ランサムウェア攻撃による影響を削減するために、組織はゼロトラスト原則にそって、さらにそれを補完するソリューションを必要としています。データ スプロールによる影響を軽減し、迅速で柔軟なリカバリオプションを使用した、すべて単一のランドスケープを通じてワークロードを保護する戦略が必要です。ゼロロス戦略 (Zero Loss Strategy) が必要です。

ゼロロス戦略 (Zero Loss Strategy) について

セロロス戦略 (Zero Loss Strategy) とは、ランサムウェアやサイバー攻撃の影響を削減するための、適切に計画、管理、および削減するために組織向けに設計された戦略です。これは、ゼロトラスト原則に基づいて構築されており、ランサムウェアの保護とリカバリのプロセスを一貫して自動化するための多層セキュリティフレームワークを通じて実装されています。Commvault を使用することで、統合されたインターフェースを通じて、クラウドおよびストレージ プラットフォームをまたいだ広範なワークロードに対するデータ保護、および迅速なリカバリを実現し、攻撃に対する警戒を維持できます。

エンドツーエンドの
データ可視化

データに影響を与える前に脅威を検出します。単一の管理プラットフォームで、ビジネスに不可欠で機密性の高いデータを特定し、攻撃対象領域を小さくし、リスクを最小限に抑えます。暗号化、イミュータブル、エアギャップを使用してデータを保護します。機械学習に基づく異常検出とハニーポット テクノロジーを使用した監視フレームワークを通じて、早期警戒アラートを通知します。

幅広いワークロードの
保護

対象外となるワークロードを無くします。Commvault は、SaaS アプリケーションからエンドポイント、データベース、仮想マシン、コンテナ アプリケーションなど、業界で最も幅広いワークロードをサポートします。複数のツールおよび単体製品の使用を削減しながら保護対象のワークロードを拡張し、スケーラブルなアプローチを通じて複雑さとコストを最小限に抑えます。

素早い
ビジネスへの対応

ランサムウェア攻撃に効果的に対応するには、速度と正確さが不可欠​​です。スケーラブルで自動化されたワークフロー、一貫性のあるプロセス、柔軟な復元オプションを備えた単一の管理コンソールを通じて、リカバリを加速します。複数の単体製品およびテープバックアップを使用することによって引き起こされる複雑な手動タスクとスタッフの負担を排除します。

ゼロトラスト
原則

Commvaultはゼロトラスト原則に基づいた運用をサポートします。ゼロトラスト原則と多層セキュリティフレームワークに基づいて構築された Commvaultによって、ゼロロス戦略を実現します。安全なユーザー アカウント、アクセス制御、主要なセキュリティ対応ツールなどを通じてデータと環境を保護します。

ランサムウェアの影響

60%

of security decision makers declare that ransomware is as serious as terrorism.1

80%

of organizations were hit with ransomware in 2021.2

32%

of organizations are comfortable with their security controls.3

ランサムウェアからの保護とリカバリのための、多層のセキュリティ アプローチ

NIST およびゼロトラストの原則に基づいたエンドツーエンドのフレームワークにより、最適な保護とリカバリの機能を提供します。
詳しくはこちら

セキュリティ フレームワーク

Commvault の多層のセキュリティ フレームワークにより、サイバーセキュリティ リスクを削減しデータの可用性を確保します。

多要素認証によるセキュアなアクセス

集中管理および監視

データの不変性

安全なエアギャップ バックアップ コピー

エンドツーエンドのデータ セキュリティの強化

クラウドへの拡張

異常なパターンと脅威の検出

API を使用した操作の合理化

ランサムウェアの再感染の回避

高速なリカバリ

単一のプラットフォームによるランサムウェアからの保護とリカバリ

サイバー攻撃は 2025 年までに 2 倍になると予想されています。4 サイバー攻撃を受ける、という問題であり、「可能性」ではありません。組織がランサムウェアによる被害を受けないようにしてください。Commvault を使用すると、すべてのエンドポイントとアプリケーションにわたる脅威とリスクの軽減を改善するエンドツーエンドのソリューションを利用できます。1 つのダッシュボードから、すべての操作を簡単に実行できます。データ保護を設定し、保護するコンテンツを特定し、バックアップと復元を監視し、データとアプリケーションを迅速に回復します。常にリカバリ可能な状態を維持し、データのバックアップ、リカバリ、およびコンプライアンスに対する信頼性が向上します。

出典

1. Venture Beat: “Report: 60% of U.S. infosec professionals believe ransom, ”January 1, 2022;  https://venturebeat.com/2022/01/01/report-60-of-u-s-infosec-professionals-believe-ransomware-is-as-serious-as-terrorism/
2. Edward Segal, Forbes, “A Majority Of Surveyed Companies Were Hit By Ransomware Attacks In 2021—And Paid Ransom Demands,” February 3, 2022; https://www.forbes.com/sites/edwardsegal/2022/02/03/a-majority-of-surveyed-companies-were-hit-by-ransomware-attack-in-2021-and-paid-ransom-demands/?sh=14ca6a07b8c6c
3. Shaun Bertrand , SC Media, “Security teams need a more defined strategy to combat ransomware – the modern form of digital extortion” March 4, 2022;  https://www.scmagazine.com/perspective/cybercrime/security-teams-need-a-more-defined-strategy-to-combat-ransomware-the-modern-form-of-digital-extortion%EF%BF%BC
4. Embroker: 2021 Must-Know Cyber Attack Statistics and Trends, December 10, 2021: https://www.embroker.com/blog/cyber-attack-statistics/