VMライブ リカバリ オプション

さまざまなVMライブ リカバリ オプションで厳しいリカバリ要件を満たす

Commvault Live Recovery

迅速なリカバリとは、ビジネスとその継続性に対する安心を意味します。
 

このデモ動画では、迅速かつ簡単にバックアップ コピーから仮想マシンを起動し、
本番環境でリカバリしながら仮想マシンを使用する方法をご紹介します。

 

Commvaultは、仮想マシンをより迅速に障害から復旧するため、下記4つのライブ リカバリ オプションを提供しています。

  • ライブ シンク VMレプリケーション:
    ~ DRサイトの構築/維持に~ 
    DRサイトにバックアップ データを保管しておくだけでなく、いざという時VMの電源をオンするだけで運用を開始したいという場合、ライブ シンク機能をご使用いただくことで、仮想マシンの変更分だけを自動的に転送し、DR用のVMにリストアし続けることを可能にします。これによりDR用のVMを継続的に最新状態に更新しておくことができます。本番データに1回アクセスするだけで、バックアップとディザスタ リカバリ (DR) 対策が同時に行えます。
  • ライブ ファイル リストア: 仮想マシンのバックアップ時にインデックス処理を行わず、リストア時にインデックスを作成することができるので、高速なバックアップとファイル レベル リストアの両方を実現します。
  • ライブ マウント: 仮想マシンをバックアップからディスク上へリストアすることなく、ダイレクトに電源オンすることが可能です。
  • ライブ リストア: 仮想マシンのリストアの完了を待たずに仮想マシンを利用開始できます。運用環境へのコピーと変更点の反映は、バックグラウンド処理で行なわれます。

主な機能: 
データ重複排除 | アーカイブ | ストレージ スナップショット連携 | 仮想マシンのクラウド移行 | VMライブ リカバリ オプション | 
クラウド ストレージ | マルチテナント機能 |