効率的なデータ保護による IT コストの削減

データがどこにあっても、データを管理、保護、使用するための単一のプラットフォームで複雑さを軽減します。Commvaultを使用すると、すべてのワークロードを 1 か所で簡単に管理できます。

Real cost reduction, time savings, and simple data protection 

85%

ストレージ コストの削減

詳細はこちら

全体的

環境の保護による効率化

詳細はこちら

150%

リストア時間の改善

詳細はこちら

Commvault のデータ管理機能による IT コストの削減

何故他社ではできないのか・・・

単一の統合ソリューションにより、オンプレミスからクラウド / ハイブリッド クラウド環境等の、多様なワークロードを迅速かつ簡単に保護します。

追加のストレージ、もしくは追加のライセンス購入が必要になり、コストと IT 運用の時間が増大します。

機械学習に基づくジョブの自動化とワークフローによる高度な自動化機能により、時間と労力を節約しながら、エラーのリスクを軽減します。

個々のワークロードまたはストレージのみをカバーする単体製品は、データの可視化を妨げ、業務の生産性を低減させます。結果として、全体的なリスクを増大させることになります。

ニーズの変化に対応するため、クラウド、SaaS、コンテナ、仮想ワークロード、および新しいテクノロジーに対応します。サポートされているテクノロジーはこちら。

新しいテクノロジー、ユースケース、および機能への対応が遅く、IT 運用担当者の業務を妨げています。

Consolidate to simplify and save

複数のツールとベンダーを使用したデータ管理は、スケーラビリティと可視性を制限し、コストと複雑さを増大させるサイロを作成します。連携と統合が欠如しているため、このアプローチを維持することは不可能であり、成長への障壁となっています。

Commvault のデータ管理機能が、異なるバックアップ製品を排除して効率とコストを削減するのにどのように役立つかをご覧ください。Learn more 

単一のプラットフォームによる、合理的なデータ保護

Commvault のデータ管理機能は、広範囲なサポート対象と、効率化のためのオプションを提供します。以下のような機能を選択可能です:

Backup & Recovery: 単一の拡張可能なプラットフォームに基づいた、信頼性の高い、コストが最適化されたデータ保護により、クラウドおよびオンプレミス環境全体のすべてのワークロードのデータ可用性を確保します。Learn about Backup and Recovery > 

Disaster Recovery: クリティカルなシステムのディザスタ リカバリ計画を立案し、自動化された VM のレプリケーションを使用してデータ損失をほぼゼロにし、最もクリティカルな SLA 要求を満たします。Explore Disaster Recovery > 

Air Gap and Cloud Storage:  Commvault 製品に統合された、安全なクラウド ストレージ ターゲットであるMetallic® Recovery Reserve™を使用して、ランサムウェアからデータを保護し、リスクを軽減し、SaaS の拡張性を活用します。Check out Metallic® Recovery Reserve™ > 

Commvault の強み

アクセス制御

Commvault に組み込まれているロールベースのセキュリティ機能により、ユーザー毎にアクセスできる範囲をきめ細かく設定することが可能です。
権限ををユーザー側に移譲することで、バックアップ管理者の負担を軽減し、生産性の向上を図ります。

この仕組みを活用し、バックアップ サービスの基盤として使用いただくことも可能です。

アーカイブを使用したプライマリ ストレージの有効活用

現在のプライマリ ストレージ、ファイル サーバー上には様々なデータが格納されています。大容量のストレージを用意することでより多くのデータをストレージ上に格納することができますが、本来プライマリ ストレージ、ファイル サーバー上に保存する必要のないデータも格納している可能性があります。

Commvault のアーカイブ機能は長期間アクセスしていないデータを 2 次ストレージ (ディスク、テープ、クラウド) 等に移動して、プライマリ ストレージの容量を開放します。

アーカイブされたデータはスタブ ファイルに置き換えてクリック等で参照したり、バックアップ / リストアの運用と同じ手順でリストアをすることが可能です。