CommvaultとNutanix、“インビジブル” インフラストラクチャに向けた革新的なデータ保護ソリューションで戦略的パートナーシップを拡大

~ CommvaultソフトウェアとNutanix Acropolis Hypervisorの統合で、非常に高負荷のワークロードニーズにも応えることができる簡単で柔軟性の高いソリューションを提供 ~

[2016年1月19日 米国発表資料抄訳版]

2016年2月22日 - データと情報の統合管理ソリューションを提供するCommvault Systems (本社米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) と、次世代エンタープライズ コンピューティング企業Nutanixは本日、CommvaultによるNutanix Acropolis Hypervisorの統合と対応を発表しました。今回の対応で、Nutanixでデータや仮想マシンの保護およびリカバリをシンプルにするCommvault IntelliSnap®スナップショット管理機能も使用できるようになりました。こうした機能強化は両社のパートナーシップにおける新たな一歩となるもので、仮想化環境にインフラをデプロイする際の予測可能性、拡張性、効率性を容易に向上すると同時に、Commvaultデータ プラットフォームからのリカバリや容易なデータ アクセスに対しお客様に合わせたSLAを提供できる柔軟性を活用することができます。

昨今、企業が求めているのは、インフラストラクチャを真にインビジブル (非可視化) にすることができるTier 1のアプリケーション用データセンター インフラストラクチャです。このようなインフラストラクチャがあれば、ITはビジネスの原動力となるアプリケーションやサービスに集中できます。また、ひとつのソリューションでこうした新しいインフラストラクチャ アーキテクチャに合わせることができる現代的なデータ保護ソリューションの必要性が高まっており、簡単で、拡張性に優れ、セキュアで、あらゆるハイパーバイザーに対応できる必要があります。

ESGのシニア アナリスト、Jason Buffington氏 (@JBuff) は、次のように述べています。「ITプロフェッショナルが注目すべきもっとも重要な2つのトレンドは、仮想化に関するアジリティを高めることと、そうした環境の信頼性やリカバリ機能を確実にすることです。企業が仮想化を進めていく中、コンバージド/ハイパーコンバージド システムが大きな意味を持つようになっています。『本番環境を現代化するなら、保護環境も現代化しなければならない』ので、迅速なスナップショット、アプリケーションを意識したデータ保護、成熟したデータ管理テクノロジーをジョイント ソリューションに統合し、新しいインフラストラクチャのパフォーマンスが高いだけでなく、信頼性とリカバリ力も高いことを保証することも大きな意味があります」

すでにVMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V向けに提供されている機能に加え、Nutanix Acropolis Hypervisorの対応が加わることで、Commvaultは、Nutanixの3つのすべてのハイパーバイザーに、ハードウェア スナップショットによる統合とエージェントレスのデータ保護を提供する唯一のデータ保護ソフトウェア プラットフォームとなります。Commvault IntelliSnapおよびNutanix Acropolis Distributed Storage Fabricスナップショット機能を活用したこの統合により、拡張性の高い高性能ソリューションで最適なハイパーバイザーをシームレスに利用し、リスクおよび労力を軽減することで、お客様がコストの最適化を図ることを可能にしました。

「Commvaultは、仮想化環境およびスナップショットで業界をリードする成果を上げており、そのユニークな立ち位置で、Nutanix Acropolisを利用するハイパーコンバージド環境のお客様に、強化されたデータ保護およびリカバリ機能を提供しています」とCommvaultのワールドワイド アライアンス担当バイス プレジデントを務めるBrian Allison (ブライアン・アリソン) は述べています。「このことは、企業が必要とする包括的なデータ管理ソリューションを提供するという私たちのお約束に重要なマイルストーンを示し、CommvaultとNutanixとの間の親密なエンジニアリング関係を表しています」

Commvaultは、VMware vSphereやMicrosoft Windows Server 2012 Hyper-Vに加え、Nutanix Acropolis Hypervisorにも新たに対応したことで、ハイパーバイザーの管理/保護に関するポートフォリオを拡充しました。

Nutanixの戦略的提携および事業開発担当バイス プレジデントを務めるVenugopal Pai氏は次のように述べています。「Commvaultは、Acropolis Hypervisorリリース初期から、強力にAcropolis Hypervisorをサポートしてくれています。IT組織が必要としているのは、基幹業務向けエンタープライズ アプリケーション向けの包括的なデータ保護および管理ソリューションです。こうした重要な機能を提供するには、Commvaultは理想的なパートナーです。現在、NutanixとCommvaultは、データセンターにおける重要なニーズへの対応に取り組んでいます」

現在、Nutanix Acropolisに対する基本機能の対応は、一部のお客様に提供されています。さらに高度なIntelliSnap機能は、今四半期後半に提供される予定です。NutanixとCommvaultの統合に関する主な機能は、以下のとおりです。

  • 仮想マシンのバックアップをアプリケーション固有のニーズに合わせて、ストリーミング ベースまたはスナップショット ベースでのデータ保護ソリューションを提供。
  • 使いやすいスナップショット管理を利用し、スクリプトを使用することなく、バックアップ ウィンドウを大幅削減し、リストアを高速化。
  • SAP、Oracle、Exchange、SQL Serverなどさまざまなエンタープライズ アプリケーションに対しアプリケーションの整合性を確保。
  • 物理、仮想 (VMware、Hyper-V、Acropolis Hypervisors)、クラウドベースのデータ間の完全な統合ソリューションにより、複雑な複数のポイント ソリューションの必要性を排除。

Sirius Computer Solutionsのインフラストラクチャ戦略担当シニア バイス プレジデントを務めるChris Mierzwa 氏は、次のように述べています。「管理、デプロイ、拡張、保護を容易にするインフラストラクチャを求める組織からの声はますます多くなっています。インフラストラクチャには、ハードウェアだけでなく、その上で稼働しているデータの管理も含まれます。私たちCommvaultとNutanixの技術をベースにしたソリューションの大手プロバイダーとして、今回拡大された統合が、ハイパーコンバージド環境用のデータ管理および保護ソリューションに関するニーズに応えるきわめて魅力的なソリューションになると確信しています」

Nutanixについて
Nutanixは、次世代のエンタープライズ コンピューティング向けのインビジブル・インフラストラクチャを提供することにより、IT部門の地位を向上し、本来の業務であるビジネスに役立つアプリケーションとサービスに集中できるようにします。同社のソフトウェア主導によるXtreme Computing Platformは、コンピューティング、仮想化、ストレージを単一ソリューションにネイティブに統合し、データセンターの簡素化を推進します。Nutanixを利用することで、お客様は予測可能なパフォーマンス、直線的な拡張性、クラウドのようなインフラストラクチャの利用によるメリットを得ることができます。詳細については、www.nutanix.com をご覧いただくか、Twitter @nutanix をフォローしてください。

Commvaultのデータプラットフォームとソリューションポートフォリオについて
Commvaultソリューションポートフォリオバージョン11はユニークな位置づけで、お客様がデータをアクティブに活用することを可能にします。レガシーのデータ管理から現代のデータ環境への移行を加速することで、重要なビジネスの洞察を解き放ち、お客様のテクノロジー投資から新しい価値を生み出します。Commvaultのソリューションポートフォリオは、進化するマーケットトレンド、成長分野、お客様のユースケースを解決することができるデータ保護、リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有ソリューションの分野において、業界をリードする製品で構成されています。Commvault Data Platformは、オープンで標準規格を採用したプラットフォームで、お客様がより良くデータを活用し、ITオペレーションを改善し、サードパーティの革新を実現します。

Commvaultについて
Commvault社は、Singular Visionこそが、今後のデータ管理のニーズに応えることができるより良い方法であるという信念に基づき、Singular Information Management® ソリューションの開発を行っています。このソリューションは、複雑なストレージネットワークにおいて、高性能なデータ保護、あらゆる状況に対応できる可用性、シンプルなデータ管理を実現します。Commvault社のユニークな単一プラットフォームアーキテクチャによって、企業はデータの増加、コスト、リスクをかつてない方法でコントロールできるようになります。Commvault社のSimpana® ソフトウェア製品は、シームレスに連携動作するよういちから設計されており、単一コードと共通の機能セットを共有することで、優れたデータ保護、アーカイブ、レプリケーション、検索、リソース管理の機能を単一プラットフォームで提供します。Commvault社だけが提供できる効率性、パフォーマンス、信頼性、管理の優位性を理解した企業が次々とCommvault社のソリューションのユーザーとなっています。

Commvault社に関する情報はwww.commvault.comをご覧ください。Commvault社の本社は米国ニュージャージー州のティントン・フォールズにあります。CommVault Systems Japan株式会社の本社は〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12Fにあります。

Safe Harbor Statement
Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2015 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "CV" logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.