Commvault日本法人の代表取締役社長兼エリア バイス プレジデントに俵 雄一が就任

~ シスコシステムズとIBMにおけるエグゼクティブの経験を生かし、包括的なデータ統合管理ソリューションの需要の高まりに応え日本での成長を牽引 ~

2016年6月27日 - データと情報の統合管理ソリューションを提供するCommvault Systems (本社: 米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) は、俵雄一 (たわら ゆういち) がCommVault Systems Japan株式会社 (本社:東京都千代田区) の代表取締役社長兼エリア バイス プレジデントにこのほど就任したと発表しました。

俵はシスコシステムズおよびIBMで優れたリーダーシップを発揮してきた実績があり、今後は日本市場におけるCommvaultのさらなる成長を主導します。お客様に選ばれるソリューション プロバイダーとして同社の価値を高め、拡大を続けるクラウドおよび仮想化環境の市場で、お客様が同社のソリューションを活用してデータから価値を見出し、管理できるようサポートしていきます。

アジア太平洋地域・日本担当シアター バイス プレジデントであるOwen Taraniukは次のように述べています。「来年に向け投資を拡大しているわが社で、俵はビジネス開拓を牽引していきます。日本は成長が期待される重要な市場であり、市場をリードするソリューション プロバイダイーを目指して、リセラー、ディストリビューター、アライアンス パートナーと共に販売の加速に取り組んでいきます」

俵は次のように述べています。「日本はアーリー アダプター マーケットとして、Commvaultに非常に大きなビジネス機会をもたらしており、お客様とパートナーの皆さまに業界をリードするソリューションとイノベーションを提供し続けていきます。私たちは、日本ローカルにエキスパートを揃え、お客様のサポート体制をさらに充実させ、お客様のご要望に合わせてチームの拡充を図っていく所存です」

Commvaultは、日本をグローバルでの重要な市場と位置付け、投資を加速する予定で、EMCのエグゼクティブを務めていたOwen Taraniukをアジア太平洋地域・日本事業のトップに任命しており、このたびの俵の就任もそうした変革の一環として決定されたものです。

  <略歴 俵 雄一>     (1962年4月8日生)      宮崎県出身 
 1985年   日本アイ・ビー・エム株式会社 入社 
 2007年10月  理事 コミュニケーション・セクター /通信・メディア事業部長 
 2011年1月  理事 ソフトウェア事業 インフォメーション・マネージメント事業部長 
 2012年  シスコシステムズ 執行役員 データセンター/バーチャライゼーション事業担当 
 2016年5月  Commvault Systems Japan代表取締役社長兼エリアバイスプレジデント

Commvaultについて
Commvaultは、データ保護と情報管理ソリューションのリーディング プロバーダーで、ワールドワイドの企業がデータを活用し、より多くの価値やビジネスに関する洞察を引き出し、現代のデータ環境を変革することに貢献しています。直接提供されるソリューションやサービス、ワールドワイドのパートナーやサービス プロバイダーのネットワークを介し、Commvaultのソリューションは、データ保護/リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有において業界をリードするポートフォリオの1つになっています。Commvaultは、信頼のおける独立ベンダーとして、テクノロジー ビジョン、革新性、実行力において、お客様やサードパーティー インフルエンサーから栄誉を得ています。ハードウェア ビジネスや他のビジネス課題に気を取られることなく、Commvaultはデータ管理ビジネスのみに注力することで、あらゆる規模、あらゆる業種の企業に採用されています。オンプレミスで採用するソリューションとして、モバイル プラットフォーム間で、クラウドからクラウドへ、“aaS (as-a-service)”としてなど、様々な環境で使用されています。Commvaultの本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、NASDAQ (CVLT) に上場しています。ワールドワイドには2,000人以上の社員がいます。「企業のデータをどのように活用することができるのか」 — Commvault社に関するさらに詳しい情報はwww.commvault.comをご覧ください。
CommVault Systems Japan株式会社の本社は〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12Fにあります。

Safe Harbor Statement
Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2016 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "CV" logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.