機能概要

スナップショット管理

IntelliSnap (インテリスナップ) とは

Commvaultでは「IntelliSnap」( インテリスナップ ) という名称でストレージ製品と連携したハードウェアスナップショット管理機能を提供しています。

ストレージベンダー純正のスナップショット機能とCommvault の IntelliSnap 機能の違い

さまざまなストレージベンダーがハードウェアスナップショットに対応した製品を提供しており、こうしたスナップショット対応ストレージ製品を購入するとスナップショット管理ソフトウェアも提供されます。

ストレージベンダーのスナップショット機能

  • ボリューム単位のスナップショット作成機能を提供します。
  • 一日に複数回スナップショットを作成することでリカバリポイントを複数確保し、復旧までの時間を短縮します。 

Commvault IntelliSnap が提供する3つの主な機能

① アプリケーションとの整合性

  • ストレージ標準のスナップショット管理ソフトウェアではストレージからアプリケーションの動きが分からないため、この問題を解決するにはユーザー側でスクリプトを作成するしかありません。
    この手間は膨大で、1つのアプリケーションで1,200個ものスクリプトを必要としたケースもあります。
  • IntelliSnapならスクリプトを作成することなく、ハードウェアスナップショットとアプリケーションやハイパーバイザーを連携して整合性のあるデータ保護を行うことができます。

データベース :

Emailサーバー :

ファイルシステム :

仮想マシン :

DB2・Informix・Microsoft SQL Server・MySQL・Oracle・SAP・SAP HANA・Sybaseなど

Exchange・Notes

Windows・UNIX

VMware・Hyper-V

② インデックス機能と検索

  • ストレージシステムは数千個ものスナップショットを保持することができるものまでありますが、これらのスナップショットの中から必要なデータを見つけ出すことは困難で、ボリューム単位のスナップショットをいくつか保持しておくというのが一般的な使い方です。
  • IntelliSnapではインデックス機能によって、バックアップを取得しなくてもスナップショットに含まれるアプリケーションや仮想マシンの情報をカタログ化することができ、スナップショットから対象データを検索しリストアすることができます。

③ スナップショットからのバックアップ実行

  • IntelliSnapを使用してスナップショットを取得することで、
    そのスナップショットをバックアップすることもできます。

    これにより本番環境にほとんど影響を与えることなくバッ
    クアップを取得し、外部メディア(セカンダリーストレージ・
    テープ・クラウドストレージなど)にデータを保管すること
    ができるため、ストレージシステムのハードウェア故障に
    備えることもできます。

    データ容量が膨大なためバックアップが完了しないという
    場合でも、IntelliSnapは最適なソリューションとなります。

IntelliSnapを使用したVMware仮想マシンのバックアップ例

IntelliSnapによって仮想環境における数百台規模のVMを短時間でバックアップすることができます。
※ 詳細はこちらから

通常のVADPバックアップ

VM
スナップ作成

VM
バックアップ処理

VM
スナップ削除

←  バックアップ中のVMに対する影響時間 →

  • バックアップ処理中の仮想マシンへの更新量が多い場合

ESXが保持する差分情報が多くなり、スナップショット削除後の更新差分マージ処理の負荷によって最悪の場合は
処理中のESX上の仮想マシンが無応答状態になります。

IntelliSnapを使用したバックアップ

VM
スナップ作成

H/W
スナップ作成

VM
スナップ削除

H/Wスナップから
Commvaultへのバックアップ

← バックアップ中のVMに対する影響時間 →

←バックアップ中のVMへは影響なし→

  • Intellisnapの場合

更新差分情報はハードウェアスナップショット作成までの短期間保持になるため、更新差分は少なくなりスナップショット削除後の更新差分マージ処理の負荷は大きく軽減されます。
また作成されたH/WスナップをCommvaultへバックアップすることができます。

IntelliSnap 対応ストレージ製品

NEC・Pure Storage・Nutanix・NetApp・HP・日立・富士通・EMCなど多くのストレージ製品に対応しています。

IntelliSnap Connect プログラム

Commvaultではさまざまなストレージ製品に対応するために「IntelliSnap Connectプログラム」を用意しており、このプログラムに参加されている多くのストレージベンダーと共に各社のハードウェアスナップショット機能とCommvaultとの連携を図っています。