機能概要

データ保護機能の概要

Commvault Backup & Recovery とは

対応システム

バックアップ機能

重複排除

ファイルシステム・仮想環境・データベース・クラウドやMicrosoft 365といったSaaS環境までを幅広く対応

フル・増分・差分バックアップに加え合成フルバックアップをサポートすることで高パフォーマンスを実現

従来の重複排除だけでなく複数のバックアップ対象に対して重複排除が可能なグローバル重複排除を搭載

スナップショット管理

トランスフォーメーション

各種ストレージ製品との連携によるアプリケーションとの整合性を保ったスナップショット管理をサポート

移行時やDR時に課題となる仮想マシンからクラウドインスタンスへの変換またはその逆変換もサポート

VM同期

クラウド対応

管理ツール

DRサイトの仮想マシンやクラウドインスタンスへの同期機能によりDRサイトのデータを最新に維持

インスタンス保護だけでなく移行やDR・データのバックアップ先も含め多くのシーンやストレージに対応

設定・運用は1つのコンソールで実行でき担当者別に表示や役割を変更可能なマルチテナント機能も搭載

データ保護を1ツールで

Commvaultなら1ツールでさまざまなプラットフォームやアプリケーションのデータ保護に対応。
保護対象ごとに管理ツールを使い分ける必要がありません。

× ツールの継ぎ足しでサイロ化したバックアップ環境

× 複数の管理ツールが必要なバックアップ製品

Commvault 製品なら

プラットフォーム・アプリケーションに関係なく1つのツールで管理

データの取得パターン

保護対象に応じて下図のような形式でデータのバックアップ/リカバリを行います。
管理コンソールは一般ユーザーによるセルフリカバリにも対応したWebコンソールも提供しています。