Commvault がエンタープライズ ワークロード向けに分未満のリカバリ SLA を実現し、ハイブリッド クラウドのディザスタ リカバリをよりシンプルに

~ 新しいアップデートで、ランサムウェア対策と事業継続機能を強化

[2020年12月2日米国発表リリース抄訳版]

2020年12月8日 - クラウドとオンプレミス環境におけるエンタープライズ向けデータ管理ソフトウェアのグローバル リーダーである Commvault (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) は Commvault® Disaster Recovery ソリューションの機能強化を発表しました。Commvault Disaster Recovery は、VMware ワークロードの継続的なレプリケーションでリカバリの自動化をサポートします。さらに、Commvault Disaster Recovery はオンプレミス、Microsoft Azure、AWS 間のオーケストレーションをサポートします。

Commvault Disaster Recovery は、直観的なユーザー インタフェースを備えた単一の拡張可能なプラットフォームを通じて、使いやすく、拡張性の高いレプリケーションとディザスタ リカバリの自動化を提供します。フェイルオーバーとフェイルバックの自動化により、検証可能なリカバリ性を提供し、監視とコンプライアンスにも包括的なレポート機能を備えています。また完全自動化されたディザスタ リカバリ機能で堅牢で継続的なデータ レプリケーションを可能にし、分未満の RTO (目標復旧時間) と ゼロに近い RPO (目標復旧時点) の両方を可能にします。

Meridian IT 社のバックアップ リカバリ/ストレージ ソリューション アーキテクト、Steven Hannah 氏は以下のように述べています。「Commvault Disaster Recovery に初日から感動しました。柔軟なリカバリ自動化機能とシンプルな Commvault Command Center とが組み合わさることで、効果的でリアルタイムに近いディザスタ リカバリを顧客のすぐ手元で実現しています。VMware ワークロードのディザスタ リカバリ先として、Microsoft Azure と AWS のサポートが追加されたことは、製品の当然の進化であり、説得力があります」

今回の発表で、Commvault はゾーン内またはリージョン間での Microsoft Azure と AWS の DR 自動化と、シンプルなクロスクラウド マイグレーションをサポートすることが可能になりました。Commvault は今後も複数のクラウドをサポートし、単一のソリューションを使用したロケーションやワークロードを超えて変化し続ける今日のディザスタ リカバリ要件を満たすために求められる選択肢と柔軟性をお客様に提供していきます。

ESG のシニアアナリスト、Christophe Bertrand 氏は以下のように述べています。「ディザスタ リカバリの世界ではエキサイティングな開発が行われていますが、Commvault Disaster Recovery が複数のクラウドをディザスタ リカバリ先として利用し、スピーディーなクロスクラウド変換ができることで、非常に魅力的な製品になっています。今日、世界ではあらゆることが起こっており、どの企業に災害がいつ起こっても不思議はありません。データの損失を軽減し、リカバリ作業を直ちに自動化するために、エンタープライズ マルチクラウド ツールを導入することは非常に重要です」

Commvault Disaster Recovery のこれらの機能強化によってサポートされる追加のユース ケースとしては、クラウド マイグレーション、ストレージ レプリケーションとのシームレスな統合、ランサム保護、サンドボックスでのスマート アプリ検証、データ マスキングを使った DevOps 向けのインスタント マウント機能などが含まれます。

Commvault の製品管理担当バイス プレジデント、Rahul Pawar は次のように述べています。「ランサムウェア攻撃やサイト障害が発生した場合の事業継続は、すべてのビジネスにとって最重要課題です。Commvault Disaster Recovery に追加された新機能は、パブリック クラウドの俊敏性と柔軟性を最大限に活用しながら、お客様に信頼性の高いリカバリを確保するための大きな一歩となりました」

Commvault の Intelligent Data Management ポートフォリオについてのより詳しい情報は、こちらを参照ください。 


Commvault について 

Commvault は、データ レディネスの力を信じています。Commvault は、企業の最も重要な資産であるデータを保存、保護、管理、活用するソリューション通じて、あらゆる規模の組織がデータをインテリジェントに管理できるよう支援しています。Commvault のソフトウェア、ソリューション、サービスは、弊社ならびに信頼できるパートナー様のグローバル エコシステムを通じて提供しています。Commvault は、ワールドワイドで 2,300 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、NASDAQ (CVLT) に上場しています。Commvault 社に関するさらに詳しい情報は www.commvault.com をご覧ください。Commvault Systems Japan 株式会社の本社は 〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F にあります。 

# # #

Safe Harbor Statement: Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2020 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "C hexagon” logo, Commvault Systems, Commvault HyperScale, ScaleProtect, Commvault OnePass, Unified Data Management, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, APSS, Commvault Edge, Commvault GO, Commvault Advantage, Commvault Complete, Commvault Activate, Commvault Orchestrate, Commvault Command Center, Hedvig, Universal Data Plane, the “Cube” logo, Metallic, the “M Wave” logo, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.