製品情報

Metallic による短時間でのデータ保護環境の構築

BaaS (Backup-as-a-Service) によるシンプルなバックアップシステムを提供

バックアップシステムを導入する際の最初の課題として、バックアップシステム自体の環境構築やバックアップストレージの準備など多岐にわたり、またバックアップ対象の増加に伴い運用負荷も上昇していく傾向があります。

Metallicクラウドバックアップサービスを利用することでこういった課題を解決することができます。
管理者は管理コンソールへWebアクセスを行い、数ステップの操作でバックアップの設定を完了させることができます。

Metallicを選択する理由

SaaSアプリケーションの
バックアップを検討しているが

バックアップシステムの
構築や設定・運用が面倒

ランサムウェアの対策は
既に実施済みだが

バックアップシステムへの
感染を懸念している

バックアップシステムは
既に導入しているが

設備の維持・拡張が
負担になっている

クラウドバックアップ
サービスを検討しているが

サービス提供ベンダーの
セキュリティ対策が不安

Microsoft 365

Exchange, SharePoint, OneDrive, Teams の
データを保護します

Salesforce

Salesforceのオブジェクトやファイルを保護・Sandboxへのリストアにも対応しています

Dynamics 365

Dynamics 365のCRMアプリケーションデータを保護します

Endpoint

ノートPCやデスクトップPC内のデータの保護やセルフリカバリ機能を提供します

VM & Kubernetes

オンプレミスの仮想マシン・クラウド上の仮想マシンやコンテナを保護します

File & Object

オンプレミスのファイルサーバやクラウドストレージ内のファイルを保護します

Database

オンプレミスのデータベースやクラウドデータベースを保護します

Azure Active Directory

Azure Active Directoryのデータを保護します

すべてをクラウドからコントロール

バックアップに必要な設定や操作はすべてクラウド上のWebコンソールで実行することができます。
特別なツールを導入する必要はありません。

Webコンソールの画面 ( Microsoft 365アプリケーションのバックアップ設定一覧画面 )

Microsoft 365のバックアップ設定は数ステップで完了

MetallicではMicrosoft 365アプリケーションのバックアップ設定も短時間で行うことができます。
バックアップで必要となるAzureアプリケーションの作成やサービスアカウントの追加もMetallicのExpress設定によって数ステップで完了させることができます。

  • Exchangeオンラインの設定画面例 ( Azureアプリケーションやサービスアカウントは自動生成されます )
    この操作の後はバックアップしたいメールボックスをブラウザで指定するだけです。

バックアップデータはAzureクラウドへ保存

バックアップデータはMicrosoft Azureストレージ内へ暗号化保存されます。
SaaSアプリケーション・エンドポイントについてはMicrosoft Azureストレージの容量制限はありません。

※ お客様側でAzureを契約する必要はありません。
※ データ保存先のMicrosoft Azureリージョンは日本を選択することもできます。
※ BYOクラウド/オンプレミス ストレージへのデータ保存はBackup Gateway (ソフトウェア) の導入が必要になります。
※ SaaSアプリケーションのデータ保存先はMetallicストレージのみになります。

Microsoft パートナーシップ

Commvaultはデータ管理のためのSaaSおよびクラウドテクノロジーを提供
するためにMicrosoftと戦略的契約を締結しています。( 
リリースページへ )

資料請求・お問い合わせ

対応アプリケーションの詳細やライセンス体系などの資料請求・お問い合わせは以下のボタンリンクよりお願い致します。