社 NTTデータ九州
参加費: 無料 (事前登録制)
 
近年、パブリッククラウドを取巻く環境は凄まじい速度で大きく変化し続け、先進企業ではパブリック クラウドの最新テクノロジの活用による差別化と競争力の強化を行っています。一方、セキュリティや移行コスト面の懸念から、パブリック クラウド導入の一歩を踏み出せていない企業、システムのサポート期限を迎ようとしている中、更改の検討が進まない企業もまた多く存在します。本セミナーでは、グローバルで多くの企業に導入されているパブリック クラウドのAzureを中心に、Azureへ移行するメリット、移行を容易にする製品の紹介、移行事例をご紹介します。
 
Commvaultは本セミナーで、「Commvaultを使った簡単まるごとAzureと移行」と題し、CommvaultによるAzureへの簡単移行をデモを交えてご紹介します。

イベント公式サイトはこちらへ.. 



【大阪開催】体験! クラウド移行!
Windows Server 2008 のサポート終了を前に、クラウド移行を体験してみませんか?
~ ハンズオンの環境はすべて準備済み! 手ぶらでお越しいただけます ~

日時: 2019年6月12日(水) 14:30~17:00 (受付開始 14:00)
場所: 日本マイクロソフト株式会社 関西支店 5F セミナールーム 1
住所: 大阪府大阪市福島区福島5丁目6番地16 ラグザタワーノースオフィス
主催: パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
協賛: 日本マイクロソフト株式会社、Commvault Systems Japan株式会社
参加費用: 無料 【事前申込み制

2020年1月14日に Windows Server 2008 / R2 が、2019年7月9日に SQL Server 2008 / R2 のサポートが終了します。このハンズオンでは、実際のVMwareオンプレミス仮想環境からMicrosoft Azureへの移行を体験いただけます。サポート終了に向けた取り組みを加速させるのに是非お役立てください。
また、移行後のAzure上の仮想マシン及びデータの高速かつ効率的なバックアップ/リストアやCommvaultでしかできない、AzureへのDRやAzure Stackとの連携ソリューションについても ご紹介させていただきます。
Commvaultは仮想マシン及びデータのバックアップ/リカバリから、 災害対策、アーカイブ、検索/分析まであらゆる機能をワンストップで提供する画期的な仮想マシン及びデータ保護ソフトウェアを持つグローバルカンパニーです。ガートナー社のバックアップ/リカバリー分野の市場評価において7年連続でグローバル リーダーを獲得しています。

受講対象者:
Azureを利用する方、もしくは利用を検討、提案する立場の方

ハンズオン トレーニングの受講お申込みはこちら..