シンプルで収益性の高い Commvault 新パートナー プログラムを発表

~ 新しい「パートナーアドバンテージプログラム」は、パートナーにより多くのインセンティブの提供、新たな収益の機会創出、早期収益を実現可能に ~

[2019 年 7 月 15 日米国発表リリース抄訳版]

2019年7月19日 - クラウドとオンプレミス環境におけるデータ管理のエンタープライズ向けソフトウェアのグローバル リーダーである Commvault (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) は、新しいグローバル パートナー プログラムを発表し、パートナー ファーストを推進する戦略により大胆かつイノベーティブな一歩を踏み出しました。この新しいパートナー プログラムで、パートナーはより容易で収益性の高い Commvault とのビジネス展開が可能になります。

Commvault は引き続き、業界をリードするデータ保護に関するソフトウェアをお客様に提供し、パートナーが長期的かつ経済的なメリットを得られるよう尽力いたします。「パートナー アドバンテージ プログラム」を通じて利用できる新しい支援内容は、パートナーとのビジネスを加速させ、収入源を増やし、より多くのビジネスを獲得できるように設計されています。

Commvault のパートナーがビジネスから得られる収益はかつてないほど集約され、理解しやすく、収益性の高いものとなっています。パートナーは従来よりも高い率のリベート、さらなる収益を生み出す年度ごとのインセンティブ プログラム、BDF (ビジネス ディベロップメント ファンド) の提供、そして進化した案件登録制度のメリットを享受できるようになりました。

Commvault の Chief Revenue Officer である Riccardo Di Blasio は、次のように述べています。「Commvault はパートナーとお客様の声に耳を傾け、直接のフィードバックに基づいて、Commvault と世界中に広がるパートナー ネットワークとの相互の成功のため、より強固なパートナー プログラムを用意しました。今回の主な目的は、パートナーにとって Commvault との協業をより容易に、かつ収益性の高いものにすることです。Commvault はパートナー ファースト戦略に注力しており、このプログラムは従来に比べ、最もシンプルで透明性が高く、経済的に価値のあるパートナー プログラムとなっています」

今回のパートナー プログラムの強化は業界をリードするものであり、グローバル パートナー エコシステムに対する Commvault の取組みの表れです。Commvault の上位パートナーである Market Builder のプログラムでは従来の倍以上のインセンティブを得ることができる可能性があります。ディストリビューション パートナー様においては、年度ごとの新規顧客の獲得と、既存顧客への追加案件の目標金額を達成することで、前年比平均 1.65 倍のインセンティブを得ることが可能です。

支払い対象とするインセンティブ範囲の拡大に加え、Commvault はパートナー エクスペリエンスの向上のため、トレーニング、セールス イネーブルメント、マーケティング資料、リアル タイム サポートへの容易なアクセスを可能にしました。パートナー ティア プログラムの向上、見積のシンプル化、より簡単な案件登録と案件保護もプログラムに導入されています。

The Enterprise Strategy Group の Channel Acceleration のディレクターである Kevin Rhone は、次のように述べています。「IT パートナーは今日、顧客のビジネス上の課題に対して、複雑な現実世界のソリューションを提供するよう期待されています。そのため彼らは、革新的な技術を提供し、かつ『パートナー主導』でもあるベンダーに頼るようになってきています。Commvault の新しい『パートナー アドバンテージ プログラム』は、あらゆる面に対応します。パートナーが新しい取引を調達し販売することがより容易になったという点において、他社より際立っています。同時に、優れた売上高と純利益をもたらす、多数の魅力的なインセンティブを新たに提供しています。こういったプログラムの強化が長期的な価値を創造し、パートナーの成功につながるのです」 

パートナー プログラムの提供について
新しい「パートナー アドバンテージ プログラム」は、ディストリビューター、ソリューション プロバイダー、グローバル システム インテグレーターとアライアンス、サービス プロバイダーの 4 つのパートナー トラックを提供しています。今回発表された新しいプログラムは、Commvault のディストリビューターとソリューション プロバイダー パートナーを中心としたもので、現在ご利用いただけます。Commvault のグローバル システム インテグレーターとアライアンス、およびサービス プロバイダー用の新しいプログラムは、今年後半に発表される予定です。

Commvault の初期からのパートナー様が新しい「パートナー アドバンテージ プログラム」を称賛
Arrow Electronics’ Enterprise Computing Solutions Business の、Sales のバイス プレジデントである Ben Klay は、次のように述べています。「これらのプログラムの強化は、Commvault およびソリューション プロバイダー コミュニティとの長年にわたるパートナーシップにとって、相互に有益な前進となります。Commvault のプログラムは重要な分野で成功を収めており、データ保護、リカバリおよびデータ管理といった増大する顧客の課題について、より適切な対処をサポートしてくれるでしょう」

Sirius Computer Solutions の Strategic Alliances, Inside Sales, and Maintenance Sales & Support のシニア バイス プレジデントである Deborah Bannworth は、次のように述べています。「Commvault がパートナー ファーストの考え方をフルに取り入れたことは明らかです。Commvault のトップ パートナー および 北米最大のリセラー(VAR) の 1 つである Sirius としては、Commvault がグローバル パートナー エコシステムを実現するために再び巨額の投資を行っていることを嬉しく思っています。競争の激しい市場では、パートナーが進化し、連携して新しい機会を生み出すことが重要です。Commvault はパートナーの声に耳を傾けており、今回の新しいプログラムは、顧客が自社のデータを最大限に活用できるようにするために私たちと協業するという、彼らの取組みを反映しています」

ドイツのヴィースバーデンにある TIM AG の Product Marketing and Business Development のディレクターである Bijan Taleghani は、次のように述べています。「今回の、Commvault 『パートナー アドバンテージ プログラム』の変更および強化について嬉しく思っています。新たなレベルのシンプルさと透明性により、当社のリセラーはかつてないほど早く高収益を達成することができるでしょう。当社は Commvault と長年にわたりパートナーシップを築いており、この新しいパートナー プログラムと市場をリードするマルチクラウドのデータ マネジメント ソリューションにより、お客様にとってさらに有益なものになります」

Commvault について 

Commvault は、業界で認められたデータのバックアップとリカバリのグローバル リーダーです。Commvault の統合データ管理ソリューションは、先進的な企業にとってのバックアップの意味を再定義し、企業の最も重要な資産であるデータを保護/管理/活用するためのソリューションを提供します。Commvault のソフトウェア、ソリューション、サービスは、弊社ならびに信頼できるパートナー様のグローバル エコシステムからご購入いただけます。Commvault は、ワールドワイドで 2,500 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、NASDAQ (CVLT) に上場しています。Commvault 社に関するさらに詳しい情報は https://www.commvault.com/ja-JP をご覧ください。Commvault Systems Japan 株式会社の本社は 〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F にあります。

###

Safe Harbor Statement: Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2019 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "C hexagon” logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, Commvault HyperScale, ScaleProtect, Commvault OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, APSS, Commvault Edge, Commvault GO, Commvault Advantage, Commvault Complete, Commvault Activate, Commvault Orchestrate, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.