Commvault の新しい製品イノベーションが、企業のクラウドへの移行を加速

~最新リリースの新機能で、Commvault のクラウドにおけるリーダーシップを強化~

~ AWS、Azure、Alibaba 向けの新機能は、オンプレミスと複数のクラウド間でワークロードを迅速かつ簡単にバックアップ、リカバリ、移行する企業をより強力にサポート~

2020年4月1日 -  クラウドとオンプレミス環境におけるエンタープライズ向けデータ管理ソフトウェアのグローバル リーダーである Commvault (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT)は、クラウドとオンプレミスの新しいデータ管理機能を含む、最新バージョンの製品の提供を発表しました。これらの機能は、Commvault のクラウド ソリューションの柔軟性とシンプルさを拡張し、お客様が複数のクラウド間でデータをより簡単に保護、制御、管理、使用することを可能にします。これには、AWS データベースのバックアップとリカバリ、AWS、Microsoft Azure、Alibaba Cloud Elastic Compute Service(ECS)などの複数のクラウド間での Oracle および Microsoft SQL データベースの移行のサポート、そして ServiceNow との連携が含まれます。

Commvault の Product Management 部門のバイス プレジデントであるランガ ラジャゴパランは、次のように述べています。「このような困難な時代には、組織がデータ管理に柔軟性を持たせることが重要であり、クラウドはその重要な部分を占めています。今回の新機能により、お客様はより多くのワークロードをクラウドに移行しやすくなり、データがどこにあっても、データの管理と保護により優れたシンプルさと柔軟性を提供します」

クラウドでのワークロードの移行と管理における柔軟性の向上
お客様がワークロードをクラウドに移行するにつれて、さまざまなクラウド プラットフォームでデータを移動および管理する機能が必要になります。今回の発表により、Commvault は次のクラウド機能を拡張しました:

  • お客様が AWS DynamoDB、Redshift、DocumentDB データベース ソリューションをバックアップ、リカバリ、移行できるようにします。
  • お客様が VMware ワークロードを Alibaba Cloud ECS に変換、バックアップ、および移行し、ハイブリッド マルチクラウド環境の柔軟性を向上できるようにします。
  • Oracle および Microsoft SQL データベース アプリケーションの Microsoft Azure への移行をサポートし、お客様が Azure クラウド サービスをハイブリッド環境に統合する機能を拡張します。
  • セルフサービスを可能にする ServiceNow プラットフォームとの更なる連携強化。この緊密な連携により、Commvault のお客様は、ファイル システム、仮想マシン、Microsoft SQL Server ワークロード、その他の ServiceNow カタログ アセットをすべて ServiceNow SaaS プラットフォーム内でバックアップ、リカバリ、移行することができます。
  • Oracle Unix データベースを Linux に、またはその逆に素早く変換する機能を提供します。この新機能により、お客様は、オンプレミスの Unix Oracle データベースをクラウドに、またはクラウド Linux Oracle データベースをオンプレミス インフラストラクチャに簡単に移行できます。この際、Oracle エンタープライズ ライセンスは不要です。
緊密に統合されたユーザー インターフェイスによるシンプルなデータ管理
Commvault ソリューション全体のカスタマー エクスペリエンスをシンプルにするため、一度サインインするだけで、複数のデプロイメントをまとめて管理することができるようになりました。プルダウン メニューから、Commvault のリージョン、データセンター、クライアント、または Commvault Command Center™ 内の他のデプロイメントに対し、すばやくナビゲートできます。また、Commvault Activate™ データ インサイトとガバナンス ソリューションのユーザー エクスペリエンスをさらにシンプルにし、Commvault Command Center からファイル ストレージの最適化、機密データ ガバナンス、eDiscovery に関するデータ収集とレポートへのアクセスをお客様がスケジュール化して行えるようにしました。

Commvault は、オンデマンドの学習リソースを拡張することで、お客様が新しい機能を最大限に活用する方法を容易に理解しやすくします。新機能に関する動画は、Commvault のオンデマンド学習ライブラリに含まれています。

Commvault について 
Commvault は、業界で認められたデータのバックアップとリカバリのグローバル リーダーです。Commvault の統合データ管理ソリューションは、先進的な企業にとってのバックアップの意味を再定義し、企業の最も重要な資産であるデータを保護/管理/活用するためのソリューションを提供します。Commvault のソフトウェア、ソリューション、サービスは、弊社ならびに信頼できるパートナー様のグローバル エコシステムからご購入いただけます。Commvault は、ワールドワイドで 2,300 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、NASDAQ (CVLT) に上場しています。Commvault 社に関するさらに詳しい情報は https://www.commvault.com/ja-JP をご覧ください。Commvault Systems Japan 株式会社の本社は 〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F にあります。

###

Safe Harbor Statement
Customers’ results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault’s beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2020 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the “C hexagon” logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, Commvault HyperScale, ScaleProtect, Commvault OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, APSS, Commvault Edge, Commvault GO, Commvault Advantage, Commvault Complete, Commvault Activate, Commvault Orchestrate, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.