ディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリは
”もし” ではなく ”いつ” 起こるかの問題

自然災害、ハードウェア故障、情報漏洩、ランサムウェア攻撃など避けることのできないデータ損失リスクはさまざまです。大切なことはこれらリスクに備え、問題が発生した時すぐにデータが復旧できるよう万全のディザスタ リカバリ プランを用意しておくことです。

 

すべてのデータの重要性は等しく同じではないので、SLA (サービス品質保証契約) に合わせ、リカバリ要求とコストのバランスを取ることが必要です。 リカバリ時間はデータの重要性と連動すべきですが、リカバリ手順が複雑にならないようひとつのソリューションで行うべきです。 Commvaultならデータがどこにあっても、SLAに合わせたさまざまなリカバリの選択肢を提供します。

 

災害は誰にでも起こりますが、準備をしているかどうかはあなた次第です

リカバリの準備をするということは、まずバックアップ インフラがセキュアであることが前提です。ディザスタ リカバリ レディネスにシンプルな包括ビューを提供するCommvaultのダッシュボードは、うまく動作している所はどこか、改善が必要な所はどこかを表示します。この機能によりリカバリに影響を与える問題を迅速に解決することができます。

  さまざまなデータの種類、アプリケーション、ハイパーバイザーのサポート

  SLAを満たす複数のRPO (Recovery Point Objective) のサポート

 オンプレミスへの/オンプレミスからのDRソリューションやパブリック クラウドとプライベート クラウド間でのDRソリューションのデプロイ

 バックアップとDRを併せたSLAベースのデータ保護プラン

 DR機能の統合: フェイルオーバー、フェイルバック、テスト

 システム コントロール、サイト、ストレージ レイヤー、ネットワークの強化による脅威の軽減

 
 

ディザスタ リカバリ ソリューションに有効なDASHコピー

DASH (Deduplication Accelerate Streaming Hash) コピーは、重複排除フォーマットを維持したまま、次階層のストレージへデータをコピーすることを可能にするCommvaultのテクノロジーです。

例えば、バックアップ データをディザスタ リカバリ (DR) 利用のため、遠隔サイトへコピーしたいという場合、データをリハイドレーション (= 重複排除したコピーを取り出し、元の形に戻す処理) する必要なく、重複排除したままデータをコピーすることができます。この機能により、データ コピーの際、余計なCPU/ネットワーク/ストレージ リソースを消費することなく、効率的で現実的なDRソリューションの実現を可能にします。

ライブ シンクを使ったVM/ファイルシステム/データベースのレプリケーション

~ ディザスタ リカバリ (DR) サイトの構築/維持に~

DRサイトにバックアップ データを保管しておくだけでなく、いざという時マシンの電源をオンするだけで運用を開始したいという場合、ライブ シンク (Live Sync) 機能をご使用いただけます。

ライブ シンクを使ったレプリケーションは、VMバックアップ、ファイルシステム バックアップ、またはデータベース バックアップの最後の同期ポイントからの変更分だけをレプリケーション先に適用し続けることができます。これによりDRサイトにある仮想マシン、ファイル システム、データベースを継続的に最新状態に更新しておくことができます。レプリケーションは、バックアップ後に自動で実行することも、スケジューリングで実行することも可能です。

ライブ シンクのメリット

  • ライブ シンクはバックアップ データを使ってレプリケーションを行うので、本番システムのCPUとI/Oへの影響を最小限に抑えることができます。本番データに1回アクセスするだけで、バックアップとDR対策が同時に行えます。
  • ライブ シンクはハードウェアに依存しないので、DRサイトに本番と同じハードウェア環境を用意する必要がありません。
  • ライブ シンクは、更新データの増分のみを転送してレプリケーション元とレプリケーション先を同期するので、WANを流れるデータ量を最小限に抑えることができます。
  • さらにデータ量を抑えるため、増分データは重複排除したまま、かつ圧縮してDRサイトにコピーすることができます。