クラウド データ移行

速い。シンプル。スケーラブル。
これが、準備万端と言えるクラウドデータ移行です。変化するデータのニーズに対応するには、どのような柔軟性が必要ですか?

 

エンタープライズ バックアップとリカバリのスペシャリスト、Benjamin Roper,氏は、Commvaultを使用したオンプレミスとクラウドのバックアップとリカバリ環境全体を管理する方法について説明します。

 

セキュアで効率的​​かつ高速なクラウド データ移行

これがクラウド データの移行のあるべき姿であり、Commvaultデータ移行ソフトウェアを使用することによりこれを実現することができます。クラウドを使用する理由は頻繁に変化しますが、その理由はまったく異なる場合があります。

クラウド データ管理 の中で特に多いニースは、データ移行を効率的に管理することです。

  • クラウドへ移行
  • 複数のクラウドにまたがった移行
  • クラウドの地理的地域を超えて移行
  • オンプレミスのデータセンターに戻す

Commvaultを使用すると、データ ストレージのニーズとクラウド データ移行をシームレスに連携することができます。本番データを簡単に移動したり、データ アーカイブの二次または三次のストレージ ターゲットとしてクラウドを選択したりすることができます。 

多くはクラウド ワークロードを移行することで、緊急時にデータを利用できるようにしています。クラウドベースのディザスタ リカバリで、SLAを満たし、地域を越えてデータを復旧し、変更不可のクラウド ストレージでデータを保護する柔軟性を持つことができます。これが準備万端のクラウドです。

強力なクラウド データ保護戦略には、クラウド データ移行、クラウド ディザスタ リカバリ、継続的なクラウド データ管理の計画が含まれます。戦略を策定するには、CommvaultまたはCommvaultパートナーにお問い合わせください。
 
  

AWSクラウド移行とデータ保護を1ツールで

本WEBセミナーでは、Amazon Web Services(AWS) 環境を例に、クラウドへの移行から災害対策まで1ツールで実現可能なCommvaultソリューションについてデモを交えながらご紹介します。

✔ オンプレミス環境からクラウド環境へのスムーズな移行
✔ 移行後のクラウド環境のデータ保護
✔ クラウド環境をDRサイトとして使用する場合
✔ 災害復旧後のクラウド環境からオンプレミス環境へのフェイルバック

WEBセミナーをオンデマンドで見る >

 

効率的なクラウド データ移行とは 

今日のクラウド プロバイダーは、データとワークロードを永続的に使用可能な状態に保つのに優れています。データ移行に関しては、データとワークロードを選択したクラウドの場所に移動する際に必要となる自動化とセキュリティをCommvaultが提供します。Commvaultは、お客様のクラウド データ保護SLAを満たすように設計された実績ある自動化クラウド移行ツールで、今日の業界トップのパブリック クラウドとプライベート クラウドを補完します。

これまでネイティブのクラウド ツールを使用してクラウド移行を試みてきた場合、課題に直面したことがあるかもしれません。クラウドごとに別々のツールを使用し、さらにオンプレミスのデータ用に他のツールを使用すると、作業が重複し、矛盾が生じ、必要以上に時間を費やすことになるからです。

 

Commvaultでクラウド データ移行を効率化

✔ 組み込みの圧縮機能により、データを可能な限り縮小します
✔ 組み込みの重複排除機能により、クラウドに移動するデータの量を削減します
✔ 暗号化により、転送処理中のワークロードを保護します
✔ 統合されたレポートは、成功、失敗、ジョブの再起動を表示します
✔ ワークロードの移行が成功してセキュアであることを簡単に確認できます

何よりも優れているのは、自動化とオーケストレーションによりCommvaultのデータ移行プロセスがさらに効率化されることです。プロセス フローを一度定義すれば、データ プロジェクト全体に一貫して適用することができます。自動化により、クラウド移行にかかる時間と労力を節約できます。

  


「クラウド プロバイダー間でワークロードを簡単に移動できるようになったので、価格もお得に利用することができるようになりました。これにより、クラウド サーバーあたりのコストを約20%削減することができました」

Michael Catrini氏 - UConn Health社、Assistant Vice President

導入事例を読む >

 

 

 

スケーラブルなクラウド データ移行 

クラウドに移動する大容量データでもスムーズに管理できます。Commvaultは、Azure Data BoxやAWS Snowballなどのツールとシームレスに連携できます。大規模なデータ移行のために追加のサードパーティ製のアプライアンスを用意する必要はありません。Commvaultソフトウェアは、以下の大規模データ移行ツールとシームレスに統合されています。

✔ Microsoft Azure Data Boxファミリ (Data Box、Data Box Disk、Data Box Heavy、Data Box Edge、Data Box Gateway)
✔ AWS Snowball (AWS Snowball、AWS Snowball Edge、AWS Snowmobile)
✔ Google Transfer Appliance

Commvaultは、これらパブリック クラウドの大規模データ移行ツールと連携することで、大規模なデータ移行のためにサードパーティ製アプライアンスを追加で必要とする競合他社よりも、よりセキュアなデータ移行を実現します。

  


「Azure Data Box を使用して Commvault でデータ管理をアップロード、コピー、同期したところ、Commvaultがなければかかっていた時間の3分の1 で済み、ネットワーク パフォーマンスや機密情報へのリスクを回避することができました」

— Brian Blum氏 - セントラル フロリダ大学、Senior Systems Administrator

導入事例を読む >

 

 

 

ハイパーバイザーとクラウドへの柔軟な仮想マシン データ移行 

多くの組織では、さまざまなビジネス目標のために仮想マシンをクラウドへ移行しています。100台の仮想マシンを移動する場合でも、数千台の仮想マシンを移動する場合でも、Commvaultは仮想マシンのクラウドへの移行を高速化し、ワークロードの場所にさまざまな選択肢を提供します。

Commvaultはワンクリックで仮想マシンを選択したクラウドに移行することができます。クラウドへの仮想マシンの移行を1回限りの操作として選択したり、ディザスタ リカバリや開発/テスト運用などの一般的なユースケースで定期的なクラウド コピーの作成を自動化したりできます。

Commvaultは、ハイパーバイザー間のデータ移行を迅速に行います。Commvaultのデータ移行はハイパーバイザー レイヤーから抽象化されているため、さまざまなハイパーバイザーとクラウドにまたがるバックアップとリカバリに比類のない柔軟性を提供します。

 

クラウド データ移行による費用対効果の高いデータ アーカイブ

多くの組織は、テープ管理の物理的な仕事に慣れていない従業員にとって、テープ ストレージはもはや経済的、効率的なものではなく、快適なものですらないことを認識しています。組織によっては、Commvaultを使用して大規模なデータ移行を管理し、アーカイブ全体をクラウドへ移動しています。また、SLAがデータをアーカイブする必要があると判断した場合、Commvaultの事前設定された保持スケジュールを使用して、ワークロードを自動的にコールド クラウド ストレージに移動している組織もあります。

幅広いクラウド ストレージオプションを備えたCommvaultは、アーカイブをクラウドに迅速に移動するのに役立ちます。Commvaultは、Microsoft Azure Blobストレージ (Cool、Archive、Immutable)、Amazon S3 Glacier、Amazon S3 Glacier Deep Archive、Google Cloud Platform Coldline Storageなど、複数のクラウド アーカイブ ストレージ オプションへとのネイティブ統合を提供しています。

 

クラウド パートナーとの連携

Commvaultクラウド移行ソフトウェアは、パブリック クラウドとプライベート クラウドで40以上のクラウド ストレージ オプションをサポートしています。データ ストレージの場所、ハイブリッドIT環境における一貫したSLA (サービス レベル アグリーメント)、クラウドとオンプレミスにあるワークロードのポリシー制御管理に包括的なビューを提供します。

 サポートしているテクノロジーを見る >