Commvault Disaster Recovery

  

オーケストレーション、自動化、リカバリ検証機能を備えた使いやすいディザスタ リカバリ ソリューションで、オンプレミス環境とクラウド環境の両方の事業継続性を確保するのに役立ちます。

  

 

Commvault® Disaster Recovery のご紹介

クラウド、VM、コンテナ、アプリケーション、データベース、エンドポイントなど、ワークロードの数や種類が増えれば増えるほど、これらすべてを保護し管理することはどんどん複雑になります。マルチクラウド連携、ワンクリック フェイルオーバー、マルチテナンシーのサポート、ライブ レプリケーション、直感的なレポート機能を備えた Commvault は、データがどこにあっても、データ環境全体の保護とリカバリを可能にします。

 

     
シンプルな自動ディザスタ リカバリ
オーケストレーション
ワンクリックでのフェイルオーバーと
フェイルバックに対応
 
 検証可能なリカバビリティ
DRテストの自動化、レポート、
コンプライアンスの検証に対応
 
スケーラブルで柔軟な
レプリケーション
柔軟なRPOで、データとワークロードの
ミッションクリティカル性を適切にバランス

 

事業継続性を確保し、ダウンタイムを回避

コピー データ管理による独自のセキュリティ機能と検証可能なリカバリ性という利点が加わることで、
Commvaultは、推量だけで行うデータとワークロード保護の作業をなくします。

 

Commvault Disaster Recovery の機能
 
 

DRオーケストレーションの容易な実装    高速で柔軟なレプリケーション
  • DRスクリプトの自動化とワンクリックでのフェイルオーバーとフェイルバックで、簡単な導入と簡単な操作を実現
  • コンプライアンス レポートの自動化
  • クラウド間のデータ ポータビリティ
 
  • VM、アプリケーション、ストレージの高速なスナップショット レプリケーション
  • スナップショット バックアップとリカバリの自動化。1対多のレプリケーションにより、ローカルとリモートのプラットフォームを同時にターゲットとしたレプリケーションを可能に
  • 柔軟なRPOで、データとワークロードのミッションクリティカル性を適切にバランス
最適なコストでクラウド データ モビリティを確保    回復力のあるランサムウェア対策とセキュリティ
  • VMware Cloud を使って、クラウドへの/クラウドからの/クラウド内でのデータやワークロードのバックアップ、リカバリ、移動を容易に実現
  • クラウドやオンプレミスで必要なインフラを最小限に抑えてコストを削減
  • クラウドとオンプレミスでデータとワークロードの最適化
 
  • データ保存時の暗号化やデータ転送時の暗号化も含め、エンドツーエンドの暗号化機能を標準搭載してデータを保護
  • DRサイトでの複製データの定期的なセキュリティスキャンにより、複製デーをセキュアに保護
コピー データ管理で検証可能なリカバリ性
    
  • DR用複製データを検証し、いざという時、本番環境での使用が可能であることを確認
  • アップグレードとパッチのテスト
  • DevOpsの推進
 

 


仕様とメリットの詳細は、Commvault Disaster Recovery Datasheet をご覧ください。

 

 
  

単一のビューでシステム環境全体を管理

Commvault Command Center™ は、データ保護と災害復旧計画を管理するためのWebベースのユーザー インターフェイスです。日常的なデータ保護とリカバリ タスクの実行にデフォルトの設定値と合理的な手順を提供します。

Commvault Command Center を使用して、データ保護環境を設定し、保護するコンテンツを見つけ出し、バックアップやリストアを実行または監視します。ダウンロード、フォーム、分析など、さまざまなコンポーネントに簡単にアクセスできます。また、ロールベースのアクセス制御により、セルフサービスに必要な制御された環境を提供することができ、管理者や IT サポート スタッフの負荷を軽減することができます。