Commvault、Data Platformの発表とPure Storageとの連携でスナップショット管理機能拡大の要求に応える

[2015年10月20日 米国発表資料抄訳版]

2015年11月5日 - データと情報の統合管理ソリューションを提供するCommvault Systems (本社 米国ニュージャージー州、NASDAQ:CVLT) の日本法人CommVault Systems Japan株式会社 (本社 東京都千代田区、以下Commvault) は、先日発表した新しいCommvault Data PlatformとPure Storageを連携することで、両社共通の企業ユーザー様にスナップショット管理機能を拡大することを発表しました。Commvaultの新しいソフトウェア革新により、CommvaultとPure Storage双方のお客様は、変化が激しくペースの速いグローバル ビジネス環境において、データや情報の管理という日々進化する課題に対応することができます。

新しく発表したCommvault Data Platformは、Pure Storage FlashArray上のスナップショットとIntelliSnapを連携することで、双方のユーザーが、機能拡張したアプリケーションと整合性のあるスナップショット ライブラリから高速なオンライン リカバリを実行することを可能にします。この連携によりお客様はCommvaultのIntelliSnapテクノロジーを使用し、スナップショット管理 (リカバリ操作を含む) をオーケストレーションすることができます。同時に、ポイント イン タイム コピーを作成する際、Pure Storage FlashArray上でディスク容量効率の高いスナップショットを利用することができます。ひとつのシームレスなオーケストレーション フレームワークにより、リカバリが高速になり、管理がシンプルに行えます。

Pure Storageのグローバル・チャンネル/アライアンス担当バイス プレジデントであるMichael Sotnick氏は、次のように述べています。「事業部門の統括責任者は、基幹業務用アプリケーションに信頼性、柔軟性、耐障害性の高いインフラストラクチャを要求します。Pure Storageのオールフラッシュ アレイとCommvaultのIntelliSnapソフトウェアを組み合わせることで、ITスタッフに求められる管理タスクを最小限に抑えながら、幅広いアプリケーションやOSに対し予測可能な高性能と信頼性を確実に実現します」

データとアプリケーションのリカバリに最も高速で最も効率の良い手段のひとつであるスナップショット テクノロジーを使って、お客様はオールフラッシュ アレイのスピードと搭載されているスナップショット テクノロジーを統合し、SLA要件を満たすリカバリを提供したいと考えています。Commvault Data Platformは、スナップショット管理機能の拡張要求とオールフラッシュ アレイへの対応要求を満たすことで、お客様が基幹アプリケーションやハイパーバイザ環境において生産性を向上することを可能にします。

Commvaultのワールドワイド アライアンス担当バイス プレジデントであるBrian Allison氏は、次のように述べています。「私たちの次世代ソフトウェア/プラットフォームは、スナップショットとデータ管理に完全にオーケストレーションされたソリューションをお客様に提供します。このパートナーシップを通じて私たちは、Pure Storageのアレイ ベースのスナップショット機能を、より高速に、より簡単に、より低コストで利用できるようにし、アプリケーションやシステム、仮想マシン、データのバックアップ/リカバリを高速化しています」

Commvaultのデータ プラットフォームとソリューション ポートフォリオについて
Commvaultソリューション ポートフォリオ バージョン11はユニークな位置づけで、お客様がデータをアクティブに活用することを可能にします。レガシーのデータ管理から現代のデータ環境への移行を加速することで、重要なビジネスの洞察を解き放ち、お客様のテクノロジー投資から新しい価値を生み出します。Commvaultのソリューション ポートフォリオは、進化するマーケット トレンド、成長分野、お客様のユース ケースを解決することができるデータ保護、リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有ソリューションの分野において、業界をリードする製品で構成されています。Commvault Data Platformは、オープンで標準規格を採用したプラットフォームで、お客様がより良くデータを活用し、ITオペレーションを改善し、サードパーティの革新を実現します。

Commvaultについて
Commvault社は、Singular Visionこそが、今後のデータ管理のニーズに応えることができるより良い方法であるという信念に基づき、Singular Information Management® ソリューションの開発を行っています。このソリューションは、複雑なストレージネットワークにおいて、高性能なデータ保護、あらゆる状況に対応できる可用性、シンプルなデータ管理を実現します。Commvault社のユニークな単一プラットフォームアーキテクチャによって、企業はデータの増加、コスト、リスクをかつてない方法でコントロールできるようになります。Commvault社のSimpana® ソフトウェア製品は、シームレスに連携動作するよういちから設計されており、単一コードと共通の機能セットを共有することで、優れたデータ保護、アーカイブ、レプリケーション、検索、リソース管理の機能を単一プラットフォームで提供します。Commvault社だけが提供できる効率性、パフォーマンス、信頼性、管理の優位性を理解した企業が次々とCommvault社のソリューションのユーザーとなっています。

Commvault社に関する情報はwww.commvault.comをご覧ください。Commvault社の本社は米国ニュージャージー州のティントン・フォールズにあります。CommVault Systems Japan株式会社の本社は〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12Fにあります。

Safe Harbor Statement
Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2015 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "CV" logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.