データ重複排除

ソース/ターゲット側、グローバル重複排除によるディスクの効率的使用とネットワーク トラフィックの削減

重複排除は、バックアップ時、データの重複ブロックを見つけ、排除し、変更ブロックのみを書き込むことで、ディスクを効率的に使用することを可能にするテクノロジーです。Commvaultの重複排除機能は、ソフトウェアだけで、ソース側、ターゲット側、もしくはその両方など、最も意味のある所にデータ重複排除を導入することができます。ソース側でデータ重複排除すれば、ユニークなデータのみを転送することができ、バックアップ時のネットワーク トラフィックを削減することができます。ターゲット側でデータ重複排除すれば、バックアップ対象クライアントのCPU使用率を下げることができます。

また、Commvaultならグローバル重複排除機能にも対応しているので、複数のストレージ間で重複データを共有し削減することが可能です。

 

主な機能: データ重複排除 | アーカイブ | ストレージ スナップショット連携 |  クラウド ストレージ | マルチテナント機能

 

【関連ページ】