ブログ

Commvault を使った Office 365 のデータ保護で働き方改革に安心を

2018年7月3日投稿 by  伊吹山 正郁

Commvault for Office 365は、Microsoft Office 365 のコア サービスである Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive のデータ保護とリカバリに対応しており、大企業または多くの個々の組織を管理するサービス プロバイダーのニーズを満たす包括的データ保護ソリューションを提供します。
さらに詳しく読む...


データ保護におけるクラウド対応のあるべき姿とは?

2018年6月12日投稿 by  伊吹山 正郁

今日、世界中の 93% の企業がクラウドを何らかの形で活用しており、「クラウド」は企業のビジネスに不可欠なシステムとなっています。
さらに詳しく読む...


インフラストラクチャ モダナイゼーションを成功に導くための 5 つの鍵

2018年5月21日投稿 by  伊吹山 正郁

事業戦略の策定には、データ主導による意思決定がますます大きな役割を果たしています。それにもかかわらず、多くの企業はデータの管理/保護/活用に苦労しています。データ保護規制がいっそう厳しくなり、費用効果の高いコンプライアンスが求められている中で、これまでにないほどデータ保護、活用の取り組みは重要になっています。
さらに詳しく読む...


World Backup Day – すべての企業が考えるべきこと

2018年3月30日投稿 by 俵 雄一

3月31日(土)は、World Backup Dayです。日本では多くの企業が4月1日から新年度を迎えます。この機会に経営者の方々に、データのあり方や状況を確認し対策について考えていただければ幸いです。
さらに詳しく読む...


クラウドにおけるデータ管理:俊敏性の追求

2018年3月16日投稿 by 伊吹山 正郁

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。唯一生き残るのは変化する者である。」というチャールズ・ダーウィンの名言は、誰もが聞いたことがあるでしょう。これはIT インフラにも当てはまります。IT インフラは、オンプレミスの仮想化や物理システムから、クラウドや SaaS (Software as a Service) へと進化を遂げてきました。
さらに詳しく読む...


2017 年の「データの新たな幕開け」を支えた 5 つの要素

2018年01月29日投稿 by 俵 雄一

2017 年は、様々なことが起こった年でした。WannaCry などのランサムウェアの攻撃をはじめ、GDPR などまもなく施行される新しいデータ規制、日々高まる IT 効率化への要求により、データ、そしてデータ保護が新たにフォーカスされるようになりました。データは情報主導型ビジネスにおける要であり、2017 年は、経営者が戦略上重要な資産の管理に注目した年でした。これにより、データは新たな幕開けを迎えることとなったのです。
さらに詳しく読む...


「知識は力なり」 はクラウドでも変わりなし

2017年12月21日投稿 by 伊吹山 正郁

アルベルト・アインシュタインはこう言いました。「どんな愚か者でも知ることはできる。肝心なのは、理解することだ。
今日の消費者は、複数のタッチ ポイントを通じて知られる自分の好みにあわせた、パーソナライズされた体験を期待しています。データ保護の法令を順守しつつ、顧客が求めるものを提供しようと企業が奮闘する中で、魅力的な顧客体験を創造することは、データの科学に裏打ちされたある種の芸術といえます。
さらに詳しく読む...


データ管理システムが「問題なく機能する」レベルで満足してはいけない理由

2017年10月20日投稿 by 俵 雄一

企業のエグゼクティブの皆様とお話しすると、自社のデータ管理システムにかなり満足しているとおっしゃる方が多いです。ビジネス上の金銭的な損失を招くシステム停止が起こらず、話題になった最近のマルウェア攻撃も受けていません。そのため、「データ管理システムは問題なく機能しているのに、なぜうまくいっているものに手を入れる必要があるのか」と彼らは言います。
さらに詳しく読む...


企業のデータ保護戦略

2017年10月6日投稿 by 伊吹山 正郁

バックアップ テクノロジーは現在、企業が既存のITインフラを刷新する際の最初の検討事項となっています。データの重要性が増し、アプリケーションとリカバリの要件も厳しくなっていることから、バックアップ テクノロジーは全体的なデータ マネジメント戦略において不可欠な要素となりつつあります。
さらに詳しく読む...


データ: 情報主導型企業の鼓動

2017年9月20日投稿 by 俵 雄一

人間の心拍数は、1日に10万回以上、1年ではおよそ4,000万回、生涯を通じて30億回にもなります。人間の心臓と同じように、データは「鼓動」して、デジタル経済を動かし、顧客主導の経済を実現しています。
さらに詳しく読む...