CommvaultがCisco Solution Partner ProgramのPreferred Solution Partnerに認定される

[2015年6月8日米国発表資料抄訳版]

2015年6月15日 - 企業のデータ保護と情報管理ソリューションを提供するCommvault Systems (本社 米国ニュージャージー州、NASDAQ:CVLT) は、本日、Cisco社の開発パートナー向けプログラムCisco® Solution Partner ProgramのPreferred Solution Partnerに認定されたことを発表しました。すべてのモノがインターネットにつながるInternet of Everything (IoE) は、これからもヒト、プロセス、データ、モノをつなげ、ネットワーク接続の可能性を広げていきます。Cisco Solution Partner Programの一員となることで、Commvaultは、IoEの価値を取り込むことができるネットワークの機能性、パフォーマンス、管理性を向上する ソリューションを、短期間で創造しデプロイすることが可能になります。

Commvaultは、リスクの低減、生産性の向上、新しいビジネス モデルの強化を図るデータの管理/保護ソリューションを設計してきました。Cisco社との最新のパートナーシップにより、クラウド サービス プロバイダーや企業は、クラウド バックアップ サービス (Baas: Backup as a Service) 用のソリューション設計ガイド「Cisco Validated Design (CVD)」 のリファレンス アーキテクチャを利用することができるようになります。このCisco社と共同でテスト/作成されたパブリック/ホステッド、ハイブリッド、プライベート クラウド環境向けBaaSアーキテクチャは、企業の市場参入までの時間を短縮し、急速に発展している競争市場で新規ビジネスの機会を促進することを可能に します。

Logicalis社のデータ センター ソリューション担当部長のボブ・ハンキンス (Bob Hankins) 氏は次のように述べています。「弊社のお客様にクラウドを活用してもらうには、バックアップとリカバリは重要な問題です。CiscoとCommvault というそれぞれのマーケットのリーダーが共同でテスト/検証したこれらソリューションにより、私たちのクラウドとマネージド サービスのポートフォリオを大きく強化することができました。世界をリードするCiscoのインテグレーターの1社として、また、Ciscoの長年のゴールド認定パートナーとして、私たちはCiscoとCommvaultのテクノロジー パートナー エコシステムにより実現される新しいサービスに大きな期待を寄せています」

その他の賛同のコメントは、こちら(英文)から参照いただけます。

また、Commvaultのワールドワイド アライアンス担当バイス プレジデントのブライアン・アリソン (Brian Allison) は、次のように述べています。「CommvaultがCisco Solution Partner ProgramのPreferred Solution Partnerに選ばれ、大変光栄です。CiscoとCommvaultは共に、私たちのパートナー様と他に類のないソリューションを構築し、お客様に圧 倒的なビジネス成果をお届けしていきます。BaaSサービスはその第一歩となります。CommvaultがCiscoのUnified Computing SystemインフラとCommvault BaaS CVDで認証を受けていることは、私たちのデータ保護/情報管理ソリューションが、テスト通りに機能し、お客様とパートナー様が弊社とCisco社に期待 している品質を満たしていることの強力な裏付けとなります」

Cisco Solution Partner Programは、Ciscoのパートナー エコシステムの一部として、Ciscoをサード パーティーのハードウェア/ソフトウェア ベンダーとつなぎ、共通のお客様に統合ソリューションを提供するためのプログラムです。Preferred Solution Partnerとして、CommvaultはCommvault Simpanaデータ管理ソフトウェアでCiscoとの相互運用性を確認しており、24時間、年中無休のカスタマー サポートを提供することができます。Commvault社に関する詳しい情報は、https://marketplace.cisco.com/catalog/companies/commvaultをご覧ください。

* 相互接続テスト (Interoperability Verification Testing) とソリューション設計ガイド (Cisco Validated Design) による相互接続認定は、典型的なカスタマー構成をシミュレーションするものであり、実際の導入の際のオンサイト テストや相互接続検証を不要にするものではありません。

Commvaultについて
Commvault社は、Singular Visionこそが、今後のデータ管理のニーズに応えることができるより良い方法であるという信念に基づき、Singular Information Management® ソリューションの開発を行っています。このソリューションは、複雑なストレージネットワークにおいて、高性能なデータ保護、あらゆる状況に対応できる可用性、シンプルなデータ管理を実現します。Commvault社のユニークな単一プラットフォームアーキテクチャによって、企業はデータの増加、コスト、リスクをかつてない方法でコントロールできるようになります。Commvault社のSimpana® ソフトウェア製品は、シームレスに連携動作するよういちから設計されており、単一コードと共通の機能セットを共有することで、優れたデータ保護、アーカイブ、レプリケーション、検索、リソース管理の機能を単一プラットフォームで提供します。Commvault社だけが提供できる効率性、パフォーマンス、信頼性、管理の優位性を理解した企業が次々とCommvault社のソリューションのユーザーとなっています。

Commvault社に関する情報はwww.commvault.comをご覧ください。Commvault社の本社は米国ニュージャージー州のティントン・フォールズにあります。CommVault Systems Japan株式会社の本社は〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12Fにあります。