クラウド データ管理

クラウド データ管理ソフトウェアは、さまざまなクラウドとオンプレミスの環境間でデータを移動、管理、使用する柔軟性を提供する必要があります。

Commvaultならこれを実現し、マルチ クラウド データ管理プロセスを効率化することができます。

 

WEBセミナー オンデマンド視聴: どうする? マルチクラウド ~ クラウドへの移行とデータ保護 ~

 

クラウド全体のデータをすばやく把握し、アクセス、管理、保護

   
データの移動   データの管理   データの使用
ファイル、アプリケーション、データベース、ハイパーバイザー、クラウド   Commvaultクラウド管理   バックアップ、リカバリ、管理、電子情報開示 (eDiscovery)

 

Commvaultでマルチ クラウド データ管理、移行、リカバリを簡単に

 

 

進化する組織のためのクラウド データ管理ソリューション

ひとつのCommvaultダッシュボードから、パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウド環境にあるデータの現在の状態をまとめて把握できます。

今日のクラウドは、データとワークロードを絶えず使用可能な状態で保持しておくことに非常に優れています。Commvaultは、複雑な組織のデータ復旧SLAにも応えることができるように設計された実績ある自動化ツールで、業界トップのパブリック クラウドとプライベート クラウドを補完します。

Commvaultを使用すると、クラウドへのバックアップ、または複数のクラウドにまたがるバックアップが、これまでになく簡単に、効率的に行えます。クラウドのデータ管理はすべて、単一のインターフェイスからコントロールできます。Commvaultソフトウェアを使用してマルチクラウドデータ保護を行う方法について、下記から約2分のデモ動画をご覧ください。
 

   このデモ動画では、Commvaultを使ってクラウド ストレージへデータをバックアップする方法をご紹介します。 

  


「Commvaultのソフトウェア ソリューションは、ネイティブ クラウド ツールのギャップを埋め、マクドナルドのクラウド サービス チームが必要とするすべてのユース ケースに対応し、データベース全体で最適化された効果的なバックアップを提供してくれます。Commvaultのソリューションは、AWSとMicrosoft Azureクラウド サーバー全体のパフォーマンスを調整し、データの重複排除と圧縮によってコスト削減を推進します」

— Douglas Leonard氏 - マクドナルド社 クラウド サービス ディレクター
 

 

 

 

ひとつのコントロール センターからクラウド ディザスタ リカバリを管理

ディザスタ リカバリ (災害復旧) を効率化しシンプル化します。クラウド データ移行、毎日のデータ保護タスク、クラウドのディザスタ リカバリをすべて同じインターフェイスで管理できます。つまり、Commvaultを使用すると、日々の業務に使用しているのと同じインターフェイスを使って、クラウドのディザスタ リカバリも簡単に管理できるようになります。

より少ないコスト、労力、リスクで、複数のクラウドのディザスタ リカバリとテストさえも自動化することが可能です。データベース全体をリカバリする場合も、ひとつのファイルだけリカバリする場合も、迅速なリカバリと柔軟なリストアが自信を持って行えます。

 

クラウド データ管理プラットフォームを1つ選ぶ

成長している組織は、バックアップ製品とディザスタ リカバリ製品を複数持っていることがよくあります。しかし、ビジネス ユースケースが複雑になってくると、包括的クラウド管理プラットフォームがひとつあれば、データ管理を効率化することができます。Commvaultなら、古いバックアップとアーカイブをクラウド ストレージに直接移動することで、レガシー バックアップ製品を効率的に置き換えます。まず、バックアップSLAを満たすクラウドを選択し、それから、日付スタンプを保持したまま古いワークロードを移動することができます。

ポイント ソリューションは、製品間でのやりとりが行えず、スキル セットがバラバラで、サポート レベルも更新時期も異なります。複数のクラウドを採用を進める場合、こうしたポイント ソリューションは置き換えの絶好のタイミングです。ひとつのクラウド管理ソリューションで連携、統合するのが賢明な判断です。

Commvaultソフトウェアは下記システムのレガシー バックアップとアーカイブを自動的にキャプチャし、クラウドへデータ移行を行うことができます。

  • Veritas NetBackup
  • Veritas BackupExec
  • IBM Spectrum Protect(Tivoli Storage Manager - TSM)
  • Dell EMC NetWorker
  • Dell EMC Avamar
  • Microsoft Data Protection Manager (DPM)
  • Microfocus Data Protector (旧HP Data Protector)

 

クラウド パートナーとの連携

Commvaultソフトウェアは、パブリック クラウドとプライベート クラウドで40以上のクラウド ストレージ オプションをサポートしています。データ ストレージの場所、ハイブリッドIT環境における一貫したSLA (サービス レベル アグリーメント)、クラウドとオンプレミスにあるワークロードのポリシー制御管理に包括的なビューを提供します。

 サポートしているテクノロジーを見る >

 

最新のクラウドデータ管理のための自動化とAI

急速に変化するデータとテクノロジーの世界で、Commvaultは、お客様のデータ管理戦略に合わせた作業時間削減のための独自の機能を提供します。

  • 自動リソース管理
  • オンデマンドで即時に拡大/縮小可能なリソースを使用する
  • リソースのプロビジョニングとリタイアを採用する
  • 仮想マシンのエージェントレス バックアップを選択する
  • 既存のオンプレミス ポリシーをクラウド データに拡張する

組み込みの人工知能 (AI)と機械学習 (ML) は、データ操作タスクの分析と自動化に役立ちます。ITとデータ管理ソフトウェアとのかかわり方を再定義する ”自律運用” エクスペリエンスにより、リソースと労力を削減します。Commvaultソフトウェアで例外を管理し、定義されたSLAに基づいて人の介入が必要となるイベントまたはアクションを識別します。

 

デジタル トランスフォーメーションのための幅広いマルチ クラウド データ管理

複数のクラウドを利用して組織を変革する際、Commvaultは変化するビジネス ユース ケースに対応できる柔軟性を備えています。Commvaultソフトウェアは以下の機能を提供します。

✔ クラウドへのバックアップ/リカバリ
✔ クラウドでのバックアップ/リカバリ
✔ クラウドへのアプリケーションとデータの移行
✔ インプレース、アウトオブプレース、オンプレミス、クラウドベースでのディザスタ リカバリ
✔ 物理からクラウド、クラウドからクラウド、異なるハイパーバイザー間での移行のサポート

Commvaultを使用すると、オンプレミスのデータセンター、パブリック クラウド、プライベート クラウドにまたがるデータをまとめて管理することができ、一貫性のある戦略的なデータ管理手法を備えた俊敏なIT組織を作ることができます。