アプリケーション、DBaaS、VM など、クラウド ソリューションのための安全で信頼性の高いデータ保護。クラウドデータの移行からディザスタ リカバリまで、拡張性と柔軟性に優れています。

クラウドへのデータ移行

クラウドへのデータ移行、クラウドからのデータ移行、クラウド間のデータ移行を簡単に行うことができます。クラウドとのネイティブな統合とデータの暗号化により、アプリケーション、データベース、仮想マシン、大規模データセットの高速かつ安全な移行を実現します。

Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform および Oracle Cloud Infrastructure へのネイティブな統合により、わずか数クリックでクラウドへのデータ移行を開始できます。 拡張性があり、シンプルな Commvault は、幅広いクラウド プロジェクトを管理することができます。

Azure Data Box、AWS Snowball、Snowball Edge、Google Transfer Appliance など、クラウド ベンダー提供のデータ移行ツールも直接サポートすることで、Commvault は競合他社をリードしています。

クラウド上のデータ管理

クラウドとオンプレミスの多様な環境間でデータを移動、管理、利用することができます。変化するビジネス要件に対応する制御性と柔軟性で、業務を効率化します。

企業は、Azure、AWS、GCP、および VMware Cloud などのサービス間でデータを確実に利用できるようにしたいと考えています。

Commvault のお客様は、単一のプラットフォームから、パブリック クラウド、プライベート クラウド、オンプレミス環境にわたるデータを管理することができます。

DBaaS、コンテナ、仮想マシン、アプリケーションなど、現在クラウド上で使用されている様々なワークロードに対して、強力なデータ管理を実現します。

詳細はこちら。

クラウドへのディサズタ リカバリ (DR)

複数のクラウドにまたがるディザスタ リカバリとテストを自動化し、コスト、労力、リスクを軽減します。迅速なリカバリと、データベース全体からファイル 1 つまで、様々な環境を復元できる柔軟性を備えているため、安心して利用することが可能です。 

迅速なディザスタ リカバリにより、オンプレミスとクラウドの両方の SLA を満たす柔軟性を実現します。

信頼性と拡張性に優れたディザスタ リカバリは、フェイルオーバーとフェイルバックにより復旧性を確認でき、さらに監視とコンプライアンスのための包括的なレポートも提供します。

Commvault が提供する継続的なデータ レプリケーション機能は、企業が分単位の復旧ポイント目標 (RPO) とゼロに近い復旧時間目標 (RTO) の両方を達成できることを意味します。 

詳細はこちら。

クラウド パートナーとの協業

Commvault は 40 以上のベンダーのクラウド ストレージに対応しています。

対応している クラウド ストレージのリストはこちら。