製品情報

HyperScale X によるスケールアウト型データ保護ソリューション

スケールアウト型バックアップ ストレージをオンプレミスで提供

HyperScale X は Commvault Complete Backup and Recovery ソフトウェアをスケールアウト型のインフラストラクチャとして提供することで、スケールアウト型のバックアップストレージ環境をオンプレミスへ導入することができます。
これによりハードウェアリソースの改善とコストの最適化・アップグレードが不要なシームレスなストレージの拡張を行うことができます。

実装方法の選択

スケールアウト型の実装方法は以下のソフトウェア型またはアプライアンス型から選択することができます。

  • HyperScale Software

Commvaultがサポートするスケールアウトインフラストラクチャからハードウェアを選択し、Commvault HyperScale Softwareを実装することができます。

  • 業界をリードするハードウェアパートナーのハードウェアモデルを柔軟に選択できます。

※ 実装・管理・サポートを高速化するため、テスト済み構成を提供しています。
※ 対応モデルはこちらから

  • HyperScale Appliance

HyperScale Appliance はコンピュート・ストレージ・Commvault Software を1 つのオールインワンアプライアンスに統合することができます。

  • 専用ハードウェアを追加することなくスケールアウト型バックアップストレージ環境を導入できます。

モデル

HyperScale Applianceには下記のモデルがあります。サブスクリプション更新時にハードウェアを交換させていただきます。
( 3~5年一括払いのサブスクリプションライセンスを提供 )

HyperScale Appliance 2300

  • 実効容量 25~88TB
  • スケールアウト型
  • 中規模~大規模環境用

HyperScale Appliance 4300

  • 実効容量 151~264TB
  • スケールアウト型
  • 大規模~超大規模環境
    または MSP用

Remote Office Appliance 1200

  • 実効容量 15TB
  • スケールアップ型

スケールアウト機能はありません。HyperScale環境の一部としてリモートオフィスに導入、またはスタンドアロンバックアップ・リカバリ用のアプライアンスとして使用します。