仮想化環境のデータ保護

仮想化環境の保護をシンプルにします。

オンプレミスおよびマルチクラウド環境に対応した、単一の現代的なインターフェース

既存のポリシーや VM のタグに対応し、ポリシー ベースのデータ保護を可能にする、簡単に構成できる、SLA ベースのバックアップおよびリカバリ プラン

セルフサービスのアーキテクチャ、および管理を簡素化する一元化された Web ベースの管理コンソールにより、IT スタッフの負担を軽減します

新しいストレージ オプションおよびクラウド技術に対する対応

RPO および RTO を小さくすることを可能にする、多くのハードウェア に対応したスナップショット管理のフレームワーク

多くの仮想化環境に対応

VMware、Microsoft Hyper-V、Amazon AWS、Microsoft Azure、Oracle Cloud Infrastructure および Nutanix をはじめとした、各社とのパートナーシップを通じて、仮想環境の価値を最大化します。

Commvault の強み

仮想マシンのバックアップから、様々なリストア形式に対応

仮想マシン (インスタンス) 単位

元の場所、または異なる場所にリストアします

仮想ディスク

既存の仮想マシンにディスクをアタッチします

仮想マシン内のファイル / フォルダ単位

仮想ディスクのバックアップ イメージからファイル / フォルダのデータを取り出し、リストアします

仮想マシンの構成ファイル

仮想マシンを構成するファイル (定義ファイル、仮想ディスク ファイル) ハイパーバイザー外部にリストアします

異なる仮想化環境へのリストア

幅広い仮想化環境をサポートする強みを活かし、バックアップ元とは異なる環境へのリストアに対応。バックアップを使用したデータ移行や BCP / DR 対策を可能にします。

Commvault Platform Release 2022E (11.28) におけるサポート マトリックス